地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

ライブ 旅のコラム

ライブデスク・プランニングマネージャー山本直幸が旅のコラムをお届けします。

ウィーンはワインの都

ホイリゲ 音楽の都、ウィーンがワインの産地だということは意外に知られていないようです。実は世界中の大都市の中で唯一、市内、及びその周辺で大量のワインを生産しているのがウィーンなのです。その歴史も古く、2000年以上も前に先住民族のケルト人がすでにワインをつくっていたと言われています。とはいってもオーストリアのワイン生産高は世界のわずか1%ほどで、9割が自国で消費され、ほとんど輸出されていなので、オーストリア・ワインの知名度も低いわけです。
反面、お隣の国ドイツのワインはとても有名ですが、そもそもワインがアルプスの北にもたらされたのは紀元前のローマ時代、モーゼル川流域でした。ローマ人が伝えたワインづくりの技術は、その後の征服者ゲルマン人には受け継がれませんでしたが、キリスト教の教会儀式に使われることもあり、また教会が運営する慈善施設の資金源にする目的もあり、主に修道僧が熱心にワイン作りをしていました。司教や大司教といった権力者の元には、いつも最良のワインが届けられていましたが、聖職者が出世するためには、ワインの味の分かる舌がなければいけないとまで言われていたほどです。 そこでこんなエピソードが語り継がれています。ある高齢の修道院長と副院長ができたワインの酒利きをしていると、一方が何か革の味がすると言い出すと、もう一方が、いや、鉄の味がすると言い出してお互いに譲ろうとはせず、ついに一樽空けてしまいました。そして樽を割ってみると、中から革ひものついた鉄製の鍵がでてきたので、老いても舌だけは衰えていないことを知った二人は、大いに喜んで、もう一樽空けて酔いつぶれてしまったとのことです。
ベートーヴェン住居 ウィーンを訪れるとよく耳にするのが「ホイリゲ」という言葉です。「今年」を意味する「ホイヤー」が語源で、特にウィーンに多いワイン専門の居酒屋の総称です。18世紀末、皇帝ヨーゼフ2世が自家農園のブドウを自家でつくったワインに限り、直販してもよいという法令を出して以来、多くの農家が直接市民にワインを売るようになりました。そして中庭などにテーブルとベンチを置いて、つまみ程度の食べ物も出すようになり、ホイリゲの伝統が始まりました。現在では、当年産のワインである「ホイりゲ・ワイン」ばかりでなく、夕方からはアコーデオンやヴァイオリンによるシュランメル音楽の生演奏、家庭的な郷土料理も楽しめるようになっています。 ちなみにオーストリア・ワインの約80%は白ワインですが、適度な酸味があって、口あたりがよく、芳しい後味を残すグリューナー・ヴェルトリーナという品種が、典型的なホイリゲ・ワインです。
ホイリゲの目印は、店先に逆さに吊してある赤松の枝の束で、中の電球で灯されていれば営業中ということになります。ホイリゲでは、ブドウの収穫後に樽詰めにした「モスト」と呼ばれるブドウジュースだけでなく、すぐに発酵を始めて発泡性の強い濁り酒となった「シュトルム」も、夏から秋にかけての季節限定品として飲むことができます。シュトルムが飲める時期は、9月初めまでの3週間から1ヶ月くらい、そして新種の解禁日は、毎年11月11日です。お酒に弱い方には炭酸水で割った飲み物も用意されています。
ウィーンを訪れたら、雰囲気のなる「ホイリゲ」でおいしいワインを味わうこともお忘れなく!

ページトップへ戻る

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB