地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

駐在員が語る フランス

JTBパリ支店に勤務していた夢の休日デスク山本が、パリやフランス各都市の魅力をご紹介!
ガイドブックには載っていない、実際に暮らして、見て、歩いたからこそのフランスの今をお話します。

2016年8月9日

駐在員が語る フランス
〜フランスの街角から 第6回〜
世界遺産モン・サン・ミッシェルの魅力=前半=

猛暑と言われている今夏、蒸し暑い日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回ご案内するのは、誰もがテレビや雑誌などで一度は目にしたことがあるだろう、フランス北西部にある世界遺産モン・サン・ミッシェルです。初めてのフランス旅行ならぜひ訪れたい定番のモン・サン・ミッシェル、多くの観光客を惹きつけるその魅力を2回に分けてご案内します。

★「島」としてよみがえったモン・サン・ミッシェル

クエノン川の河口、イギリス海峡に面したサン・マロ湾に浮かぶ小さな岩山。聖オベール司教が8世紀に大天使ミカエルよりお告げを受け、岩山の上にベネディクト派の僧院が建てられました。その後さらに教会が増築されて現在のモン・サン・ミッシェルの姿が形作られました。


修道院の中庭(イメージ)

この岩山があるサン・マロ湾は干満の潮位差が大きいことで知られています。干潮時には本土と陸続きになっていますが、満潮時には修道院のある島から本土への道が水没して修道院は海に囲まれた完全な「島」になっていました。そのため、昔はそのせいで命を落としてしまう巡礼者も多かったそうです。

19世紀に島と本土をつなぐ堤防の道路が造られ、島へ安全に渡れるようになりました。ところが、この道路の影響で河口に土砂が堆積して潮の流れが変わり、満潮時でもモン・サン・ミッシェルが島になることはなくなってしまいました。
そこで、本来の島の姿を取り戻すべく、堤防を壊して新しい橋をかけ、土砂を取り除く工事が長年行われてきました。この工事のおかげで、今ではまた満潮時にモン・サン・ミッシェルが島となる荘厳な姿が見られるようになっています。


新しくできた本土と島をつなぐ橋から(イメージ)

★潮位が高くなる、年に数日の「大潮」

普段でも素晴らしい姿を見せてくれるモン・サン・ミッシェル。どうしても島の姿を見たいという方は、春と秋に数日だけやってくる「大潮」の日を狙ってみてください。満潮時の潮位が12.85mを超えると本土と島をつなぐ橋が水没してしまうのですが、大潮の時はこれが13m前後まで上がります。昨年は皆既日食による影響で潮位が14mまで上がる「世紀の大潮」と呼ばれ、多くの人々がその姿を見ようとモン・サン・ミッシェルへ駆けつけました。次にここまで潮位が上がるのはまだ先の2033年ですが、通常の大潮でも十分素晴らしい景観を見られます。
満潮になる時刻はおおむね朝か夜遅めの時間です。多くの人が大潮時の姿を見るために訪れますので、交通手段や宿泊場所の確保をお忘れないよう、十分ご注意ください。


海に囲まれたモン・サン・ミッシェル(イメージ)

現在「夢の休日」ではモン・サン・ミッシェルを訪れるコースがありませんが、8/18(木)に発売する新商品「ファーストクラスの旅」では大潮のモン・サン・ミッシェルを訪れるコースをご用意しました。フランス北西部の風光明媚な名所をめぐる、一押しのコースです。デジタルパンフレットをご用意しておりますので、ぜひご検討ください。

次回も引き続き、モン・サン・ミッシェルの魅力をご紹介していきます。

フランスを訪れるツアー

ロイヤルロード銀座 おすすめ特集

特別チャーター直行便で行くヨーロッパ ラグジュアリーバスで巡る夢の休日 特別企画 JTBロイヤルロード銀座 貸切 夢の競演 三遊亭小遊三と林家たい平 落語会 in 銀座 桜舞う 古都 鎌倉に響く 女神の調べ 桜コンサート at 鎌倉五山第一位 建長寺 法堂

パンフレットラインナップ

夢の休日(海外)パンフレット

【NEW!】ファーストクラス・ビジネスクラスの旅

おすすめツアー

2都市連泊で巡る メキシコの遺跡とカリブのリゾートメキシコシティー・カンクン 7日間【出発決定】
「オークラプレステージ台北」「ザ・ラルー」に滞在台湾で過ごす優雅な休日 5日間
「魅惑の地」ニューメキシコ州を訪ねる【夢の休日FRONTIER】サンタフェとホワイトサンズ国定公園 7日間【出発決定】

人気のキーワード

夢の休日デスクに問合せ(申込メール)

旅行パンフレット請求(資料請求・無料)

サイトの使い方・お申込みの流れ

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB