大阪府宿泊税について

大阪府では2017年1月1日から、国際都市大阪の魅力を高めるとともに、観光復興のための事業の経費に充てるため、大阪府内の旅館またはホテルに一定の金額以上の料金で宿泊した場合、宿泊税を課税することになりました。なお、本サイト上に記載の手配旅行の宿泊料金には、大阪府宿泊税は含まれておりません。お客様ご自身で、直接宿泊施設にお支払い下さい。

1 1人あたりの「室料」+「サービス料」が10,000円未満 課税されません
2 1人あたりの「室料」+「サービス料」が10,000円以上15,000円未満 100円/人
3 1人あたりの「室料」+「サービス料」が15,000円以上20,000円未満 200円/人
4 1人あたりの「室料」+「サービス料」が20,000円以上 300円/人

※ご注意

・食事の料金分は課税対象になりません。食事料金などを含まない、いわゆる素泊まりの料金が対象です。例えば、ツインルームなどで1室に2人以上で宿泊する場合には、一人あたりの室料に換算して、課税非課税を判断することになります。(お子様も同様)なお、消費税等の額に相当する金額や、宿泊以外のサービスに相当する料金は対象になりません。

●詳しくは大阪府ホームページをご覧下さい。


ページトップへ