地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

ライブ 旅のコラム

ライブデスク・プランニングマネージャー山本直幸が旅のコラムをお届けします。

故郷に別れを告げた教会

ザンクト・ペーター教会  教会国家だったザルツブルクには、数多くの教会がありますが、一番重要な教会である大聖堂に隣接している巨大な建物群が、モーツァルトにもゆかりのあるザンクト・ペーター修道院です。その歴史は696年まで遡りますが、教会の建物は9世紀に建てられました。火災で倒壊後、12世紀にロマネスク様式で再建され、17世紀には現在のようなバロック様式の建物に改築されました。
 1769年、モーツァルトは、後に修道院長になる幼なじみのドミニクス(生家の家主ハーゲナウアー家の4男)が、修道院に入って最初に行うミサのために、通称「ドミニクス・ミサ」を作曲しています。そして1783年、ウィーンからザルツブルクへ帰郷した際に、旅行鞄に大切にしまっておいた未完の大作「ハ短調ミサ」が、初演されたのもこの教会です。

 父と姉の承諾を得ぬままコンスタンツェと結婚したモーツァルトは、冷え切ってしまった親子、姉弟の関係を何とか修復したいという願いから、長男誕生という嬉しい知らせをお土産に、里帰りを決意しました。ザンクト・ペーター教会約3ヶ月のザルツブルク滞在中の様子は、あまりよく知られていませんが、喧嘩別れしていた大司教が、モーツァルトの帰郷を黙認したこともあり、旧友たちと楽しく過ごせたに違いありません。意欲的に作曲にも取り組みました。例えば大司教から依頼された曲を病気で作曲できずに困っていた友人、ミハエル・ハイドンを助けるために、2曲のヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲をわずか数日で書き上げたとか、ウィーンに戻る途中立ち寄ったリンツで、急遽出演することになった演奏会のために交響曲「リンツ」をわずか4日間で作曲したとか、モーツァルトの天才ぶりを伝えるエピソードも残っています。

 ザルツブルクを発つ前日の10月26日、モーツァルトは、宮廷楽団の応援も得て、ソプラノのパートを歌うコンスタンツェの晴れの舞台を演出するかのように、自ら指揮をして「ハ短調ミサ」を演奏しました。結局これがザルツブルクとの別れの演奏会になります。その後モーツァルトは、二度とザルツブルクの地を踏むことはありませんでした。父と姉との関係修復という願いも実らなかったようで、4年後に亡くなった父の葬儀にも出席せず、モーツァルトより長生きした姉と再会することもありませんでした。
 この教会では、毎夏音楽祭の人気公演として「ハ短調ミサ」が演奏されています。
余談ですが、この教会に隣接するレストラン「ザンクト・ペーター」は、ヨーロッパ最古のレストランといわれています。

ページトップへ戻る

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB