JTBの課題解決ソリューション

ヘルシーカンパニー
交流の力による新たな健康経営®へ

企業が従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することは社員の疾病予防といったリスクマネジメントと企業のイメージアップの双方の効果が期待されております。
また「健康経営®」に優れた企業を健康経営銘柄に指定する取組や金利を優遇する取組も実施されており働き方改革とあわせて経営課題と捉える動きが活発化してきました。
JTBグループでは、こうした課題に対し、独自ノウハウを活かしたヘルスツーリズム等による法人向け健康増進ソリューションを供給して企業に貢献いたします。

ヘルスツーリズム等のJTBソリューションで
健康投資のリターンを最大化させる

健康経営の
投資に対するリターン(例)

J&Jグループが世界250社、
約11万4000人に健康経営プログラムを提供し、その投資に対するリターンを試算。

健康経営に対する投資1ドルに対し て3ドル分の投資リターンがあったとされている。

健康への投資額/  投資のリターン※期待される効果

健康への投資額

  • スタッフ(事務・健康・医療)人件費
  • システム開発費、保守費
  • 保健指導等利用料
  • 設備費(フィットネスルーム等)

投資のリターン

※期待される効果

  • 生産性の向上
    (欠勤率の低下、プレゼンティーズムの解消)
  • 医療コストの削減
    (疾病予防による手当て支払い減、長期的
    医療費抑制)
  • リクルート効果
    (就職人気企業ランキング上昇)
  • イメージアップ
    (ブランド価値向上、株価上昇を通じた企業
    価値向上)等

引用:「儲かる『健康経営』最前線」ニューズウィーク誌 2011年3月号を基に作成

PAGE TOP