地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

ライブ 旅のコラム

ライブデスク・プランニングマネージャー山本直幸が旅のコラムをお届けします。

「戴冠式ミサ」ゆかりの教会?

マリア・プライン巡礼教会 約1000年続いた大司教統治下の教会国家ザルツブルクで宮仕えの身であったモーツァルトは、当然のごとく教会音楽を数多く作曲しました。モーツァルトの全作品の1割以上がミサ曲などの教会音楽ですが、そのほとんどがザルツブルクで作曲されています。
1771年、2度目のイタリア旅行から戻った後、モーツァルトに寛大だったシュラッテンバッハ大司教が亡くなり、翌年、モーツァルトの仕える君主がコロレード大司教に代わりました。この交代は、モーツァルトの処遇にも大きな変化をもたらしました。有給のコンサートマスターになったものの、特に優遇されたわけでもなく、単なる召使い同然の扱いを受けるようになりました。そしてモーツァルトにとって何よりも耐え難かったのは、今までのように父子での旅行の許可が得られなくなり、狭い田舎町から外へ出られなくなってしまったことです。モーツァルトは、3度目のイタリア旅行の後、1773年3月から約4年半の間、ウィーンとミュンヘンへ短い旅に出ただけで、ひたすら作曲に励むこととなります。見聞を広め、感性を磨くことのできたイタリア旅行で得たものは余程大きかったのでしょう。このザルツブルクに閉じ込められた間に、約120もの作品が作曲されています。
ミサ曲は規模が大きい割には、モーツァルトの作品の中であまり目立たない存在ですが、1779年、パリへの大旅行から戻った後に作曲された通称、「戴冠式ミサ」は、まさにザルツブルクで書いた教会音楽の集大成とも言える大作です。「戴冠式ミサ」という名で呼ばれているのは、長年ザルツブルク近郊にあるマリア・ブライン巡礼教会の聖母マリア像に対する戴冠の式典のために作曲されたと伝えられていたからです。しかし作曲した日と初演された日の間隔が空きすぎていること、大規模ミサ曲を演奏する奏者の入るスペースが小さすぎることなどから、このミサ曲がマリア・プライン巡礼教会のために書かれ、初演されたという説が疑問視されるようになりました。そして今ではモーツァルトがこの教会のために作曲したのは、1774年のヘ長調ミサであり、「戴冠式ミサ」は大聖堂での復活祭式典のために作曲されたというのが定説になっています。
マリア・プラインが巡礼地になったのは、1633年、30年戦争時の火災の中から奇蹟的に無傷で残ったという聖母マリア像がもたらされたことに由来しています。1751年、主祭壇に飾られたその聖母像の戴冠が祝されて以来、毎年戴冠の式典が行われるようになりました。
市内からは少し距離がありますが、ミサが行われる日曜・祭日にザルツブルクを訪れる機会があれば、「戴冠式ミサ」ゆかりの教会とは言えなくなってしまいましたが、モーツァルト一家がミサのために何度も通ったマリア・プライン巡礼教会まで足を運んでみてはいかがでしょう。ザルツブルク市内を一望できる素晴らしい眺めも見逃せません。

ページトップへ戻る

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB