地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

台湾(台北)の季節ごとの気候と服装

JTB台湾
飯田尚美

沖縄よりさらに南に位置して常夏のイメージのある台湾。しかし、日本ほどではありませんが四季があり、冬は思わぬ寒さに見舞われることもあります。また、夏は感覚的には日本より暑いと感じることも少なくありません。天気は?気温は?服装は?今回は1年を通じた台北の気温と服装について、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

晴れた日にはこんな絶景に出合えるかも。

東シナ海の南西に浮かぶ台湾は、九州ほどの大きさの島。中央部を走る北回帰線を境に、亜熱帯気候と熱帯気候とに分かれます。年間を通じて湿度は高めで暑い時期が長く続き、日本と同じように夏から秋にかけては、台風シーズンとなります。また、冬には台北を始めとする北部地域は、思わぬ寒波に襲われることもあるなど、南の島ながら、季節のさまざまな表情を見せてくれます。

では台北の1年間の気候をご案内しましょう。

3月~5月 春

曇りがちだった冬の天気が安定しはじめて、晴れる日が増えてきます。
気温は日中は3月には18°C前後まで上がりますが、前半はコートが必要なときもあります。
4月に入ると22°Cくらいになり、コートはいらないほどになります。

5月下旬になると台北では梅雨に入ります。折りたたみの傘などを入れておきましょう。気温は上昇し、25°C前後まで上がり、特に雨上がりには蒸し暑いと感じることも少なくありません。半袖の人が増えてきます。
暑くなってくると冷房で室内が冷え過ぎることがあるため、カーディガンや薄手のジャケットなどがあると便利です。また、ストールを1枚入れておくと朝晩の肌寒さに対応できます。

6月~8月 夏

梅雨明けはその年によって異なります。早ければ6月下旬、遅くとも7月上旬頃には明けることが多いようです。雨量は日本の梅雨時期よりも多くなります。気温は雨が上がると30°Cを超え、蒸し暑くなります。
梅雨が明けると、7月~8月は気温は連日35°Cくらいまで上昇し、40°C近くなることもあります。さらに、湿度も高いので東京並みかそれ以上に暑く感じられます。スコールもよく降ります。

また、この時期は台風のシーズンでもあります。台北は台風がよく通る都市なので、この季節に旅行する場合には、台風情報をチェックされることをおすすめします。

9月~11月 秋

日本同様9月~10月も台風の到来は続きます。気温は少しずつ下がってきますが、まだまだ暑い日は続きます。10月に入ると朝晩は肌寒く感じることもあるので、羽織るものが1枚あると何かと重宝します。
台風で天候が荒れると、店舗が休業することもありますので、ご注意ください。

台風のシーズンを終えると気候は安定し、気温も下がって25°C前後となり散策にぴったりの季節となります。30°C前後まで気温が上がる日も少なくありません。

11月になると、北部に位置する台北では、半袖では肌寒さを感じる日が増えてきます。かと思えば30°Cくらいまで上がる日もあり、気温差が日本より大きい季節です。雨はほとんど降らないので、観光のベストシーズンです。

12月~2月 冬

12月に入ると気温が低くなり、小雨が降る日があります。まれに30°Cくらいまで暑くなることもありますが、日中は20°C前後まで下がり、肌寒く感じられます。

1月~2月は気温が最も低い時期です。日中でも20°Cを下回り、最低気温は、まれに4°Cくらいまで下がるときもあります。コートやストールを持参しましょう。また、冬は曇りがちでぐずつく季節でもありますので、雨具も持参すると便利です。

台北の天気は、日によって寒暖差があったり、実際の気温よりも寒く感じられたりすることが少なくありません。上着やストールなどを1枚持っていくと重宝します。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

飯田尚美

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB