香港サッカーリーグを観戦してきました!


Mr. Kazuhiro Takahashi

香港サッカーリーグを観戦してきました!

香港のプロサッカーリーグを観戦に行ってきましたのでレポートさせて頂きます。香港ではイギリス統治下の影響で、1908年アジア最古のプロサッカーリーグができたこともあり、サッカーが人気のスポーツになっています。

人気カードでなければ当日券の購入ができるそうです。

当日券を購入してスムーズに入場



香港プレミアリーグ 理文(Lee Man)VS 東方龍獅(Eastern Long Lion)の試合を観に行きました。
試合グランドの将軍澳運動場は、香港新界西貢区にある陸上競技場で球技場としても使用される,収容人数が3,500人no多目的スタジアムです。MTRの坑口駅の目の前ですのでわかりやすいと思います。

 

家族連れも多く和やかな雰囲気でした

お客様の入りは50%くらいで、家族やカップルで来ている方が多かったです。意外に年配の方も多くいらっしゃり、スタジアム内で売っている飲茶などを食べながらのんびりと観戦している印象でした。ビールも販売していたので飲みながらサッカー観戦もできます。
両チームのサポーターもそれほど多くはいませんでしたが、チャントを歌ってスタジアムを盛り上げていました。

家族やカップルでで観戦に来ている方が多かったです。

香港サッカー初観戦の印象

初めて香港のサッカーを観戦しましたがしっかりパスを繋ぎ、丁寧にゴールを狙う印象でした。香港サッカーリーグではヨーロッパやアジア周辺国、日本人も多くプレーをしているようです。今回の2チームには日本人の選手がいませんでしたが次回は是非応援に行きたいと思いました。
結果は0-0のドローです。サッカーの見どころはゴールシーンなので1点は見たかったですが次回にお預けですね!
香港サッカーは国内のリーグ戦だけでなく、AFCにも参加していますのでアジアの強豪チームが試合に来ることもあります。組み合わせによっては日本のJリーグのチームが香港で試合をすることもありますので是非観てみたいと思いました。
試合スケジュールは香港サッカー協会のHPなどで確認してみてください。

白熱の展開も結果はドロー

関連記事

この記事を書いたレポーター

Mr. Kazuhiro Takahashi

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ