台湾(台北)の季節ごとの気候と服装


David Shyu

沖縄よりさらに南に位置して常夏のイメージのある台湾。しかし、日本ほどではありませんが四季があり、冬は思わぬ寒さに見舞われることもあります。また、夏は感覚的には日本より暑いと感じることも少なくありません。天気は?気温は?服装は?今回は1年を通じた台北の気温と服装について、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

東シナ海の南西に浮かぶ台湾は、九州ほどの大きさの島。中央部を走る北回帰線を境に、亜熱帯気候と熱帯気候とに分かれます。年間を通じて湿度は高めで暑い時期が長く続き、日本と同じように夏から秋にかけては、台風シーズンとなります。また、冬には台北を始めとする北部地域は、思わぬ寒波に襲われることもあるなど、南の島ながら、季節のさまざまな表情を見せてくれます。

では台北の1年間の気候をご案内しましょう。

晴れた日にはこんな絶景に出合えるかも。

3月~5月 春


曇りがちだった冬の天気が安定しはじめて、晴れる日が増えてきます。
気温は日中は3月には18°C前後まで上がりますが、前半はコートが必要なときもあります。
4月に入ると22°Cくらいになり、コートはいらないほどになります。

5月下旬になると台北では梅雨に入ります。折りたたみの傘などを入れておきましょう。気温は上昇し、25°C前後まで上がり、特に雨上がりには蒸し暑いと感じることも少な?

この記事を書いたレポーター

David Shyu

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ