1年間査証フリー!手軽に気軽にミャンマーへ!

JTBミャンマー支店
野島 啓介

ミャンマーへの旅行に、ビザが不要になりました!これまですべての渡航者に義務付けられていたビザが、観光目的のツーリストについては免除されることになったのです。ミャンマーは海外旅行ファンにとって1度は訪れてみたい、「秘境」のような国。これからはふと思い立ってヤンゴンに飛んでみる、そんなことだってできてしまいます。煩わしいビザ取得の手続きから解放された今こそ行きどきです!

2018年10月1日~2019年9月30日、ビザフリーに

10月1日にはミャンマー政府高官と日本・ミャンマーの旅行業関係者によるセレモニーも開催され、JTBの関係者も参加しました。

ミャンマーはこれまで取得を義務付けていたビザ(査証)を、日本および韓国の、観光目的の旅行者には免除とすることにしました。この対応は「試行」とされていて、とりあえず2018年10月1日入国分から2019年9月30日入国までの1年間のみの限定措置となります。パッケージ旅行も個人旅行(FIT)もビザ免除です。
とはいえその後の対応については、現在のところ明確にはされていないので、ひょっとすると再びビザ取得が義務化されるかも…。
つまり、この1年間は、ミャンマーを旅行する絶好のタイミングというわけです。
ミャンマーへの旅行の際に必要なものは…パスポートのみ!
●復路の航空券の提示
●所持金(1000ドル以上)の提示
●入国カードの記入
なども不要
となりました。
ほんとうに手軽にミャンマーへ飛び立てるようになったのです。

ミャンマー、行くならどこへ?

世界三大仏教遺跡のひとつ、バガン遺跡群。

ミャンマーは本当に見どころの多い国です。敬虔な仏教徒の国ですので、人々は信心深く総じて旅行者に優しく、また控えめなお国柄で、外国ながらどこか懐かしさを覚える日本人も少なくないかもしれません。
初めて訪れるのなら、シュエダゴンパゴダをはじめとする、ヤンゴンのパゴダ巡りはぜひ。昼のパゴダもいいですが、夜はライトアップされ幻想的な雰囲気に包まれます。そこに仕事帰りのローカルの人々がお参りに来たりしていて、とても穏やかなひと時に触れられるかもしれません。 数日間滞在できるなら、世界的な仏教遺跡の残るバガンへ。

一方、2度目の旅なら、古都バゴーやヤンゴン近郊の超パワースポット「ゴールデン・ロック」で、半端ないパワーをもらってくるのも楽しいですよ!

ミャンマーを効率よく観光するなら、パッケージが断然おすすめです。JTBでもさまざまなツアーをご用意していますのでそちらもご参照ください!

落ちそうで落ちない奇跡の「ゴールデン・ロック」。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

野島 啓介

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ