マレーシア屈指の海の美しさを誇る島「マンタナーニ島」


JTBクアラルンプール支店

マンタナーニ島に行くには、コタキナバルから車で約2時間のところにあるコタブル近郊の船着き場からスピードボートに乗ります。
島までは約45分。
揺れがひどいので、波しぶきで濡れてしまうかも。
船酔いが心配な方は酔い止めを服用しましょう。

海の透明度はマレーシア随一

真っ白な砂浜と透明度の高い海を堪能しましょう

マンタナーニ島は別名「マーメイドアイランド」。
ロマンチックな名前に期待が高まります。
島周辺の海はまさにクリスタル。
真っ白な砂浜を挟んで青い空と蒼い海のコントラストは言葉を失うほどの美しさです。
島についたらさっそく海遊び。
ダイビングをする人は船でポイントまで移動します。
かつてはジュゴンが見られると言われたマンタナーニ島ですが、さすがに昨今はその姿を見ることは難しくなりました。
とはいえ、透明度の高い海は健在。
ウミガメの生息地を覗いてみましょう。
ダイビングライセンスのない人はシュノーケリングだけでも十分、海の透明度を堪能できます。
こちらもポイントまで船で移動します。
サンゴ礁に覆われた岩礁の上をカラフルな色彩の魚たちがたくさん泳いでいるのを見ていると、体も心も癒されます。
海からあがってビーチでのんびりするのも至極の時間。
いつまでも見ていたい風景が目の前に広がります。

ウミガメも見ることができます

マンタナーニ島へ行くにはツアーがお勧め

マンタナーニ島に来るにはツアーでないと困難です。
ツアーは複数の会社で催行されており、日帰りや宿泊付きなど様々。
宿泊施設の数は少ないですが、マンタナーニ島の自然を朝から夜まで楽しむことができます。
サンセット後にマングローブに覆われた川を下ってホタルを見るコースもあります。
朝焼けや満天の星空は泊ってこそ見られる極上の景色です。

島での昼食を含め午後3時頃まで滞在、その後は島を出発し、コタブルのレストハウスで着替えをして、バスでコタキナバルへ戻ります。

JTBではマンタナーニ島への日帰りツアーをご用意しています。

サンゴ礁に群がるカラフルな魚たち

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

JTBクアラルンプール支店

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ