地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

ライブ 旅のコラム

ライブデスク・プランニングマネージャー山本直幸が旅のコラムをお届けします。

復興のシンボル

ドレスデン聖母教会 1945年2月13日から14日にかけての空爆で、古都ドレスデンは一夜にして灰と化してしまいました。1726年〜43年に建てられたドレスデンのシンボル、聖母教会も延焼し、36時間後の2月15日午前10時頃、高熱により丸天井が崩落して倒壊しました。200年間バロックの美しい街並みの象徴だった建物が失われてしまったのです。
戦後東ドイツ時代には再建されず、戦争の悲惨さを伝えるモニュメントとして瓦礫のまま放置されていましたが、東西ドイツ統一後、一気に再建への機運が高まりました。そして1993年に瓦礫の調査を開始し、26000トン、64000個の瓦礫を整理して、1994年に礎石、1996年に再建工事が開始されました。歴史的建造物の原状復元による再建には、「世界最大のジグソーパズル」といわれるほどの困難な作業に最新のコンピュータ技術が活用され、全体の約45%の古いオリジナルの石が元の位置に戻されました。外壁のいたるところに黒ずんだ石が見られますが、それは8425個の中、外壁部分だけで7110個が再使用されているからです。
また内部の最重要ヶ所である祭壇部分は、破壊された約80%にあたる1642個のオリジナルの材料が元の位置に使われました。
祭壇とジルバーマン・オルガン オルガン製作者として名高いジルバーマンの最高傑作といわれるパイプオルガン(67ストップ/4876本)も見事に復元され、2005年10月30日に聖母教会の再建工事は終了しています。 再建費用総額1億8000万ユーロの中、約1億ユーロは世界中からの寄付で賄われました。 実に10年の歳月を費やした世紀の復興事業は、破壊された古都ドレスデンの復興のシンボルでもあるのです。
聖母教会内部 ちなみにジルバーマンと親交のあったバッハは、1736年にオルガンが完成したときに試奏に訪れ、1739年までに幾度となく歴史に残る演奏会を行っています。再建後の音響も素晴らしく、オルガン演奏会だけでなく、オーケストラや室内楽の演奏会も頻繁に催されています(約3600人収容)。ゼンパー歌劇場(1548年創始のオーケストラ、ドレスデン・シュターツカペレが演奏を担当、ワーグナーの「タンホイザー」やR.シュトラウスの「ばらの騎士」が初演された世界屈指の名門歌劇場)と並び、ドレスデンで最も重要な音楽イベント会場でもあります。

教会の高さは91.23m、外部円蓋の高さは23.75m、直径は26.15m、内部中央の円天蓋までの高さは37.78m、長さ(東西)は50.02m、幅(南北)は41.96m。360度見渡せる67mの高さまで上ることができるので、天気の良いときにはお勧めのスポットです。

※ライブデスクは、エルベ河畔の美しい街の光景が復活した魅力的な街ドレスデンを訪れるコースを企画しています。

ドレスデン全景 聖母教会(左)とゼンパー歌劇場(右)

ページトップへ戻る

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB