地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

ライブ 旅のコラム

ライブデスク・プランニングマネージャー山本直幸が旅のコラムをお届けします。

ウィーンのカフェハウス

メランジュ  音楽の都ウィーンは、長い歴史の中で音楽以外にも様々な独特の文化を生み、育ててきました。カフェハウスは、単にコーヒーを飲むためではなく、ウィーン文化を支えてきた重要な場所でもあります。
ウィーンで活躍した音楽家、作家、画家、俳優、歌手、演奏家等々、市内に数多くあるカフェハウスの常連客でした。 勿論、一般の市民にも必ず1軒は行きつけの店があるといわれていて、ウィーンの日常生活にも欠かせない場所になっています。

 さて、話が真実かどうかは別として、このカフェハウスの祖として、ウィーン人に親しまれているのが、オリエント商品の行商だったポーランド出身のコルシツキーという人物です。 1683年、ウィーンは2度目のトルコ軍包囲で、陥落寸前の絶体絶命の危機を迎えました。その時、コルシツキーは、堪能な語学力をいかし、言葉巧みに敵陣に潜り込み、無事包囲網を突破し、ポーランド王ソビエスキー率いる援軍を呼び寄せることに成功したのです。そしてソビエスキー軍は見事にトルコ軍を撃破しました。コルシツキーは、ウィーンを救った英雄として、戦利品の中から好きなものを褒美としてもらうことになりましたが、金銀財宝や武器には目もくれず、黒い豆の入った袋を手にしました。コルシツキーだけは、この豆の価値を知っていたのです。そしてこの豆、つまりコーヒー豆を元に、1686年にウィーンで最初のカフェハウスを始めたというのです。 コルシツキーが実在の人物であったことは確かなのですが、この逸話に関しては異を唱える人もいるようです。事実、1685年1月17日、アルメニア商人ディオダートが最初にカフェハウスを開店したとういう記録が残っています。
  ウィーンでは、その後も時代を経るごとに店の数が増え、19世紀末には600を数えるほどになったとのことです。そして現在は、ウィーン市内でコーヒーの飲める店は、約2000軒もあります。その内訳は、カフェ・レストラン(軽食も可能)705軒、カフェ・コンディトライ(ケーキ、菓子販売)182軒、エスプレッソ(カフェ・スタンド)1083軒。
 市内を散策して疲れたら、一息入れるためにどこででもすぐにカフェハウスを見つけることができる街、それがウィーンです。 ですからウィーンを訪れたら、とにかくカフェハウスへ行かなければ、「ウィーン」を味わうことはできません。そして是非、本場のウィンナー・コーヒーを注文してください・・・と、言いたいところですが、どこのカフェハウスでも、「ウィンナー・コーヒーをお願いします」と注文しても、日本式のウィンナー・コーヒーは出てきません。
 ウィーンで最もよく飲まれているコーヒーに、泡立てたミルクを入れた「メランジュ」という種類があります。 そのメランジュに少しホイップクリームのせたものが、日本で親しまれている「ウィンナー・コーヒー」に最も近いコーヒーです(写真上)。「メランジュ・ミット・シュラーク(ホイップクリーム)」と言って、是非本場のウィンナー・コーヒーをお楽しみください。

※ライブデスクは、ウィーンを訪れるツアーを多数企画しています。

ページトップへ戻る

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB