ミャンマービザが免除に!旅のプロが100%わかりやすく解説

JTBミャンマー支店
野島 啓介

2018年10月1日より、日本と韓国を対象に、ミャンマーを訪れるツーリストビザが免除されることになりました。1年間の試行期間ではありますが、秋からはミャンマーを観光するのがぐっと手軽になります。一度はヤンゴンやバガンなどに行ってみたいと憧れていた旅行フリークのみなさん、これからの1年はチャンスです!
このビザ免除措置は具体的にはどういう内容なのか、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

アジアの三大遺跡のひとつ、バガン。一度は訪れてみたいものです。

ビザ免除で旅行のハードルがぐっと低くなった!

ビザ免除の1年間試行は、日本と韓国のパスポートを持つ人が対象。これまでは事前にインターネットや日本のミャンマー大使館などでビザを申請・取得しなければミャンマーに入国することができませんでしたが、この措置でビザは不要となりました。
とはいえ、入国に関しては、いくつかの要件がありますので、いかにご紹介しましょう。

【ビザ免除の主な要件】


  1. 試行期間は2018年10月1日~2019年9月30日

  2. 入国可能な空港、港等は以下になります。
    ヤンゴン国際空港、マンダレー空港、ネピドー空港、ヤンゴン国際港、タイと国境を接しているミャヤワディ、タチレイク、コートーンなどの各国境ゲート

  3. ミャンマーでの滞在期間は最長30日間。延長は認められません。

  4. パッケージツアー参加者、個人旅行者(FIT)ともにビザ免除の対象です。

  5. 帰国日時が1か月以内の(あるいは第3国へ移動する)航空券が必要です。出国については、ミャンマーのどの国際空港、国際港からも可能です。


夜のシュエダゴン・パゴダは、昼とはまったく違う美しさになります。

乾季のベストシーズン突入!直行便もあります

10月といえば、雨季が終わりに近づき、空気も少しずつ変わり始める時期。10月下旬~2月頃までは乾季となり、日本の初夏のように快適に過ごせます。旅行に最適なシーズンとなりますが、高原地域などでは、朝晩は寒く感じることもあります。また、室内はエアコンが効きすぎていることも多いので、一枚羽織るものを持っておくと便利です。
また、成田⇔ヤンゴンの直行便もあり、全日空が毎日運航しています。7時間程度でヤンゴン国際空港に到着します。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/destination/international/india-es_asia-oceania/rgn.html

ヤンゴンには、市内の観光ポイントを効率よく回れるツアーや、チャイティーヨーなどの郊外を日帰りするもの、バガンを訪れるものなどさまざまな現地発ツアーが販売されています。JTBでも魅力的なツアーを多数販売していますので、そちらもご参照ください。

落ちそうで落ちない巨岩が仏塔として祀られているチャイティーヨーは、ヤンゴン郊外にあって日帰りも可能です。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

野島 啓介

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ