地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

夢気分の街歩き

「夢の休日」ならではのとっておきの街をご紹介。

2016年1月26日

夢気分の街歩き
VOL.23 中世の宝石箱 - ローテンブルク

ロマンチック街道のハイライト、ローテンブルク。町の正式名称はローテンブルク・オプ・デア・タウバーで、タウバー川の上の方にあるローテンブルク、という意味です。旧市街は今でも中世の建物が残り、その美しい街並みから「中世の宝石箱」とも呼ばれています。面積が41平方キロメートルと小さく、街歩きには絶好の街です。


ローテンブルク(イメージ)

市庁舎(イメージ)

さて、ローテンブルクの旧市街の街歩きへご案内しましょう。
街の東側にあるレーダー門からスタート。旧市街は城壁でぐるりと囲まれており、14世紀末に建てられたこの門をくぐって旧市街へと入ります。
石畳の道を歩いてまずはマルクト広場へ。旧市街の中心にある美しい石畳の広場です。広場に面するローテンブルクのシンボルである市庁舎は、16世紀に家事で半分が焼失したため広場に面した建物がルネサンス様式、奥がゴシック様式になっています。市庁舎の屋上は展望台になっています。木造の階段をひたすら上っていくと、一人が入るのがやっとという狭い展望台にたどり着きます。階段の上りは大変ですが、そこからは美しいローテンブルクの街並みを上から見下ろすことができます。滑りにくい靴が必要なのでお忘れなく。

市庁舎の隣にある市議会員宴会館の壁には仕掛け時計があります。11時から15時、20時から22時の定時に時計の左右の窓が開き、人形が現れます。これは1631年、30年戦争のさなか、町を占領したティリー将軍と、街を救うためにジョッキのワインを一気飲みした ヌッシュ旧市長がモデルです。 美しい街がそのまま残っているのも、この市長のおかげということで、この逸話を記念したお祭り「マイスタートゥルンク」は春の時期に開催されています。


ヤコブ教会(イメージ)

ブルク公園(イメージ)

この会館の裏に行くと2本の尖塔が立つヤコブ教会があります。教会の中、パイプオルガンの裏から2階に上がると「聖血の祭壇」があります。イエス・キリストの血の入った聖遺物がおさめられており、中央部には彫刻家リーメンシュナイダーによる「最後の晩餐」が飾られています。リーメンシュナイダーの作品は中世ドイツを代表する芸術として知られていますが、この「最後の晩餐」が最高傑作ともされています。

教会からに西に歩きブルク門へ。旧市街の西端の門から外へ出るとブルク公園。ここからは「谷間の緑地越しに見える旧市街」と言うイメージの写真を撮ることができます。南に向かって散策を続けると、プレーンラインと小さな広場につきます。ローテンブルクの絵葉書にも良く使われる場所で、木組みの家並みと小さな塔、石畳が作り出す中世の街並みが楽しめる場所です。


プレーンライン(イメージ) 写真提供:ドイツ政府観光局

マルクト広場(イメージ)

プレーンラインでの写真を撮ったら北に向かってマルクト広場へ戻ります。有名なケーテ・ヴォルファルトでの買い物や名物のお菓子シュネーバル(雪玉の意味)の味見もローテンブルクの楽しみです。
もう少し歩ける方は城壁の上を歩いてみましょう。城壁で一周できるようですが、今回ご案内するのは市の東側のガル玄門からスタートしたレーダー門の短い区間。城壁の上からも町の屋根の景色が楽しめます。
2時間程度の散策ですが、ドイツの歴史と文化、そして美しい景観を楽しめる街歩きです。

【写真提供:ローテンブルク観光サービス公社】

ローテンブルクを訪れるツアー

夢気分の街歩き

ロイヤルロード銀座 おすすめ特集

JALファーストクラス・ビジネスクラスで行く ヨーロッパ・アジア・アメリカ ラグジュアリーバスで巡る夢の休日 NEXT 新しい旅のカタチ The Royal お一人様1000万円の海外旅行 特別企画

パンフレットラインナップ

夢の休日(海外)パンフレット

【NEW!】ファーストクラス・ビジネスクラスの旅

おすすめツアー

フレンチシェフ ドミニク・コルビ氏と旅するシャンパーニュ、ブルゴーニュとパリ 食の旅 7日間【11月:出発決定】
シンガポール航空エアバスA380 スイート・ビジネスクラス利用シンガポール至福の休日 5日間
2つのラグジュアリーリゾートで過ごすインドネシアの休日ジャワ島とバリ島の世界遺産 7日間【12月:出発間近】

人気のキーワード

夢の休日デスクに問合せ(申込メール)

旅行パンフレット請求(資料請求・無料)

サイトの使い方・お申込みの流れ

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB