JTB Honeymoon

  • これで納得!HOW TO ハネムーン
  • 世界中のエリアをご紹介!方面エリアガイド
  • 夢を叶えよう♪テーマで見つける

Honeymoon Q&A ソボクな疑問

現地での過ごし方編

トラブル回避編

お土産を買いすぎてスーツケースに入らない場合は?
お土産のために空のキャスター付バッグ持参もおすすすめです。

両親や結婚式に来てくれた方々にお土産を買わなきゃ!と夢中で買い物して、ふと気付けばお土産の山。手荷物で機内にと思ったけど、量が多すぎると注意されて、泣く泣く空港でキャリーバッグを購入しましたという話を聞くことがあります。行きはお二人で1個のスーツケースで大丈夫かもしれませんが、帰りの荷物を考えてキャスター付バッグを別に用意しておくか、ひとり1個のスーツケースで出かけることをオススメします。

【スタッフからのアドバイス】

長距離移動でつらいのが時差ぼけ。例えばハワイとの時差は19時間。機内でしっかり眠り、到着後は現地時間(朝)に合せて過ごすと、時差ぼけのだるさなどが軽減できますよ!子供の場合は、飛行機に乗る前にしっかり遊ばせ機内で休ませるようにするとスムーズです。

彼とはぐれて迷子になっちゃった時はどうすれば良い?
はぐれた時のために必ず待ち合わせ場所を決めておきましょう。

ウィンドウショッピングに夢中になっていたら、隣にいたはずの旦那様がいなかった…。こうつぶやくハネムーナーは多いです。しばらくウロウロして、旦那様を発見できればいいのですが、海外の大型ショッピングセンターや広場などでは探してもなかなか見つからないことがしばしばあります。そんな時のために、はぐれた時の目印を決めておくことをオススメします。目印は大きな時計台や噴水など、わかりやすい場所にするのがベスト!

お釣りのもらい方が日本と違うって聞いたんだけど?
訪れる国によってさまざま。郷に入っては郷に従えを念頭に!

小銭を増やさないように、切りのいい金額で払ったら現地の人が困ってたんです、と話す方も多くいますが、これは日本人の感覚!!国によっては細かいお釣りがあめ玉だったという事もありますので、臨機応変に対応してください。

彼の靴を買って、ホテルに戻ったら左右のサイズが違ったなんて噂も?
日本のように細かいところにまで行き届いたサービスは稀。自己責任で。

前から欲しがっていた彼の靴を二人で探してやっと見つけ、ホテルに戻って箱を開けたら右と左のサイズが違ったんです。と怒っている新婚カップルも。買い物をしたら必ず左右のサイズを確認するのを忘れずに!サイズだけではなく、色やデザインもチェック。間違えた場合、レシートがあっても店で交換してもらえない場合がありますので注意してください。

海外の慣れない通貨。気を付けることは?
まずはその国の通貨・紙幣の特徴を確認しましょう!

「アレ!?さっきもらったおつりが足りない?」「何か1枚多く払った気がする」お土産片手に財布をのぞいて二人で会話している新婚カップルも!慣れない通貨での支払いやお釣りの受け取りの際はちゃんと確認しましょう。新札はくっつきやすいのでご注意!もしも間違っていたらその場で必ず申し出てください。

海辺でうたた寝していたら貴重品が盗まれたって聞いたんだけど?
日本のようにバッグで席取りなんて事は決してしないで。

海辺に置いてあったデッキチェアで二人でのんびりしていたら、いつの間にかお財布が盗まれました!!と泣いている新婚カップルに出会ったことがあります。幸いパスポートはセイフティボックスの中に入れていたので無事に帰国はできましたが旅行中二人の仲は険悪ムード!こうならないように二人で荷物の管理をしたほうがよいでしょう。もしも被害にあった場合は必ず現地係員に相談してください。

お水って有料なの!?日本じゃタダなのに。ホントに?
国によっては、水道水が飲めない場合もあり。しっかり確認を。

レストランで食事してお水(ミネラルウォーター)をたのんだら会計の時に有料だと判明!お金がかかるならビールをたのめばよかった…なんて事も。食事をする際は必ずメニューをチェックして無料か有料か確認しましょう。ほとんどの国でお水は有料です。ツアー中に案内されるレストランでは無料の場合もあるので現地係員や添乗員に確認しましょう。

海外では「IDを出せ」って良く言われるとか?
日本人は年齢より若く見られることも多々あり。パスポートの提示を。

アルコールの購入やブランド品をクレジットカードで購入する際に、IDの提示を求められて「何!?」「何のこと!?」とパニックになっている新婚カップルを見かけました。国によっては免税店でも聞かれることがありますが、その際はパスポートを見せてください。日本ではなじみがありませんが、IDとは写真付きの身分証明書のこと。コピーでなく現物を見せる方が良いでしょう。

現地に持っていった方が良いものはありますか?
忘れがちなのが、カメラなどの充電器。持参しましょう!

「あと2日もあるのに充電がない!」「あ!充電器忘れたー!」と観光地であわてている新婚カップルも見かけます。二人のラブラブな写真を一枚でも多く撮ろうと、初日からはりきっていると最終日前に充電が切れてしまうこともあります。充電器は必ず持っていくことをオススメします。

モーニングサービスって英語じゃないの?
和製英語には要注意!事前に英会話本で勉強しましょう!

ホテルのフロントに電話してルームサービスを頼もうとして「モーニングサービス」と言ったら、なぜか教会に連れていかれました、と話す新婚カップルに出会ったことがあります。日本で普通に使っている言葉の中には、日本でしか通用しない和製英語もありますのでご注意ください。

エスコート編

ホテルに着いて、まずすることは何?
まずは、スムーズにチェックイン。チップも忘れずに!

スムーズにチェックインして、奥様を待たせないように。チェックインの際、サインが必要となります。 漢字ではなくローマ字で記入するのを忘れずに(パスポートのサイン)!荷物はポーターが運んでくれますのでチップを忘れずに !チップの相場は100円〜200円程度です。

スムーズなチップの渡し方は?
ガイドブックで訪れる国の習慣を勉強しましょう!

荷物を運んでもらったり、ベッドメイキングをしてもらったりとホテルで特別なサービスを受ける場合は必ずチップの用意をしておきましょう。ポーターなどホテルのスタッフにはその場で、ベッドメイキングの人には毎朝外出時にベッドの近くに置いておくのがよいでしょう。チップは小銭ではなく、お札で払うのが一般的です。レストランなどでは国によってチップの率が違うので、事前に現地情報をご確認ください。

ホテルでの朝食後の過ごし方は?
滞在1日目の朝は、ホテル探検がおすすめです。

朝のすがすがしい雰囲気を味わいながら二人でホテルを探検してみましょう。ホテルで働く現地の人々と挨拶を交わしながら散歩すれば、何か新しい発見があるかもしれません。ホテルスタッフとコミュニケーションをとって仲良くなれば、現地のお得情報も教えてくれるかも!

外出先で注意することはありますか?
日本ではなじみのない「レディーファースト」を徹底!

「レディファースト」を心がけましょう。日本ではあまりなじみがありませんが、海外では当たり前のこと。エレベーターでは女性を優先して降ろしたり、普段しないことをさらりと行動するのがポイントです。
「タクシー」が自動開閉するのは日本だけかも!習慣として身についているからこそ失敗するのがタクシー。海外ではドアの開閉はお客様まかせ。奥様の前では先にドアを開けてあげましょう。
言葉が通じなくったって、男は度胸!「英語がわからないからちょっと・・・」と心配しなくても大丈夫です。国によっては相手も英語を話せないことがけっこうあります。その場の雰囲気や身振り手ぶりで意思の疎通を図ることもできます。とりあえず、笑顔で会話しましょう。

ホテルでの過ごし方はどうすれば良いですか?
ホテルの無料アクティビティーに参加するのも手です。

ホテルによってはミュージックプレイヤーに接続できるジャックがついていたり、DVDプレイヤーが置いてあったりと、くつろげる設備が整っています。奥様の好きな音楽を聴いたりDVDを観たり、のんびりした時間を思い思いに過ごすのも良いでしょう。オススメはホテルでの無料アクティビティ。朝のヨガレッスン、サイクリング、フラダンス教室等、ホテル内には無料で楽しめるメニューが用意してあることがあります。事前の、又は現地での情報収集が素敵なエスコートに繋がります。

レストランで特に注意しなければならないことは?
予約が基本。ドレスコードに注意して。TPOをわきまえましょう。

レストランに行くなら前もって予約するのが基本。予約はツアーデスクに頼みましょう。言葉の心配をしなくても良いので安心です。ドレスアップして二人で出かけましょう。レストランを探すのがちょっと・・・、という方には人気のレストランディナー付の旅行プランを選べばOKです。レディファーストは忘れずに行動しましょう。前を歩くのも、着席するのも女性が先。ワインをオーダーする際は片言の英語でもOKです。ワインリストを見てもわからなければ金額を見て注文しましょう。オススメのワインは?と聞いてもOK!支払いの際は着席したままで。チップも忘れずに払いましょう。

部屋に戻ったら気をつけなければならないことは?
その日の疲れをしっかり取りましょう!

新婚旅行での大敵は疲労。奥様の身体をいたわって無理をさせないようにしましょう。日本からリラックスグッズを持参して奥様をいたわってあげてはいかがでしょう?オススメしたいのは足裏マッサージと湿布。ツボを刺激したりふくらはぎのコリをほぐせば翌日はすっきり。疲れをためないのが素敵なハネムーンのポイントです。

チェックアウトの際に注意することは何ですか?
混雑する時間を避けて、慌てないようにしましょう!

チェックアウトの際は、混雑する時間を避けるのがベスト。旦那様がしっかり手続きしましょう。まず、洗面台やクローゼット、セキュリティーボックスなどに忘れ物がないか確認を忘れずに!チェックアウトの際に発行される請求書は必ず細かくチェックしてください。誤りがなければ支払いをしましょう。飛行機のスケジュールの都合でホテルをチェックアウトしても時間がある場合は荷物をホテルで預かってもらうことができます。預けた荷物を受け取る際には必ずチップを忘れずに。

機内でのベストな過ごし方は?
やっぱ並び席が一番!時差を考えて睡眠を取ることも忘れずに!

二人きりで並んで座るのが一番です。ルックJTBのツアーなら、並び席を確約(詳細はJTBのお店で確認を)。時差がある場合はきちんと睡眠をとることが大事です。フライト時間が長い場合、機内でいかに有意義に過ごすかは重要なポイントです。小説やマンガ、携帯ゲームを持ち込んでもOK。航空会社によってはひとり1台座席にTVがあり、映画やゲームを楽しむことができるので、旅行を申し込む際は航空会社にこだわってみるのも良いでしょう。電子機器の使用に制限がある際のご利用はお控えください。

JTB ハネムーン・新婚旅行 海外ツアー