地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

夢気分の街歩き

「夢の休日」ならではのとっておきの街をご紹介。

2016年3月22日

夢気分の街歩き
VOL.29 スイスが世界に誇る絶景列車 ― 氷河特急

スイスアルプス4大名峰とレマン湖畔の休日 9日間

スイス南部のツェルマットとサンモリッツのアルプス二大リゾートを繋ぐ伝統のスイスアルプス横断ルートを走るのが氷河特急です。 7つの渓谷、291の橋、91のトンネルを抜けて走る約8時間の絶景の旅です。全長は約280km、世界で最も遅い特急とも言われ、名峰や美しい森、緑豊かな牧草地、山間の急流や渓谷などが次々と車窓に展開する絶景の連続です。2006年からは新型の車両が導入され、大型の窓、エアコン完備の車内、テーブル付きの広い座席、日本語を含む6カ国語で説明が聞けるイヤホン、座席まで出来たての食事を運んでくれるサービスなどンランク上の快適な旅をお楽しみいただけます。 その創業は1930年。当時はまだ蒸気が客車を引っ張り、豪雪地帯を走ることから夏期のみの運行に限られていました。1985年には新フルカトンネルが開通したことで年間運行が可能となり、今では世界の鉄道景勝路線の中でも屈指の人気を誇っています。


氷河特急(イメージ)

東の拠点サンモリッツから乗車のルートを辿ってみることにしましょう。 始発駅からトゥージスという駅までの約1時間30ほどは、2008年7月に世界鉄道遺産に登録されたレーティッシュ鉄道アルブラ線区間になります。 短いトンネルを幾つか抜け、小さな集落を通り過ぎて行きながら、高度の上げ下げを繰り返し、徐々に自然の景観の中へ。元々この鉄道は旅客だけでなく、付近の木材を家具や住宅建材として隣国ドイツやイタリアへ鉄道で輸出していたため貨物輸送も兼ねていました。長く、重量のある貨物車輌を歯車の付いた機関車で運ぶことは不可能なため、高度差の克服にはループ線やスパイラル線が多用されています。 いくつか通り過ぎる集落には遥かに教会の尖塔も垣間見え、ハイジの映画の舞台で知られる景観も・・・ その後も氷河を削り取った渓谷やトンネル、陸橋を繰り返すうちに、ハイライトのひとつランドバッサー橋へ。200mほどの短いトンネルを抜けた直後に断崖絶壁からいきなり空中に飛び出す感覚の景観です。橋の全長は142m、半径100mのカーブを描き、河床からの高さ65m。日本のビルの高さでは20階建てに相当します。


氷河特急(イメージ)

氷河特急(イメージ)

氷河特急はその後も、美しく花が飾られた小さな駅や数々の陸橋、トンネルを繰り返し、‘ライン川のグランドキャニオン’とも呼ばれる深い渓谷の中も疾走。 路線の標高最高地点は2,033mのオーバーアルプパスヘーエ。静かに佇むオーバーアルプ湖を横目に幾つかの雪囲いのトンネルや、全長が15,441mの新フルカトンネルなどの豪雪地帯を走り抜け、万年雪、氷河をいただいたアルプスの絶景が車窓から遠望できます。


氷河特急(イメージ)

氷河特急(イメージ)

乗車して7時間弱ほどで、標高650mのフィスプ駅を通過すると、終点ツェルマットに向けて徐々に高度を上げて行きます。この付近にも深い渓谷やかつての土砂崩れの痕跡を眺めながら、路線中の最大勾配を終点に向かって登って行きます。

その後小さなトンネルを繰り返し、進行方向右側の車窓から前方上方にマッターホルンが見えたら、氷河特急はあっという間にツェルマットの駅に滑り込みます。


氷河特急(イメージ)

【写真提供:スイス政府観光局】

アルプスを訪れるツアー

夢気分の街歩き

ロイヤルロード銀座 おすすめ特集

ラグジュアリーバスで巡る夢の休日 NEXT 新しい旅のカタチ OTTAVA x ライブデスク みんなでつくる復興コンサート2017 鑑賞ツアー仙台 2日間(出発確定) 特別企画 世界にひとつのオーダーに、ひとつひとつの旅を [国内・海外]プライベートジェット旅行 高品質パッケージツアー「The Royal」

パンフレットラインナップ

夢の休日(海外)パンフレット

【NEW!】ファーストクラス・ビジネスクラスの旅

おすすめツアー

「ミルブルック リゾート」と「ペッパーズ・オン・ザ・ポイント」に宿泊リゾートホテルで過ごすニュージーランド 7日間【出発決定間近】
世界遺産ペトラ遺跡と聖書の世界を旅するヨルダン・イスラエル紀行 7日間【出発決定間近】
憧れの高速鉄道で台湾を縦断台南・日月潭・台北 6日間【出発保証】

人気のキーワード

夢の休日デスクに問合せ(申込メール)

旅行パンフレット請求(資料請求・無料)

サイトの使い方・お申込みの流れ

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB