カレー三昧!インドの首都・デリーのおすすめレストラン5選


JTBインディア スタッフ

インドへ旅行というと、まず不安に感じるのが食事ではないでしょうか。毎日カレーで飽きるのでは…。おなかを壊したりしないだろうか…。そんな不安を一掃するような、おいしいレストラン情報をご案内しましょう。「インド=カレー」というイメージかもしれませんが、そのカレーの味わいとバラエティーの豊富さに、帰る頃には「毎日カレーでも平気!」と思わず言いたくなるかもしれません!?

ベジタリアンフードの代表格「ダール」。

カレーもカレー以外もインド料理は奥が深い!


インドへ旅行と言うと、「毎日カレー?」「お腹壊さない?」と聞かれることが少なくありません。インドに行くと、確かに毎日カレーと言っても過言ではありません!

けれど、日本でのいわゆるカレーにも様々な種類があって、それぞれ辛さやスパイスが違い、個性豊かです。また豆のカレー「ダール」を始めベジタリアン向けのものも種類が豊富で、「いわゆるカレー」の奥深さを実感することができます。

それにもちろん、インドの食事はカレーだけではありません!

日本でもおなじみのタンドーリー・チキンは、鶏肉をスパイスやヨーグルトに漬け込んで、タンドーリーと呼ばれる窯で焼いたものですし、最近日本でも知られるようになったバターチキンは、そのタンドーリー・チキンをトマトやバター(あるいはギーと呼ばれる油)とスパイスで煮込んだカレーよりマイルドな味付けで、ナンなどにもよく合います。

ナン、チャパティー、ご飯などの様々な主食類、とろりとしたスープ類なども種類が豊富で、知れば知るほどインド料理の美味しさと奥深さに気づくはずです。

インドの食事に慣れていない外国人旅行者にもおすすめの、デリーのレストランをご紹介しましょう。

カリーム・ホテル(Karim Hotel)



オールドデリーの巨大モスク、ジャマー・マスジットのすぐ近くにある、超有名レストラン。創業100年超という老舗で国内外のグルメガイドなどでベストレストランに選ばれています。タンドーリー・チキン、バターチキンはもちろん、ホウレンソウとチーズのカレーやマトンのカレーなどにも定評があります。デリーのローカルだけでなく、外国人観光客にも人気が高いので、いつ行ってもお客さんで賑わっています。

アクセス:ジャマー・マスジットのゲートすぐそば。

モーティー・マハル(Moti Mahal)



こちらも1947年創業とデリーを代表する老舗レストランの1つ。パンジャーブ料理の美味しさで知られていますが、中でもタンドーリー・チキンはこの店で生まれたと言われる名物料理。何はともあれ、このレストランではタンドーリー・チキンを頼んでみましょう。そのほかバターチキンやカバーブ類も人気があります。

アクセス:ジャマー・マスジットから徒歩10分

タンドーリー・チキン。

ダバ・バイ・クラリッジ(Dhaba by Claridges)



デリー南部、日本人が多く住むグルガオンで人気が高まっているのが、「ダバ・バイ・クラリッジ」です。カラフルでおしゃれなインテリア、味やサービスにも定評があり、デリーに駐在する日本人に重宝されているレストランです。もちろん地元ローカルにも愛されていて、ディナー時や週末には大変混み合います。供されるのは北インド料理。お手頃な価格なのもうれしいレストランです。

アクセス:地下鉄インダスインド・バンク・サイバーシティ駅から徒歩3分

サラヴァナ・バヴァン(Hotel Saravana Bhavan)



北インド料理とはひと味違う南インド料理のお店も多くあります。何が違うかと言いますと、まず主食が違います。南インドではナンやチャパティではなく、ご飯が主食となります。そしてご飯によくからむように、カレーは北のものよりさらっとしています。味付けはいっそうスパイシーでホットなので、好きな人にはたまらないかもしれません。

サラヴァナ・バヴァンは、南インド料理のレストランとして、インドはもとより世界各都市でチェーン展開している人気店です。中でもターリー(南インドではミールスと呼ばれます)は、1つのトレーに数種類のカレーやおかず、ヨーグルトやデザートまで載っているお得なセット料理。ベジタリアンフードのみですが人気があっていつ行っても混み合っています。インドのベジフードはバラエティーがあっておいしいので、ぜひトライしてみては。

アクセス:地下鉄ラジブ・チョーク駅から徒歩3分

インディアン・アクセント(Indian Accent)



こちらは高級ホテル内にある人気レストラン。インド料理と言っても、インド各地の料理をスタイリッシュにアレンジした、他店とは一線を画す料理で人気です。いかにもインドらしい料理を想定して訪れると、ちょっとびっくりするかも。いわゆるフュージョン系の一皿を楽しめます。

インドっぽいスパイスや油に胃が少し疲れた時、ちょっとおしゃれしてディナーをしたい時、接待などでお客様を招待したい時にぴったりの、料理もサービスもクオリティーの高さで知られています。
できればドレスコードもスマートカジュアル以上が望ましいでしょう。

アクセス:バス停「アシュラム」から徒歩6分

いかがですか?
デリーにはまだまだ美味しいレストランがたくさんあります。「たかがカレー、されどカレー」と思わずうなってしまいたくなるような、インド料理の奥深さにぜひ触れてみてくださいね!

ダバの料理の一例です。ボリュームがあってお手頃な価格もうれしい。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

JTBインディア スタッフ

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ