ハワイ旅行・ツアー

出発地
行き先
出発日
 
カレンダー
さらに条件を指定する
日数
から
金額任意
から
キーワード任意
キーワードから
コースNo.から

旅行情報Travel Info

旅行日数(目安)
5日間
ツアー代金(目安)
フライト時間
約7時間
物価
ベストシーズン
1年を通じて旅行を楽しめる年間平均気温は約25℃、温暖な気候で湿気も少なく旅行に適しています。日中は夏服で問題ありませんが、雨季の11月〜3月は朝晩冷え込むこともあるので、長袖の羽織りものがあると便利。日差しが強いので、サングラスや日焼け止め、帽子などをお忘れなく。

ハワイ渡航のルール

出発から帰国までのご案内

2022年06月20日現在
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、新たな手続方法が必要となります。
予告なく変更となる場合がありますので、必ず最新情報を確認の上お手続きをお願い致します。
※以下は短期観光性渡航用の情報となります。業務渡航・長期滞在(留学等)は異なります。
出発前
ワクチン接種証明書が必要です
<日本から直行便利用でハワイ州への渡航について>
1. 日本自治体発行「海外渡航用」新型コロナワクチン接種証明書の提示
(2歳以上のすべての渡航者必須)
※ワクチン未接種の場合は基本的にフライトへの搭乗が拒否されます。
※医学的に接種できない理由のある方や 18歳未満の方は、入国後3〜5日後の追加検査および5日間の自己隔離に同意することで例外的に渡航が認められる場合もあります。
※例外規定の適用条件および必要書類等の詳細は、以下 CDC 発表を必ずご確認ください。
▶詳細はこちら
【任意】新型コロナワクチン接種証明アプリインストールと
「海外用」証明書の取得
1.については、デジタル庁リリースの「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」より「海外用」の証明書をご取得いただくことで代用可能です。
証明書の取得にはマイナンバーカードとパスポートが必要です。
※ワクチン接種証明書アプリは民間のものでは無効です。発行元がデジタル庁であることをご確認ください。
2. 宣誓書の提出(英語/2歳以上のすべての渡航者につき提出必須)
※事前に宣誓書をご準備の上、利用航空会社への提出が必要です。
※宣誓書(アメリカ疾病予防管理センター ホームページ)▶詳細はこちら
3. ESTA(電子渡航認証システム)の申請・有効期限の確認
※ESTAは渡航認証日から2年間有効です。
※ESTA有効期間中にパスポートが変わる場合は新たにESTAの取得が必要です。
※少なくとも渡米日の72時間以上前にESTAの申請をすることを強くお勧めします。▶詳細はこちら
4. 航空会社を通じ米国 CDC へのお客様情報提供
※米国 CDC(アメリカ疾病予防管理センター)は、ご利用航空会社を通じてお客様情報の提供を求めています。▶詳細はこちら
<主なお客様情報>
旅客氏名/米国滞在時の住所(ホテル住所)/米国で連絡の付く連絡先電話番号/
第二の連絡先電話番号もしくは緊急連絡先電話番号/E-mailアドレス
<提出方法>
ご利用の航空会社により提出方法が異なります。
■JAL
出発当日に搭乗手続きカウンターにてご報告ください。事前のご提出は不要です。
■ANA
以下のフォームを事前に印刷、ご記入のうえ、ANA Travel Ready内の「渡航に必要なその他書類」へ添付にて提出、
もしくは、出発当日に搭乗手続きカウンターにてご提出ください。事前記入が難しい場合は空港にも用意がございますが、
事前記入をお勧めします。フォーム▶詳細はこちら
ANA Travel Ready ▶詳細はこちら
■ハワイアン航空
以下フォームを事前に印刷、ご記入のうえ、出発当日に搭乗手続きカウンターにてご提出ください。事前記入が難しい場合は空港にも用意がございますが、事前記入をお勧めします。▶詳細はこちら
■ユナイテッド航空
出発当日に搭乗手続きカウンターにてご報告ください。事前のご提出は不要です。
※以上はハワイ州への直行便を利用する際の情報となります。
米国本土・準州経由/米国本土に一時滞在後にハワイ州へ渡航する場合は必要な手続き・入国後の隔離条件等が異なります。
ハワイ州観光局ホームページ▶詳細はこちら
外務省海外安全ホームページ▶詳細はこちら
各国・地域の入国制限措置・行動規制(外務省)▶詳細はこちら
滞在中
・出発前「1.〜4.」の手続を行うことで、入国後の自己隔離免除が受けられます。
現地出国3日前〜前日まで
・ハワイ出発72時間以内にPCR検査を受け、新型コロナウイルス陰性証明書を取得
※日本入国時の検疫手続きの際に提出が必要です。
※陰性証明書は、所定のフォーマットの使用が必要です。 ▶詳細はこちら
「アロハPCRテストセンター by Roberts Hawaii」日本入国に必要な帰国前のPCR検査予約をご紹介しています。▶詳細はこちら
帰国後
2022年6月1日午前0時(日本時間)以降、米国ハワイ州から帰国・入国する場合、検疫所による入国時検査は実施されず、
入国後の自宅等待機も求められません(6月1日現在、水際対策強化に係る新たな措置(28)における「青」区分の国・地域)。
ただし、滞在国の区分変更が生じた場合、日本への入国時点の区分(「黄」または「赤」)が適用となるため、最新の情報の収集、それに基づく対応等にご注意ください。
▶詳細はこちら
1. ハワイで取得した陰性証明書の提出
2. 検疫法第 12 条の規定に基づく質問事項への回答書、
および誓約書の提出
※誓約書・フォーマットについては ▶詳細はこちら
3. 質問票WEBの回答・検疫時に提示
※新型コロナウイルス感染症に関する防疫措置の一環として、滞在歴や健康状態などについてWEBから回答し、
検疫時に提示が必要です。▶詳細はこちら
4. スマートフォンの携行・アプリ等での位置情報と健康状況の報告
※日本入国前に必要アプリのインストールと入力・設定が必要です▶詳細はこちら
※誓約書の誓約事項を実施する為、位置情報を提示するために必要なアプリ等を利用できる
スマートフォンの所持が必要となります。
※スマートフォンをお持ちでない12歳以下の子どもは保護者による同行者登録が必要です。▶詳細はこちら
以下のサービスを登録・利用することで、入国時の手続きを一部WEB化することが可能です。(任意)
※Visit Japan Web サービスについて(デジタル庁)▶詳細はこちら
※ファストトラックについて(厚生労働省)▶詳細はこちら

イチ押しツアー

人気ホテル

目的別の楽しみ方

  • 家族で楽しむ

    家族旅行にうれしい、こども代金がお得なツアーもご用意。

  • 女子旅

    ショッピングにグルメ・スパなど、楽しみ方無限大!あなたにぴったりの旅を探そう!

  • ディズニーリゾート

    ワイキキから約40分。憧れのディズニーキャラクターに出会えるファミリーリゾート。ミッキーたちとハワイ文化を楽しもう!

  • ハネムーン

    ロマンチックな時間をばっちり演出。ふたりの思い出に残るハワイ旅行を!

ハワイの基本情報

正式名称
アメリカ合衆国 ハワイ州
United States of America State of Hawaii
首都
(州都)ホノルル Honolulu
言語
英語、ハワイ語
ワイキキのホテルやレストラン、ショップでは日本語が通じる場合もある。
宗教
キリスト教(プロテスタント35% カトリック24%)、仏教8%
気候
気温は年間通して温暖で安定している。5〜10月は乾季、11〜4月は雨季となるが、雨季でもシャワー(にわか雨)が多く1日中降ることはあまりない。
時差
日本との時差は-19時間(ハワイの方が遅れている)。サマータイムはない。
水事情
水道水は飲むことができる。ただし、においが気になったり心配であればミネラルウォーターを選ぶのがよい。
通貨、チップ
【通貨】
米ドル(US$, USD)、補助単位はセント(¢)。US$1=100¢。

【チップ】
習慣がある。
ホテル:ベルボーイに荷物を運んでもらった場合1個につきUSD1〜2、ハウスキーパーにはベッド1台につきUSD1程度が目安。
レストラン:料金の15%程度(ただし料金にあらかじめサービス料として加算されている場合があるので重複して払わないよう注意)。
タクシー:料金の15%程度。
電圧
標準電圧は110/120V、60Hzで短時間であれば日本の電化製品をそのまま使用できる。プラグは日本と同じ。海外対応していない電化製品の長時間使用には変圧器が必要。
その他観光に関わる規制関連
【喫煙について】
州およびカウンティ(郡)が定める公共の場所(レストラン、ショッピングセンター、空港、ホテルのロビー、ビーチ、公園など)での喫煙は法律で禁じられており、違反した場合は罰金が科せられる。ホテルのほとんど(場合によってすべて)の客室は禁煙ルームとして定められており、お部屋やベランダでの喫煙はできない。

【飲酒について】
海岸や公園、道路など公共の場所での飲酒は禁止されている。また、州の法律により飲酒は21歳以上が対象であり、写真付き身分証明書の提示を求められる場合がある。スーパーなどでのアルコール飲料の販売は、午前6時〜深夜0時までと決められている。

【道路の横断について】
歩行者が横断歩道でない場所を横断した場合、100ドル超の罰金が科せられる。また、オアフ島では道路横断中のスマートフォンやデジタルカメラなど電子機器の使用は条例で禁止されており、違反した場合は罰金が科せられるので注意。

【運転について】
運転中の携帯電話など電子機器の使用、あるいはシートベルトの非着用は100ドル前後の罰金を科せられる。
ESTAの取得について
無査証で米国に渡航(入国および乗継)する場合、渡航72時間前までにインターネットを通じて査証免除可否のチェックを受けるシステム(電子渡航認証システム「ESTA」)での申請が義務付けられています(有料)。

【ESTA申請公式サイト】
https://esta.cbp.dhs.gov/

JTBならスタイルに合わせてご予約方法を選べる!

インターネット

jtb.jpにアクセスすれば、24時間いつでもJTBの多彩な海外ツアーを検索・ご予約いただけます。
ご予約完了後は、お客様専用サイト「たびページ」にてお支払などの各種手続きから疑問・質問への回答まで、予約から出発までをしっかりサポート!
インターネットでも安心です。

ネットで予約し、店舗で支払い

ひとまずインターネットで空席を確保。その後、お店で気になる点をスタッフに相談し、最終的なお支払いまで。JTBならではの便利なスタイルです!

詳細はこちら

お電話・メール

お電話・メールなら、いつでも気軽に、旅の相談をしていただけます。また、支払方法を選べます!

海外ツアー

共通ナビダイヤル
0570-070-489
(受付時間)9:00〜20:30

店舗

全国約1,000のJTB店舗の中から、お近くのお店で!旅のプロに相談しながら、じっくり旅行をご検討いただけます。

お近くのJTB店舗

最寄りの店舗を探す

※店頭やお電話でご相談の際は、ご希望の「コースNo」をお伝えいただくとスムーズです。

ハワイ
JTBで旅するハワイ