戦略策定支援

インバウンドに関するJTBグループの多様なネットワークを組み合わせ、最適の統合戦略をワンストップで提供

戦略策定支援とは?

インバウンドに関するあらゆる課題解決に向け、JTBグループの観光専門シンクタンクが「ストラテジー(戦略)」と「インテグレーション(統合)」の2本柱で、戦略策定を行います。まずは、これまでの実績から得た豊富な知見と蓄積したマーケティングデータを生かして、全体的な戦略と個別の戦略を立案。それらの戦略を実行に移すため、JTBグループのさまざまなネットワークを統合し、「チームJTB」として課題に取り組みます。地域のデスティネーション価値を最大化し、個別のケースに合わせた課題解決に最適なソリューションミックスをワンストップでご提供いたします。

こんなお悩みに
お答えします!

訪日外国人を取り込みたい!

  • インバウンド戦略を立てたい
  • インバウンドのコンサルティングを受けたい
  • 外国人への認知を広げたい
  • 市場動向を把握したい
  • 外国人にウケる観光コンテンツを作りたい
  • インバウンド対策を始めたいけれど、何から始めたいのかわからない
活用シーン
インバウンド全体戦略国内・海外プロモーション地域誘客観光地開発受入環境整備
ターゲット市場
すべての国
対象言語
すべての言語
対象地域
全国
公式URL
https://www.tourism.jp/consulting/sector/inbound/

特徴

最適なインバウンド課題解決を
「チームJTB」としてワンストップで提供

1「外国人目線で地域ブランドを再構築する」 がキーワード

インバウンド戦略策定の基本は、訪日外国人旅行者それぞれの国の歴史・文化を背景に、ライフスタイルや旅行者行動を理解し、ニーズやトレンド、更には価値観の多様化にも対応することです。それらグローバルニーズの把握をベースに、デスティネーションや観光コンテンツの魅力を最適にマッチングさせることが訪日旅行マーケティングにおいては不可欠です。 JTBグループでは、観光戦略のプロフェッショナルであるJTB総合研究所をブレーンに、グループ内の各セクションが長年培ってきた「地域観光」「海外市場」「旅行者」に対する知見とネットワーク、そして各分野の専門人材を組み合わせ、ストラテジー構築を行います。インバウンド市場を誰よりも近く、そして数多く取り扱ってきたJTBの実績の上に、訪日市場を俯瞰的に把握しながら、最適な戦略策定をご提案します。

2JTBで独自で保有するインバウンド・ビッグデータをもとに戦略立案

JTBでは、訪日外国人旅行者のトレンドや旅行消費行動などを可視化するため、各種オープンデータや、JTBグループが独自に蓄積した訪日インバウンド関連データ、グローバル調査データをもとに、戦略立案や実施計画の策定が可能です。案件ごとの定量調査・定性調査に加え、これらのビッグデータを統合し分析することで、より立体的に課題の洗い出しやニーズ把握を行い、数値的な裏付けと経験値の両輪でインバウンド戦略を策定します。

3戦略策定→プラン策定→実施 までワンストップで提供可能

戦略策定を行った後は、JTBグループのさまざまなネットワークを組み合わせ、ケースに合わせてアクションプランの策定、開発やプロモーションの実施、持続的な運用体制の構築、評価・見直しまで、PDCAの各段階における支援を一気通貫で行うことも可能です。JTBグループのアセットをはじめ、さまざまな分野のビジネスパートナーを組み合わせ、ベストなソリューションミックスを行うことで、効果的なアクションとPDCAサイクルの実現までを支援します。

ソリューション事例

戦略策定支援がご支援をさせていただいた代表的な事例をご紹介します

観光立国ショーケースの目標実現に向けた連携戦略

観光立国ショーケースの目標実現に向けた連携戦略
NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構 様

訪日外国人の宿泊日数などのデータ分析から課題を明確化し、シェアが少ない欧米豪市場への訴求を図るため滞在日数も長く、旅行消費額も多い「アドベンチャーツーリズム」市場への取り組みを提案。合わせて、最もシェアが多い台湾市場へのさらなる強化に向け、JTBの訪日客向け予約サイト「JAPANiCAN」とアジアの日本ファンが集まるソーシャルメディア「Fun! Japan」のコラボによるデジタルマーケティングを実施。

提携先
JAPAN iCAN Fun! Japan

青森県のインバウンドFIT受入環境整備事業

青森県のインバウンドFIT受入環境整備事業
青森県 様

インバウンド受け入れの現状把握からスタートし、ロールプレイを使ったワークショップ開催による事業者や通訳案内士の気運醸成、各事業者の抱える各課題に適したコンサルタントがアドバイスを行うなど、きめ細かい対応で県のプロモーション活動を後方支援している。2017年の青森県の外国人延べ宿泊者数は東北6県で最多となり、47都道府県で最大の伸び率を示した。

取扱会社

株式会社JTB総合研究所

「旅行やツーリズムの価値を超えた交流の促進を考える、新しい時代のシンクタンクとして、豊かな暮らしと豊かな地域の実現に寄与する」が当社の経営理念です。交流促進による社会・地域活性化のための 調査・コンサルティング・人材育成事業を行っています。

専門チーム

※所属・役職は担当時点

戦略策定支援の専門チームがお客様のインバウンドにおける課題をサポートします

>プロフィール写真
吉口 克利Katsutoshi Yoshiguchi

株式会社JTB総合研究所
主席研究員

株式会社JIC(現JTBコミュニケーションデザイン)主任研究員、株式会社サーベイリサーチセンター 新規事業開発部長等を経て2016年4月より現職。観光マーケティング、調査事業を中心に国、自治体などの様々な観光関連事業に携わる。修士(政策学)

>プロフィール写真
熊田 順一Junichi (Jack) Kumada

株式会社JTB総合研究所
主席研究員

1968年東京都生まれ
1992年明治大学商学部卒業、株式会社日本交通公社に入社後、
訪日インバウンド事業、海外オンライン販売事業、訪日オンライン販売事業に携わる。2014年7月より日本人として初めて国連世界観光機関(UNWTO)へ観光庁の推薦で派遣。3年間アジア太平洋部門のシニアオフィサーとしてアジア太平洋観光行政部門の窓口をUNWTOで務める。2017年4月より株式会社JTB総合研究所に主席研究員として着任し、グローバルツーリズム分野の担当となる。

>プロフィール写真
郭 玲玲Reirei Kaku

株式会社JTB総合研究所 コンサルティング事業部第4部
主任研究員・人材育成プロデューサー

2000年に初来日し、日本の大学で学ぶ。2006年、中国にて建築系日本企業中国法人に入社。通訳・翻訳をはじめ、商材の仕入交渉や労務管理、通関業務など生産・経営に関する業務全般を経験。2008年に再来日し、人材ビジネス会社に入社。新卒採用と外国人人材の派遣・人材紹介及び日本中小企業向けの中国進出コンサルタントを経験。2015年よりJTB総合研究所において、インバウンドと地域創生に関する調査・コンサル、訪日外国人旅行者対応強化研修を数多く手がける。

>プロフィール写真
村山 慶太Keita Murayama

株式会社JTB総合研究所
主任研究員

1991年、JTBに入社。提携販売、商品企画等を担当の後、2002年より本社国際旅行事業部(現JTBグローバルマーケティング&トラベル)に勤務。2005年より外務省に出向し、開発途上地域に対する政府開発援助(ODA)によるプロジェクト審査、運営管理等に従事。2007年以降当社の前身である(株)ツーリズムマーケティング研究所等において、JTBグループの事業戦略策定、地域活性化プロジェクト等に参画。2014年から日本政府観光局(JNTO)に出向し、訪日外客統計や地方誘客促進に向けたマーケティングやコンサルティングに従事する。2018年4月より現職。

お問い合わせ