J-TaxFreeシステム

訪日外国人旅行者向け免税手続きをもっと簡単・スピーディーに

J-TaxFreeシステムとは?

訪日外国人旅行者への免税販売に伴う書類作成をシステム化し、免税店の業務を効率化するソリューションです。免税販売に必要な旅行者のパスポート情報をリーダーで読み取り、購入商品を選択・入力することで免税帳票を簡単スピーディーに作成するアプリケーションです。またシステム化により売上データのマーケティングへの活用も可能となります。
昨年の訪日外国人旅行者による国内消費は4兆円を超え、政府は2020年にこれを8兆円にする目標を立てています。この消費の約4割を占める買物を支えているのが全国に約45,000ある免税店で、J-TaxFreeシステムは5,000店超でご利用いただいています。

こんなお悩みに
お答えします!

免税店になりたい!免税手続きを効率化したい!

  • 免税店になりたいけれど、オペレーションが大変そう
  • 2020年4月の免税販売手続き電子化に対応できていない
  • 外国人旅行者の購買動向を知りたい
  • 免税対象なのかどうか判断に迷う
  • 商店街やショッピングモール全体で免税を取り入れたい
活用シーン
観光地開発受入環境整備
対象地域
全国
公式URL
https://j-taxfree.jp

特徴

お客様の環境に合わせて選べる豊富なラインアップ。
圧倒的な導入実績に裏付けされた知識と経験で制度関連からシステム導入まで、免税に関するあらゆる課題を解決します。

1初期投資は不要、簡単3ステップで書類作成が完了

J-TaxFreeシステムの免税書類の作成は1.パスポート読取→2.商品情報などを選択・入力→ 3.書類を印刷、の簡単な3ステップで完了。免税帳票の作成時間を大幅短縮できる上、記入漏れや記入ミスなど書類不備のリスクを防止します。アプリケーションとパスポートリーダーを提供しますので、パソコンやタブレットとプリンターがあればOK。システム導入に大がかりな設備投資は必要ありません。

2免税制度に精通

当社は免税制度協議会の事務局を務めており、また全国免税店協会の副会長会社として免税制度全般にかかわる豊富な知識を有しています。制度に関するさまざまな疑問にきめ細かくお答えし、免税店化からシステム導入、オペレーション構築、データ分析まで免税対応をトータルでサポートします。全国各地の多数の導入事例や培ってきたノウハウを活かして、自治体やDMOと連携した免税セミナーなどの開催支援や関係省庁への提言活動など、免税制度の普及やさらなる高度化に向けた活動をしています。

3自動集計された購買情報はマーケティングへの活用が可能

専用の管理画面より日報や月報などがリアルタイムで自動集計。国籍や年代、商品分類別といった項目で購買情報を集計し閲覧することも可能です。またそれぞれの集計結果はデータでダウンロードいただけますので、マーケティングにも活用が可能です。 さらにより高度な分析を実施したいお客様向けには、BIツールTableau(タブロー)へデータ連携するオプション機能もございます。 ※「オフライン版」は対象外

4最短2日でサービス利用開始

お申し込みから最短2日で、サービス利用を開始いただけます。お急ぎの場合でも、お気軽にご相談ください。J-TaxFreeシステムは、大手百貨店、ラグジュアリーブランド、アパレル、ドラッグストア、コンビニエンスストア等、多くの小売企業様への導入実績があり、導入店舗数は日々増加していますので、安心してお選びいただけます。

52020年4月からの免税手続き電子化にも対応

2018年の税制改正で2020年4月から免税販売手続きが電子化されることが決定しています。制度施行後は従来のような手書きやレシート貼付などで免税帳票を作成している小売店は免税販売ができなくなるため、電子化に対応したシステム導入が必須となります。J-TaxFreeシステムは電子化にも対応しますので安心してご利用いただけます。

取扱会社

株式会社J&J Tax Free 営業部

2018年4月、株式会社JTBと株式会社ジェーシービーの合弁の事業開発会社である株式会社J&J事業創造でインキュベートしてきた免税ソリューション事業を分離独立する形で誕生した新会社です。J-TaxFreeシステムの提供だけでなく、関係省庁と連携した免税制度の高度化にも貢献しています。

お問い合わせ