地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

JTBスポーツ 二宮清純 〜スポーツジャーナリストの視点〜

二宮清純プロフィール

閉じる
二宮 清純 プロフィール
スポーツジャーナリスト。株式会社スポーツコミュニケーションズ代表取締役。 1960年愛媛県生まれ。オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグなど国内外で幅広く取材活動を展開。地域密着の総合型スポーツクラブづくりにも取り組む。東北楽天ゴールデンイーグルス経営評議委員、日本サッカーミュージアムアドバイザリーボード委員なども務める。

第10回日本サッカーの基盤はJリーグ


Jリーグ26年目のシーズンがスタートしました。成長を続けるJリーグは、現在、J1、J2、J3合わせて54のクラブを擁しています。

いったい、誰がここまでの成長を想像できたでしょう。Jリーグの生みの親である初代チェアマン川淵三郎さん(日本サッカー協会最高顧問)は、 1年目のシーズンが終わった直後、私にこう語りました。
日本における選手の供給源の実情を考えるとトップが16で、2部が16、合計32クラブのプロ制が望ましいと思っている。
現在は32クラブどころか54クラブですから、これは川淵さんにとっても“うれしい誤算”といっていいでしょう。

Jリーグが船出する前に掲げた「地域密着」の理念は、他の競技にも伝播していきました。 プロ野球の日本ハムが札幌市移転を機に「北海道」、新規参入した楽天が仙台市を本拠に定めると同時に「東北」と名乗ったことでも、それは明らかです。

54クラブは38都道府県にまたがります。 現下、Jクラブが存在しないのは青森県、福井県、滋賀県、三重県、奈良県、和歌山県、島根県、高知県、宮崎県の9県だけとなりました。
これを受けJTBでは「アウェイツアー」などキメの細かい観戦ツアーを組んでいます。J2やJ3の中には中都市を本拠としているクラブも少なくありません。 移動はどうすべきか、宿泊は……。旅行のプロであるJTBの出番が増えるのは、言うまでもありません。


イメージ

サッカーはボールひとつあれば誰もが楽しむことのできる庶民的なスポーツです。日本サッカー協会によると、登録者数は95万1459人(2015年)。 Jリーグがスタートした93年が72万613人ですから32%も増加していることがわかります。ちなみに2位はバスケットボールで63万6987人(同年)です。

さて、この6月にはサッカーW杯ロシア大会が開幕します。日本代表は6大会連続6度目の出場となります。
今でこそ日本代表のW杯出場は当たり前、といった印象を受けますが、Jリーグ創設前は、足を踏み入れることのできない「聖域」でした。

この事実ひとつとってみても、Jリーグがこの国のサッカーに、いやスポーツに果たした役割は書き尽くせないほど大きなものがあります。 Jリーグの充実こそは日本代表の何よりの強化策と言えるでしょう。


■バックナンバーはこちら

第1回
21世紀のスポーツビジョン

第2回
WBC 大会の将来性を明示した
新興チームの躍動

第3回
ラグビーW杯では
「ジャパンウェー」の
おもてなしを!

第4回
ホストシティに求められる
「ゲームズメーカー」の心構え

第5回
「1億総スポーツ社会」には
バドミントン

第6回
平昌五輪
「私をフィギュアスケートに
連れてって」

第7回
ユニバーサルデザインの
重要性

第8回
「ポスト2020」に向けた
ビジョンを

第9回
90回目のセンバツ、
東北勢の優勝なるか!?


マラソン・ウォーキングトライアスロン・自転車ゴルフサッカー野球バスケットボールテニスラグビーフィギアスケートモータースポーツその他

ページトップへ戻る

国内旅行・海外旅行の予約はJTB