京都市の宿泊税について

2018年10月1日宿泊分より、京都市内に所在する旅館・ホテルの宿泊に対して「京都市宿泊税」が導入されます。
なお、本サイト上に記載の手配旅行の宿泊料金には、京都市宿泊税は含まれておりません。お客様ご自身で、直接宿泊施設にお支払い下さい。


(1)納税義務者
・旅館業法に定める旅館業を営む施設への宿泊者
・住宅宿泊事業法に基づく住宅宿泊事業を営む施設への宿泊者
※基本的に旅館営業およびホテル営業の宿泊施設様の宿泊者が対象となります。

(2)税率(大人・子ども共)
1 1人1泊の宿泊料金に対し、1人当り20,000円未満 200円/人
2 1人1泊の宿泊料金に対し、1人当り20,000円以上50,000円未満 500円/人
3 1人1泊の宿泊料金に対し、1人当り50,000円以上 1,000円/人

※ご注意

・宿泊税における「宿泊料金」とは、食事料金などを含まない、いわゆる素泊まりの料金をいいます。

・幼児についても幼児施設使用料とは別に京都市宿泊税がかかる場合があります。詳細は現地にお問い合わせ下さい。
(幼児から宿泊税を徴収するか否かは宿泊施設側の判断となります)

●詳しくは京都市ホームページをご覧下さい。


ページトップへ