地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

衣裳を選ぶ

衣装を選ぶ衣装を選ぶ

ご新婦様

  • 白無垢

    白無垢

    白無垢とは、白い掛下に白い打掛を羽織り、
    帯や小物に至るまで全てを白一色で統一した装いのことです。
    室町時代ごろに始まった、最も古い婚礼衣装、日本の伝統和装です。
    現在、もっともポピュラーな和装結婚式の花嫁衣裳だといえます。
    清純無垢を表す「白」は「これからどんな色にも染まります」
    という花嫁の思いのあらわれ。
    もともと神に仕えるときの衣裳が白であったことから、
    結婚を神に報告する婚礼の儀式でも
    用いられるようになったともいわれています。
    髪は文金高島田に結い上げ、挙式では綿帽子または角隠しで覆います。
    胸元には懐刀(刀)と箱迫(はこせこ:鏡や櫛などを入れる入れ物)
    または懐紙入れを、
    手には金または銀の扇子を持つのが正式な装いです。
    これらの小物はすべて白となります。

    さらに詳しく
  • 色打掛

    色打掛

    掛下の上に、鮮やかな打掛を羽織る装いのことです。
    華麗な刺繍や織り模様を施した打掛は、
    息を飲むばかりの華やかさ。おめでたい日にぴったりの装いです。
    白無垢同様、式服として使用することができますが、
    神前式は白無垢で行い、披露宴で色打掛に着替えて、
    両方の装いをすることが多いようです。
    髪は文金高島田に結い上げ、挙式では角隠しをつけるのが正式!
    白無垢のときと異なり、金や銀の箱迫、
    華やかな色の入れ物ものに入った懐刀など、
    小物は華やかなものが用いられます。

    さらに詳しく
  • 本振袖(お引き摺り)

    本振袖(お引き摺り)

    白黒地の本振袖(大振袖)は、白無垢、色打掛同様、
    正式な式服として用いることができます。
    その場合、通常振袖を着るときとは異なり、
    腰の部分の布を折り込まず、裾を引いた「引き着」にします。
    髪や小物については、色打掛と同様、黒地に色鮮やかな
    刺繍や折りが施された振袖は、白無垢とも色打掛とも異なる
    独特の優雅さと気品あふれるシルエットが魅力です。

    さらに詳しく
  • 綿帽子

    綿帽子

    文金高島田を結った頭の上に、
    額まですっぽりと覆いかぶせる布で、
    白無垢の和装スタイルのみに合わせることができるものです。
    「綿帽子」には挙式が終わるまで、
    花嫁は新郎以外の人には顔を見られないように
    という意味が込められ、
    初々しさや奥ゆかしさの象徴となっています。

    さらに詳しく
  • 角隠し

    角隠し

    花嫁様が文金高島田と呼ばれる
    日本的な高い髷を結った髪の上に被る
    帯状の幅の広い布のことで、
    角を隠して夫に従順になるという意味があるとされています。
    白無垢・色打掛のどちらのスタイルにも
    合わせることが可能です。

    さらに詳しく

ご新郎様

  • 黒紋付

    黒紋付

    和装の場合の男性の正礼装を
    「黒の五つ紋付羽織袴」となります。
    これを呼びやすくしたのが「紋付袴」です。
    黒の紋付袴が一番格が高いとされています。
    羽織紐や扇子・草履など
    小物はすべて白で統一します。

  • 白紋付

    白紋付

    白練りした絹の色
    高尚でシンプルな色感が
    ご新郎様を凛々しく引き立たせます。
    富士袴を合わせるのが基本です。

  • やまと髪

    やまと髪

    伝統の日本髪でありながら、
    びんつけ油を使わずスプレーで仕上げるので
    ふんわり洋髪感覚!
    かつらが似合うか心配されている方も
    お1人お1人のお顔に合わせて
    ボリューム調整ができます。

  • 洋髪

    洋髪

    日本髪と違い
    カジュアルな雰囲気に仕上がります。
    生花等で華やかに
    まとめて頂くのがお勧めです。

  • かつら

    かつら

    文金高島田 未婚女性の伝統的な日本髪。
    江戸時代の代表的な髪型で、島田髷を高くし、
    前髪を額の方へふくらませた上品で
    優雅なシルエットが特徴です。
    近年では軽い仕様になり、ますます人気です。

ページTOP

国内旅行・海外旅行の予約はJTB