地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

ライブ 旅のコラム

ライブデスク・プランニングマネージャー山本直幸が旅のコラムをお届けします。

青い双剣は「本物」の証

ブルーオニオン  ドイツの工芸品の中で最も有名で高価なものといえば、マイセン陶磁器でしょう。1709年、ヨーロッパで初めて白い磁器が作られて以来、その伝統は今日も受け継がれており、マイセンがヨーロッパ磁器の頂点に立ち続けているのは、常に新しい時代の様式と創造性を巧みに取り入れてきたからだと言われています。
 日本ではマイセンより100年ほど前に有田で磁器が作られています。当時は中国や日本の白い磁器がヨーロッパの王侯貴族の憧れの的で、マイセンを支配下においていたザクセン選帝侯フリードリッヒ・アウグスト1世が熱狂的な陶磁器の収集家であったことが、マイセン磁器を生んだと言ってもよいかもしれません。
 フリードリッヒ・アウグスト1世は、一人の錬金術師を探しだし、ドレスデンに呼び寄せました。後に「白い黄金」を作ったヨハン・フリードリッヒ・ベットガーです。彼はベルリンで薬剤師見習いをしながら錬金術を学び、金を作ることができると言いふらし、プロイセン国王の目にもとまりましたが、錬金術師とは、つまり詐欺師、逮捕されることを恐れた彼は、ベルリンから姿をくらましていました。ベットガーが本当に黄金を作れると、フリードリッヒが信じていたかどうかは知るよしもありませんが、ベットガーに研究を強いた結果、その詐欺師がついに黄金にも値する白い磁器の製造に成功したのです。 しかし大きな仕事を成し遂げ、それに見合う報酬を得ることができたはずのベットガーは、製造の秘密が外に漏れることを恐れたフリードリッヒによって、マイセンの丘の上にそびえるアルブレヒト城内に幽閉され、次第に酒に溺れるようになり、ついに廃人同然となって9年後に亡くなっています。
 さて、マイセンの伝統的な模様として有名なのが「ブルーオニオン」という青い玉葱模様です。1739年にさかのぼるこの図柄は、中国の青花のざくろ模様を模倣したものですが、当時ざくろを知らなかった絵付師が、玉葱と勘違いして描いたというエピソードがあります。「ブルーオニオン」の図柄は、水蜜桃、ざくろ、芍薬、竹といった東洋的なものですが、水蜜桃は富を、ざくろは子孫繁栄、芍薬は不老不死、竹は名声を表現していると言われています。
 19世紀後半になると玉葱模様を模倣した偽造品が多く出回るようになったため、1888年からマイセンの高度な技術と最高の品質の証として、竹の幹の部分に青い双剣のマーク(写真)が入れられるようになりました。ちなみに双剣は、ザクセン選帝侯フリードリッヒ・アウグスト1世が紋章に用いていたものです。
 マイセンの磁器工房を訪れると、製造工程を見学することができます。今でも手間と時間のかかる完全な手作りで、「本物」志向の方にはとても魅力的な工芸品でしょう。工房内のショップに立ち寄ると、旅のよい思い出になると自分に言い聞かせ、つい財布のひもをゆるめてしまうのも無理もないのかもしれません。また工房内のレストランではマイセン食器で食事を楽しむことができます。


※ライブデスクは、マイセンの磁器工房を訪れるツアーを企画しています。

ページトップへ戻る

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB