≪オーストラリアへの持込に関して≫

2019年4月26日

オーストラリア内務省は、移民法の改正を行い、オーストラリアへの入国に当たり、
持ち込み禁止物品を所持していた場合、ビザをキャンセルし、入国を拒否する事が
出来るよう法改正が行われました。


1)オーストラリア内務省は、移民法の改正を行い、オーストラリアへの入国に当たり、
  持ち込み禁止物品を所持していた場合、これまでは同物品の没収や罰金などで
  対応していましたが、今後、場合によっては、当該物品を所持していた人のビザを
  キャンセルし、オーストラリアへの入国を禁止することが出来るよう、
  法改正を行いました。
  また、この新規則の下でビザがキャンセルされた場合、その後3年間に渡って、
  新たなビザは付与されないとのことです。(詳細は下記参照)
  https://www.legislation.gov.au/Details/F2019L00575
  https://www.legislation.gov.au/Details/F2019L00575/Explanatory%20Statement/Text


2) つきましては、オーストラリア入国に当たっては、これまで以上に入国時における
  荷物検査が厳格化されることが予想されますので、渡航前に持ち込み禁止物品を
  よく確認し、同物品を持ち込まないよう、いままで以上の注意が必要です。
  持ち込み禁止物品については、下記駐日オーストラリア大使館のHPをご参照ください。
  https://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/quarantine_jp.html


以上

ページ上部へページ上部へ