地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

夢の休日(海外) TOPICS 〜トピックス〜

駐在員が語る フランス〜第6回 フランスの街角から〜
世界遺産モン・サン・ミッシェルの魅力=前半=

今回ご案内するのは、誰もがテレビや雑誌などで一度は目にしたことがあるだろう、フランス北西部にある世界遺産モン・サン・ミッシェルです。

★「島」としてよみがえったモン・サン・ミッシェル クエノン川の河口、イギリス海峡に面したサン・マロ湾に浮かぶ小さな岩山。聖オベール司教が8世紀に大天使ミカエルよりお告げを受け、岩山の上にベネディクト派の僧院が建てられました。その後さらに教会が増築されて現在のモン・サン・ミッシェルの姿が形作られました。
この岩山があるサン・マロ湾は干満の潮位差が大きいことで知られています。干潮時には本土と陸続きに…

「駐在員が語る フランス」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.36 台北からめぐる地方都市の魅力 ― 台湾

羽田や成田から直行便で約3時間半。観光客が増加の一途を辿っている人気の台湾。首都の台北周辺を繰り返し訪れるリピーターが増える一方で、高雄、台南、台中などの地方都市への周遊型旅行で訪れる方も目立って増えてきています。
日本の新幹線のシステムを取り入れた「高速鉄道」の利用で台湾旅行がより便利になっていることも一因です。台湾は日本の九州ほどの大きさしかないため…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

駐在員が語る フランス〜第5回 フランスの街角から〜

前回までは4回に分けてパリ市内の街歩きをご案内してきました。今回からはパリ市内を離れ、フランスの魅力あふれる街をご紹介していきます。まずはパリ近郊の街からスタートしましょう。

★豪華絢爛な宮殿を誇るヴェルサイユ かの有名なヴェルサイユ宮殿は、パリの南西約20kmに位置します。17世紀にルイ14世によって建設されたバロック様式の代表的な傑作建築で、現在は世界遺産に指定されています。
この宮殿を訪れる観光客の数は、年間でおよそ600万人とも700万人とも言われています。ざっくり計算すると、開館中1分あたり40人近くの人が訪れていることに…

「駐在員が語る フランス」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.35 コッツウォルズ地方 ― ロンドンから西へ

ロンドンから西へ、車で約2時間、美しい丘陵地帯が広がるコッツウォルズ地方。「コッツウォルズ」という名は古英語で「羊のいる丘」という意味。緑あふれる中羊たちが姿を見せる、昔ながらの姿が今なお残り、英国の中でも英国らしい景観が楽しめる地域として訪れる人々を魅了しています。
コッツウォルズ地方の範囲は広く、その地域の中、街や村が点在しており、またそれぞれの移動はローカルバス…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

駐在員が語る フランス〜第4回 フランスの街角から〜

関東はすっかり梅雨模様。パリでも先日の豪雨による影響が出ておりましたが、現在は落ち着いております。さて、今回は凱旋門からスタートし、オペラ・ガルニエまでのエリアをご案内します。

★パリのもう一つのシンボル・凱旋門 パリのシンボル・エッフェル塔から歩くこと40分ほど、もう一つのシンボル・凱旋門が見えてきます。凱旋門はシャルル・ド・ゴール広場の中心に建っており、5車線のロータリーがぐるりと門を囲んでいます。ロータリーからは12本の美しい並木道が放射状に伸びており、上空から見た形になぞらえて「エトワール(=フランス語で星)広場」と呼ばれていました。そんな綺麗な名前とは裏腹にこの広場は…

「駐在員が語る フランス」つづきはこちらから»

駐在員が語る フランス〜第3回 フランスの街角から〜

ゴールデンウィークも終わり、東京は梅雨入り前のひとときの清々しい気候が続いています。ヨーロッパも暖かくなり、いよいよベストシーズンに突入です。今回はパリ市内左岸を中心にご紹介します。

★学生の集う文教地区 カルチェ・ラタン パリ左岸の5区は名門ソルボンヌをはじめとして、多くの学校が集まっています。古くから大学のあったエリアで、ラテン語が話されていたことから「ラテン地区(=フランス語でカルチェ・ラタン)」と呼ばれるようになりました。
このエリアは学生街らしく本屋や小さな映画館が集まっています。近年は日本のポップカルチャーもたいへん人気で、マンガも数多く売られています…

「駐在員が語る フランス」つづきはこちらから»

新パンフレット公開【2016年9月〜3月出発】ツアー発表!年末年始出発もお見逃しなく!

年末年始をはじめとした、9月〜3月出発の夢の休日海外ツアーパンフレットを公開しました。
ヨーロッパ・アメリカ・中南米・オセアニア・アジア・中近東・アフリカを訪れるツアーは全53種。

<6/9(木)11:00 予約受付開始!>

人気の年末年始に確実に旅に出るなら、早めのチェックとお申込みをおすすめします。

夢の休日デスクいちおしのおすすめツアーを、Webサイトだけでひと足先にご紹介します。

夢気分の街歩きVOL.34 アイスランド ― 遥かなる‘火の国’へ

北大西洋のほぼ中央に位置し、ヨーロッパではイギリスに次ぐ面積の島国で、北海道と四国を合わせたよりも一回り大きい
日本からは遥か北のアイスランド。その歴史はあまり知られていませんが、9世紀にノルウェーから逃れてきた北欧民族、いわゆるヴァイキングが移住して建国したのが始まり…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

駐在員が語る フランス〜第2回 フランスの街角から〜

Bonjour! 今年のゴールデンウィークも終盤にさしかかりましたが、いかがお過ごしでしょうか。前回に引き続き、みなさまをパリの街へご案内します。

★夏の風物詩 パリ・プラージュ マレ地区近くのセーヌ河岸には、毎年夏のバカンスシーズンになると即席のビーチが作られます。その名も「パリ・プラージュ(=海岸)」。砂が敷き詰められてヤシの木が植えられ、デッキチェアやシャワー、カフェなどの施設が並び、ちょっとしたリゾートのような雰囲気になります。都心でリゾート気分なんて…

「駐在員が語る フランス」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.33 リスボン――大航海時代の面影残る古都

イベリア半島中部、スペインに端を発するタホ川は、ポルトガルで「テージョ川」と名前を変えて大西洋に注いでいます。ポルトガル南部に位置する首都リスボンはこのテージョ川の右岸に開けた古都で、ヨーロッパ最西端の首都でもあります。石畳の道路や行き交う路面電車など、素朴で趣ある街並みが美しいことで観光客に人気の街です…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

駐在員が語る フランス〜第1回 フランスの街角から〜

JTBパリ支店に勤務していた夢の休日デスク山本が、パリやフランス各都市の魅力をご紹介!
ガイドブックには載っていない、実際に暮らして、見て、歩いたからこそのフランスの今をお話します。

★「花の都」パリ パリ発祥の地は、現在ノートルダム大聖堂などがある、セーヌ川の中州にある小島・シテ島だと言われています。ヨーロッパの多くの都市に見られるように、パリの街もその昔は城壁に囲まれていました。城壁は数回に分けて外へ外へと拡張していき、やがて今のパリ市を形成しました。城壁のあった場所は、現在ではペリフェリックと呼ばれる…

「駐在員が語る フランス」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.32 帝都の輝き サンクトペテルブルク

夏にも、冬にも、一年中訪れたい国 ロシア

ロシアは日本のお隣、ユーラシア大陸の北東部を占め、その面積は1,700万km2を超え、世界最大にして、日本のおよそ46倍を誇る広大な国。
地球上の居住地域の8分の1を占め、東西に長いため標準時を11も有しています…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.31 ストックホルム

フィヨルド、オーロラ、ノーベル賞授賞式、デザイングッズ、福祉やエネルギー先進国・・・
日本人が「北欧」と聞いて抱くイメージは様々ありますが、昨今は他国に比べ治安の安全なイメージも手伝って、人気が更に急上昇しています。夏に訪れると日照時間も長く、深夜近くの時間帯でもまだ明るくて不思議な感覚に襲われます…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.30 絶景が待つアルプスの一軒宿
山岳ホテル・ゴルナーグラート・クルム

スイスには100年以上前からアルプスの絶景の中に建つ「山岳ホテル」と呼ばれる宿泊施設があります。その多くがアルプスを見渡す山頂または山腹、大自然に囲まれた価値ある‘一軒宿’として存在し、そこから気高く聳える山々の絶景をすぐ間近でお楽しみいただけます。アルプスに抱かれての宿泊はまさに非日常そのもの。夢の休日は、なかなか確保の難しい山岳ホテルに泊まるコースをご用意しました…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.29 スイスが世界に誇る絶景列車 ― 氷河特急

スイス南部のツェルマットとサンモリッツのアルプス二大リゾートを繋ぐ伝統のスイスアルプス横断ルートを走るのが氷河特急です。 7つの渓谷、291の橋、91のトンネルを抜けて走る約8時間の絶景の旅です。全長は約280km、世界で最も遅い特急とも言われ、名峰や美しい森、緑豊かな牧草地、山間の急流や渓谷などが次々と車窓に展開する絶景の連続です。2006年からは新型の車両が導入され…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.28 氷河が迫る絶景の世界鉄道遺産
レーティッシュ鉄道ベルニナ線

2008年7月、スイスが世界に誇る鉄道網のひとつ、レーティッシュ鉄道ベルニナ線が世界鉄道遺産に登録されました。鉄道の世界遺産登録は世界初の山岳鉄道として知られるオーストリアのゼメリング鉄道、インド東部の「ダージリン・ヒマラヤ鉄道」、そしてこのスイスのベルニナ線の3個所だけ…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.27 アルプスに囲まれた静かな渓谷リゾート
ツェルマットから名峰マッターホルンへ

スイス南部、イタリアとの国境近くに位置するマッターホルン。この名峰を望むために訪れる麓のリゾート地がツェルマットです。標高約1,620mのこの街は、アルプスの名峰観光はもちろん、夏はとりわけ登山、冬ならばスキーで世界中から観光客が押し寄せます。名峰マッターホルンを望む視界を大気汚染から防ぐため、ガソリン車の乗り入れが全面的に禁止され…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.26 ヨーロッパ・アルプス最高峰モンブランを望む
標高3,842mの展望台「エギーユ・ドゥ・ミディ」へ

スイスを訪れるツアーでは一般的に「3大名峰」、「4大名峰」というタイトルを目にします。ヨーロッパ・アルプスは東はオーストリア、スロベニアから西はフランスに至る多くの国々を跨る山脈ですが、中でもモンブランやマッターホルン、ユングフラウなどが必見の名峰に数えられ、多くのツアータイトルにその名前が刻まれます。…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.25 アルザスワイン街道の珠玉の街 コルマール

アルザスワイン街道の中心的な存在で「アルザスワインの首都」とも呼ばれるコルマールの街歩き
アルザスはボルドーやブルゴーニュとならぶ、フランスを代表するワインの産地。 アルザスワイン街道はフランス北東部に位置し、北はストラスブールの西に位置するマーレンハイムから、南はコルマール近くのタンまで、約170kmの長さにわたります…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.24 世界遺産トレド

今秋から直行便復活で再びスペインブームに期待
ヨーロッパの中でも独特な文化が香る国スペイン。その地理的環境から歴史上様々な民族や物資が往来してきました。
スペイン旅行での楽しみは歴史遺産、名画が並ぶ美術館・博物館の訪問はもちろん、ラ・マンチャの大地に代表される大自然を味わうことも魅力のひとつ。更に忘れてはならないのが「食」です…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.23 中世の宝石箱 - ローテンブルク

ロマンチック街道のハイライト、ローテンブルク。
町の正式名称はローテンブルク・オプ・デア・タウバーで、タウバー川の上の方にあるローテンブルク、という意味です。旧市街は今でも中世の建物が残り、その美しい街並みから「中世の宝石箱」とも呼ばれています。面積が41平方キロメートルと小さく、街歩きには絶好の街です。…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

<2016年 ゴールデンウィーク&お盆出発 海外ツアー>
好評ご予約受付中!!

一部先行発表ツアーに加え、ゴールデンウィーク、お盆出発の<ヨーロッパ><中近東/アフリカ><中南米><アジア><アメリカ><ニュージーランド>のツアーのご用意ができました。

■ おすすめ1 ヨーロッパアルプス横断紀行15日間

巨大山脈「アルプス」は、東はオーストリアから南西端のフランスまで7カ国に跨り、ドナウ川、ライン川、ローヌ川等の大河の源にもなっています。最高峰のモンブランをはじめ、4,000メートル級の絶景の山々や氷河、麓に点在する12リゾートを15日間で一度に巡る限定企画です。

■ おすすめ2 イエローストーンとグランドティートン8日間

間欠泉や色鮮やかな温泉が有名なイエローストーン、山・湖・森が美しい景観を作り出すグランドティートン国立公園などの大自然をめぐる新コース!アメリカを代表する山パイクスピークへは登山列車で往復し、天気が良ければコロラドロッキーの壮大な景色をお楽しみいただけます。

■ おすすめ3 ライン川クルーズとロマンチック街道8日間

ドイツ観光のハイライトを巡る新コース。伝説の舞台ローレライを見ながらのライン川クルーズ、「中世の宝石箱」と呼ばれるローテンブルク、白亜の城ノイシュバンシュタイン城へとご案内します。2015 G7エルマウ・サミットが開催されたリゾートホテルの宿泊も旅のポイントです。

ご利用フライト、ホテル、お食事のひとつひとつを吟味して作り上げた“豊かな時を刻む旅”のこだわりはそのままに、国内線特別代金プランや関空発着など、ご利用いただきやすくなった夢の休日で、ゆったりと贅沢な海外旅行をお楽しみください!

ツアー検索はこちら»

夢気分の街歩きVOL.22 スイスの名峰 ユングフラウ三山を歩く

夏のスイスに、絶景のアルプスを訪ねる
ヨーロッパの中央内陸部、ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、リヒテンシュタインなどに囲まれた永世中立国。首都は北部に位置するベルンで、旧市街は世界遺産に登録されています。日本からの出入口は北の玄関口がチューリヒで、東京(成田)とは約12時間で直行便が結ばれています…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

2016年 春・夏のヨーロッパ&ニュージーランド 予約受付中!

ゴールデンウィークとお盆のツアーの一部を先行発表!

人気のシチリアや、ベストシーズンのスイスをはじめとした全12のツアーを、例年より早く企画しました。

  • 往復のフライトはビジネスクラス
  • 各地の名門・豪華ホテルをセレクト
  • 多彩な味覚、洗練されたお食事をご用意

素材ひとつひとつを吟味して作り上げた“豊かな時を刻む旅”のこだわりはそのままに、2016年の夢の休日は、ここが変わります!

      【1】国内線特別代金プランをご用意!(※) 東京以外の各都市からもご参加いただきやすいように、札幌・名古屋・大阪(関空・伊丹)・福岡の各空港から、成田・羽田までの航空券を特別代金でご用意します。
      【2】関空発着プランをご用意(※) 東京(成田・羽田)発着プランの一部で関空発着プランを選択いただけます。
      【3】お席のご希望を承ります! 航空座席の「前方」「後方」「窓側」「通路側」のご希望を承ります。(確約は致しかねます)
※一部ツアーに適用。全てのツアー、プランでお受けできるわけではございません。

人気のゴールデンウィーク、お盆のシーズンに確実に旅に出るなら、今がチャンス!
ツアーの一覧はこちら»をご覧ください。

夢気分の街歩きVOL.21 アフリカ南部

世界三大瀑布ビクトリアの滝、野生動物サファリ、喜望峰・・・大自然溢れるアフリカ南部へ
アフリカ大陸最南端で南半球に位置する南アフリカは、かつては人種差別や植民地という苦難の時代を乗り越え、今、劇的に変化を遂げ、2012年にはサッカーのワールドカップも開かれ、注目度は更に高まってきています…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.20 ヴァレッタの散策

地中海、イタリアの南に浮かぶマルタ島。
地中海の中央部にあり、太古の時代から海上交通の要衝としての役割を果たしてきました。そのため、多くの民族や文明が行き交い、多くの遺跡や文化が残されています。謎に満ちた巨石神殿、中世の要塞都市、そして豪華絢爛な大聖堂など、小さな島の中に多くの見どころがある国です…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.19 台北の休日

歴史史跡あり、グルメあり、ショッピングも・・・今、一押しの台湾へ
東京から直行便で約3時間半。今、近くて、安心して旅行ができるアジアの国として、一番人気なのが台湾です。九州よりやや小さい面積ながら、緯度的には日本の琉球諸島とほぼ同じで、特に与那国島とは直線距離で約110kmという近さにあります…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.18 ハバナの休日

カリブ海の真珠 今、激動のキューバに注目
カリブ海に浮かぶ東西に細長い国キューバは、1492年のコロンブスの航海により「発見」され、スペインによる征服から歴史が始まっています。本島の他に1600余りの島や岩礁があり、カリブ海では最大の島となします。スペイン人によるキューバの植民地化で、砂糖産業、奴隷貿易を盛んにし、やがてスペインと中南米中継地点として著しく発展を遂げることとなり…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.17 ニューオリンズの街歩き

アメリカ南部ルイジアナ州のニューオリンズ。
アメリカ最長のミシシッピ川の河口に広がる街で、フランスとスペインそしてアメリカの文化が融合した文化が息づく、多様な魅力を持っています。

ジャズ発祥の地として知られ、毎晩数多くのミュージシャンたちが演奏をしている音楽の都。またクレオール料理やケイジャン料理などで知られるグルメの街。フレンチクォーターを代表する南欧の香り漂う歴史的な街並み、世界最古の現役の路面電車、セントラル・ビジネス・ディストリクトには高層のビル、郊外には南北戦争以前に作られた…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.16 マラケシュの休日

北アフリカの北西に位置し、東にはアルジェリア、南に広大なサハラ砂漠、北にはジブラルタル海峡を挟んでスペインとはわずか14kmほどの距離にあるモロッコ。
フェリーでもスペインからは1時間弱の距離であることから、歴史上はフランスの植民地であった時代やスペインに統治されていた時代もあり、その名残で今でもモロッコ領内にはスペインの飛び地がいくつも存在するという不思議な国です。
かつて「カサブランカ」とい映画によりその名が知れ渡り、日本人の中にも一度は訪れたいと憧れを抱く方は多いと思います…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.15 パレルモの休日

シチリア島に、イタリア国内51番目の世界遺産が誕生!
シチリアの州都パレルモはローマやミラノから国内線で約1時間。元々、フェニキア人によって築かれたとされ、その地理的環境下から数々の民族、文化の「十字路」となってきました。やがてギリシャ人の航海者や商人との交流も盛んになり、9世紀にはイスラム勢力が北アフリカから侵入、パレルモは一時陥落、シチリア全土がイスラムの手に落ち、後に絢爛たるイスラム文化が花開くことになります…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.14 “失われた空中都市”マチュピチュ

“失われた都市”と呼ばれる空中都市マチュピチュ。
南米ペルーにあるこの世界遺産の遺跡は、世界に数ある世界遺産の中でも有数の魅力を持つ、まさに訪れる価値のある場所です。

インカ帝国によって築かれたマチュピチュ遺跡は標高2,400m、急進な山と山を結ぶ尾根の上に建っています。16世紀前半スペイン軍はインカ帝国を…

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.13 光と影 歴史薫るスペインへ

ユーラシア大陸の西、イベリア半島に位置する情熱の国スペイン。
東西約1,100km、南北約1,000kmのほぼ方形をなし、緯度的には北は北海道から南は関東とほぼ同緯度にあたります。北西部を大西洋に、南東部を地中海に囲まれ、半島の付け根には標高3,000mを越えるピレネー山脈によってフランスと接しています。そして南端部は最狭部が約14kmのジブラルタル海狭でアフリカ大陸と対峙していますが、このことがスペインの歴史に多大な影響を及ぼしました。

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.12 自然美を体感! ミルフォードサウンド

南半球、太平洋の南西に位置するニュージーランド。
日本の約7割の国土面積に、人口は約400万人。手つかずの大自然が広がり、ゆったりとした時が流れる中、リラックスできる環境にあふれています。
美味しい食事、質の高いワイン、穏やかで親切な人々、そして治安も比較的よいため、多くの旅行者を惹きつけている国ですが、何と言っても一番の魅力は壮大かつ美しい自然の景観です。

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.11 ユーラシア大陸‘西’果ての地 、ポルトガルの今昔

カステラ、天ぷら、カッパ、ボタン、カボチャ、おんぶ…日常使われている日本語の中にポルトガル語源の言葉が多く使われているのをご存知でしょうか?
1543年日本の種子島に初めてやってきた最初の西洋人はポルトガル人でした。 以来、言葉はもちろん様々なものが遥か12,000kmもの彼方から運ばれては根付き、今日に至っています。

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから≫

夢気分の街歩きVOL.10 ビスケー湾の真珠サン・セバスチャン 美食の街を歩く

スペインの北東部の街、サン・セバスチャンは「ビスケー湾の真珠」とも呼ばれる美しい街。
スペイン王妃マリア・クリスティーナが夏の別荘を建てて以来、王族の避暑地として注目されました。ピンチョス発祥の地であり、そして、人口18万程度の小さな街にミシュラン星付きレストランが9件、人口1人あたりのミシュラン星付きレストランの数は世界一で、まさに美食の街としても有名です。

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

夢気分の街歩きVOL.9 郷愁漂う、歴史ある街並みを歩く ― ベトナム

中国、ラオス、カンボジアと国境を接し、北に首都のハノイ、南に最大の商業都市ホーチミンを抱え、南北約1,700キロの細長い特徴ある国土のベトナム。
日本からはハノイ、ホーチミンと中部の都市ダナンに直行便が就航していて、東部の海岸線にはビーチリゾートや世界遺産が点在し、ベトナムは年々人気を高めています。

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

2015年10月以降のツアー予約受付スタート!
年末年始のご旅行はお早めにご検討ください!

年末年始と2016年3月の連休利用のツアーを中心とした、新しいパンフレットのご用意ができました!
夢の休日デスクが特におすすめするツアーをご紹介します!

メルボルンとブルーマウンテンズ8日間

有名なワインの産地ヤラバレー、美しい街メルボルン、オーストラリアの大自然を体感できるブルーマウンテンズへご案内。 ブルーマウンテンズではオーストラリアを代表する豪華リゾート『エミレーツ ウォルガンバレー リゾーツ&スパ』に宿泊します。

プロヴァンスとコートダジュール8日間

アヴィニヨンに2連泊、モンテカルロに4連泊して、フランスとモナコの美食をお楽しみいただくツアー。 アヴィニヨンではトリュフ狩り見学の後、旬のトリュフをふんだんに使ったランチをご賞味いただきます。

アンコールワット・ホーチミン紀行6日間

アンコールワット・バンコク紀行6日間

クメール王朝の至宝アンコールワット。言わずと知れたアジア随一の世界遺産です。2016年の初日の出は、悠久のアンコールワットでご覧になりませんか?

すべてのツアーをチェック!»

「夢の休日」ならではのとっておきの街をご紹介。

夢気分の街歩きVOL.8 ドイツ古典主義文化の聖地 ワイマール

ロマンチック街道や古城街道と並ぶドイツで名高いゲーテ街道はフランクフルトからアイゼナハ、ワイマール、イエナ、ライプチヒへドイツを東西へ結んでいる観光街道。
ワイマールはゲーテがその生涯の大半を過ごした、ゲーテ街道のメインの街です。ゲーテは60年近くワイマールに住み、『ファウスト』をはじめ、ほとんどの作品をここで書きあげました。そしてニーチェ、シラー、バッハといった数多くの文化人が集い、ワイマールはドイツ古典主義文化の聖地となりました。

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

「夢の休日」ならではのとっておきの街をご紹介。

夢気分の街歩きVOL.7 絶景のヨーロッパ・アルプスの山岳リゾートを歩く
〜オーストリア・チロルからスイス・エンガディン地方〜

東はドイツ南部、オーストリア・チロルから西へスイス、イタリア、フランスの5カ国におよぶ絶景のヨーロッパ・アルプス。そして麓の各地には、宝石のように点在する山岳リゾートがあります。
冬季オリンピックも行われたオーストリア・チロルの玄関口、インスブルック付近から国境を接するドイツ南部にまたがり、癒しの静かな村がひっそりと息づいています。

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

「夢の休日」ならではのとっておきの街をご紹介。

夢気分の街歩きVOL.6 ブルゴーニュ地方 ディジョンを歩く

パリ南東部にあるブルゴーニュ地方は、ボルドーと並ぶフランスワインの銘醸地です。
ブルゴーニュ地方の北から南に連なるブドウ畑沿いには中世から残る街並み、ブドウ畑の景観、絵のような小さな村々など、風景は変化に富み、その珠玉のワインと豊かな大地の生み出す郷土料理と共に、訪れる人々を魅了しています。

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

「夢の休日」ならではのとっておきの街をご紹介。

夢気分の街歩きVOL.5 クロアチア アドリア海を望む城郭都市を歩く

アドリア海を挟んでイタリアと対峙する国クロアチア。
かつてはベオグラードを首都とするユーゴスラビアという連邦国家の一つでしたが、内戦で分離独立。アドリア海沿いに約5,800kmの海岸線を有し、風光明美な国立公園をはじめ、歴史遺産や豊かな自然に恵まれています。

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

「夢の休日」ならではのとっておきの街をご紹介。

夢気分の街歩きVOL.4 鷲の巣村 エズ

ニースとモナコの中間に位置する「鷲の巣村」エズは、この地域を訪れた時には、ぜひとも訪れたいポイント。
コートダジュールやイタリアなどにある「鷲の巣村」は、鷲が山や崖の上など、他の動物が近寄れないところに巣を作る様と似ていることからつけられたと言われています。

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

「夢の休日」ならではのとっておきの街をご紹介。

夢気分の街歩きVOL.3 大自然と共生する国 モンゴルでふれあいの旅

大草原、大河、そして大空――。
西は海抜3,000メートルを越える高原地帯が広がり、南は延々と続くゴビ砂漠が覆い、大自然が今も手つかずで存在し、そこで共生する人々・・・
成田からわずか5時間半のフライトで辿りつける大自然の宝庫・モンゴル。大陸性気候で年間を通じて雨の少ない乾燥している国ですが、間もなく7月〜8月のほんの短いベストシーズンを迎えます。

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

「夢の休日」ならではのとっておきの街をご紹介。

夢気分の街歩きVOL.2 ミディ運河の休日(フランス・カルカソンヌ)

南仏のヴァカンスを堪能!
城壁の街カルカソンヌと世界遺産ミディ運河のミニクルーズ

フランス南西部カルカソンヌは中世の面影を残す城壁の街。城壁は3〜4世紀から造られ始め、増築が繰り返され、二重に城壁がめぐらされたヨーロッパ最大規模のシテ(城塞都市)となりました。1997年に世界遺産の登録されたシテは、夜にはライトアップされ、イルミネーションによって浮かび上がります。

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

「夢の休日」ならではのとっておきの街をご紹介。

夢気分の街歩きVOL.1 エリチェの休日(イタリア・シチリア島)

イタリアの新しい魅力を探訪!
異文明が交錯した地中海最大の島・シチリア島

イタリアの州の中で最大面積を誇り、年間を通じて温暖な気候で知られるシチリア島。北ヨーロッパからはその気候に魅かれて訪れる人々が絶えず、地理的環境から長い歴史の中で民族の交流や物資の往来が盛んに行われてきました。面積は日本の四国の約1.4倍ほどで、州都はパレルモ。ローマやミラノの大都市から国内線航空機で約1時間の距離です。

「夢気分の街歩き」つづきはこちらから»

パンフレットラインナップ

夢の休日(海外)パンフレット

【NEW!】ファーストクラス・ビジネスクラスの旅

おすすめツアー

東アルプス散策 南ドイツからチロル・スイスへオーストリア・チロルと黒い森・マイナウ島花紀行 8日間
「オークラプレステージ台北」「ザ・ラルー」に滞在台湾で過ごす優雅な休日 5日間
「魅惑の地」ニューメキシコ州を訪ねる【夢の休日FRONTIER】サンタフェとホワイトサンズ国定公園 7日間【出発決定】

人気のキーワード

夢の休日デスクに問合せ(申込メール)

旅行パンフレット請求(資料請求・無料)

サイトの使い方・お申込みの流れ

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB