©ASEAN-Japan Centre
マレーシアからの訪日旅行に関する調査研究(旅マエ編)
2019.03.20

15ヶ国調査(マレーシア)

マレーシアからの訪日旅行に関する調査研究(旅マエ編)

情報収集は全年代で「Tripadvisor」の支持厚い
20代の若年層だけは情報収集や出発前宿泊予約で全体と異なる傾向

調査結果のポイント

ポイント1訪日決め手、トップは「観光地や都市の見所」だが旅行形態により異なる傾向

  • 全体では「観光地や都市の見どころ」がトップで、FITと団体・周遊型でも同項目がトップ
  • フリータイム型だけは「観光地や都市の見どころ」は4位と低め、トップは「パッケージ旅行」

ポイント2旅マエ情報収集はオンライン&「Tripadvisor」が人気

  • 全体で最も高い割合となったのは「Tripadvisor(76.3%)」、2位は「Facebook(66.3%)」
  • 20代男女では「Facebook」が首位、「Instagram」も人気傾向

ポイント3出発前宿泊予約は「Agoda」人気高く、その他主要グローバルOTAも上昇傾向

  • 「Agoda」が59.1%で2位に大きく差を付けて首位
  • 20代に限っては「Airasia Go.Com」の方が「Agoda」よりも人気
  • Agoda含む主要グローバルOTAも一昨年の調査から年々上昇傾向

目次

1. 日本への旅行を申し込んだ際に決め手となった情報

全体で見ると「観光地や都市の見所」が最も多く、FIT(18.6%)と団体・周遊型(16.7%)では同項目が最多となった。なお、団体・周遊型では「パッケージ旅行」も16.7%で同率首位であった。

フリータイム型に限っては1位が「パッケージ旅行(15.4%)」、次いで「航空機(12.8%)」となり、見所は決定的な訪日の決め手にはなり得ない模様である。

訪日の決め手になった情報(マレーシア)

2. 出発前の情報収集源(オンライン・オフライン)

オンラインでの情報収集において全体で最も高い割合となったのは「Tripadvisor(76.3%)」、2位は「Facebook(66.3%)」となった。2位の「Facebook」と5位の「Instagram」は特に20代男女の支持が厚い。

オフラインでの首位は「Lonely Planet Travel Guide(39.5%)」となった。ただし、オンラインと比較すると全体的にかなり低く、情報収集源としてオンラインを活用している割合が高いことが分かる。

出発前の情報収集源(サイト・SNS等)(マレーシア)

出発前の情報収集源(ガイドブック・雑誌・新聞)(マレーシア)

3. 出発前の宿泊予約

出発前の宿泊予約では「Agoda」が59.1%で2位の「Airasia Go.Com(49.2%)」と約10ポイント差で首位となった。20代だけに絞って見てみると、1位の「Agoda」よりも「Airasia Go.Com」の方が高い割合であった。

また、3位「Booking.com(43.1%)」、4位「Expedia(39.8%)」は2位「Airasia Go.Com」の割合には及ばないものの一昨年の調査から年々上昇傾向にあり、今後の動向にも注目である。

出発前の宿泊施設予約先(マレーシア)

4. 旅行前のオプショナルツアー予約(旅行会社/サイト)

a)性・年代別

全体で見ると「旅行会社」経由の割合が高かったが、カウンター及びパソコン・タブレットの予約では「航空会社」の方が高い割合であるなど、予約手段でばらつきが見られる。

性別・年代別の顕著な差は見られないが、20代と40代はパソコン・タブレットよりも「携帯・スマホ経由」での予約割合が全体よりも比較的高めのようである。

着地型旅行商品旅行前の予約方法(性・年代別)(マレーシア)

b)性・旅行形態別

旅行形態別でも「旅行会社」及び「パソコン・タブレットによるサイト予約」が主流である点に変わりはないが、男性FITとフリータイム型のオンライン予約、及びパソコン・タブレットでの予約に限った団体・周遊型の場合では「航空会社」の方が旅行会社の割合よりもやや高めであった。


着地型旅行商品旅行前の予約方法(性・旅行形態別)(マレーシア)

調査概要

調査手法
WEBアンケート調査
対象エリア
マレーシア
調査対象者
2年以内訪日経験者の20歳以上男女
調査期間
2017年12月12日~12月28日
サンプル数
400サンプル
注釈
※2015年調査は3年以内の訪日経験者を対象

JTBのインバウンド対策支援

JTBグループでは
海外プロモーションから
地域における外国人受け入れのための
環境の整備まで
多様なインバウンドソリューションを
最適に提供しています

100年企業の実績、1912年に外国人誘客のために設立。海外143都市508拠点、強力なネットワークから最新の情報を収集。地域への誘客力、商品開発と人流創出。最適なコンサルティング、多様なソリューション