気分は現地駐在!日本人が多く住むデリー郊外「グルガオン」散策

JTBインディア
由佐 寿恵

グルガオンはデリーの南西部に広がる新興都市で、近年経済発展著しいインドの象徴ともいえる街です。日系企業はもちろん、国際的な外資系企業も多く集まっていて、とても活気があります。
インドの住宅事情と聞くと何となく不安を覚える人もいるかもしれませんが、グルガオン周辺は別世界。さまざまな施設もそろっていて、日本の生活に近い便利さを確保できます。
グルガオンの魅力をJTB現地スタッフがご案内します。

日系企業と駐在員が集まる街

グルガオンはデリーの南西約30kmに位置しています。市の中心部とインディラ・ガンジー国際空港とグルガオンの関係は、おおざっぱに言いますと空港をはさんで北がデリー、南がグルガオンという感じです。
グルガオンからデリー市内までは車で約30分。グルガオンは地下鉄も通っていますので、地下鉄でも約1時間で行けます。
デリーの道路は1日中渋滞していて、特に朝晩の渋滞は、日本人の想像をはるかに超えるすごさになります。特に空港から市内への道は、朝晩のラッシュ時にはほんとうに時間が読めません。市内と反対側に位置していて30分程度で到着するグルガオンは、かなりありがたい立地と言えます。

グルガオンはこの20年ほどで急発展した郊外都市。高層ビルとマンション、病院やショッピングモールなど、経済活動や生活に必要なものが次々に整備されていき、便利で暮らしやすい街へと変貌しています。

日系企業の駐在員も多く住んでいます

便利で、インドの中でも群を抜いてインフラが整備されているため、グルガオンには多くの企業がオフィスを構えています。グーグルやフェイスブックといった世界的なIT企業、そして多くの日系企業もグルガオンに集結しています。
ですから、グルガオンには日本人駐在員やその家族も多く住んでいます。一説には9000人の日本人が住んでいる、という統計もあるほどです。
そのため、日本人が生活するうえで欠かせないものも、グルガオンにはそろっています。
例えば和食のレストランや和食材のスーパー、日系ホテルなども充実しているので、グルガオンで暮らす限りは、それほど不便を感じることなくインドライフを楽しめるのではないでしょうか。

またグルガオンは、いくつものショッピングモールが集まるショッピングエリアとしても知られています。デリーからもファッションに敏感なローカルが週末に多く集まってきます。ショッピングモールにはカフェやレストランが充実していますし、ZARAやH&Mといったファストファッションブランドなども充実しています。もちろんスーパーマーケットも入っているので、日々の買い物や雑貨はスーパーマーケットで安心して買えます。

グルガオン以外の町とのギャップに驚くかも?

このようにグルガオンでは、日本での生活とあまり変わらないクオリティで生活することが可能です(違うところももちろんありますが)。
一方、この先進的なエリアを一歩出ると、まったく異なる伝統的な営みを続ける人々や町が多いのも事実です。デリーでも近代的な設備や生活はごく一部で、それ以外の人々の生活は日本人の生活とは大きく異なります。その違いやギャップを、びっくりしたり戸惑ったりしながらも、より楽しみながら、多様なインドの魅力に触れてみてくださいね。

グルガオンでの駐在予定の方や、「インドでの生活に触れてみたい」という人たち向けに、グルガオンの生活をコンパクトに紹介するツアーを、JTBで企画しています。興味のある方はご参照くださいね!

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

由佐 寿恵

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ