地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

ライブ 旅のコラム

ライブデスク・プランニングマネージャー山本直幸が旅のコラムをお届けします。

実在の人物ではないけれど・・・

テル像 ヨーロッパを旅していると、伝説上の人物の話をよく耳にします。スイス中部に広がるルツェルン湖(正式名は、「四つの森の国の湖」)周辺には、スイス建国にまつわる伝説があります。
現在のスイス連邦は、26のカントン(州)から成っていていますが、その歴史は1291年まで遡ります。同年、スイスの建国日にもなっている8月1日にスイス三原州と呼ばれているウーリ、シュビーツ、ウンターヴァルデンの三つの州が、ルツェルン湖畔のリュットリの野という所で「スイス誓約同盟」を結び、独立の基盤ができあがりました。その後、1353年に8州、1513年に13州と次第に連邦加盟州が増え、1848年に22州から成る「スイス連邦」が誕生しています。
さて、当時三原州のウーリ代表だったと伝えられているのが、ウィリアム・テルです。伝説では、テルがハプスブルクの代官ゲスラーを倒し、それがきっかけで民衆が立ち上がり、ハプスブルク家支配から開放されたとされています。息子の頭の上のリンゴを弓で射るという話はあまりにも有名ですが、このテル伝説自体は、15世紀に生まれ、長年、史実に基づく物語と信じられていました。19世紀に入って、研究者が古文書を調べた結果、テルもゲスラーも存在しなかったことが確認されています。しかし現在でもテルが実在の人物であったと信じている人はいるようです。自由を尊び、権力に屈しなかったテルはスイス人そのものだからです。現在も永世中立国として独自の生き方を選択し、異なった言語や人種の壁を越え、スイス人として共有している独立精神の起源は、たとえ実在の人物でなくても、テルの存在の中に宿っているに違いありません。
テル像 ところでテル伝説を世界的に有名にしたのは、劇作家シラーの戯曲「ウィリアム・テル」です。シラーは、スイスを訪れたことはなく、イタリア旅行の途中にスイスに立ち寄ってテル伝説を耳にした親友ゲーテから話を聞いて書き上げたといわれています。
またロッシーニは同名のオペラを作曲しています。上演される機会はあまりないですが、その序曲は単独で演奏されることも多く、とてもよく知られています。
スイスというとまずアルプスの山々を思い浮かべますが、他に類をみない独立の歴史を辿って訪れてみるのも面白いかもしれません。ルツェルン湖の南端のアルトドルフは、テルがリンゴを射たとされる町で、中央の広場にはテル父子の大きな銅像があります。テルの生まれ故郷は、アルトドルフから車で10分ほど行ったところにあるビュルグレンという小さな村で、テルの像、テルの泉、テルの礼拝堂、テル博物館などがあり、アルトドルフ以上にテルを偲ぶことがでいます。
スイスへ行かれる際は、テルの故郷へ足を運んでみてはいかがでしょう。

ページトップへ戻る

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB