地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ロイヤルロード銀座

ライブ 旅のコラム

ライブデスク・プランニングマネージャー山本直幸が旅のコラムをお届けします。

最も美味しいビールは・・・

白ビール  ビールが美味しい季節になりましたが、ドイツといえばまずビールを思い浮かべる人は多いでしょう。現在ドイツには約1300のビール醸造所があり、約4000種のビールがつくられています。ドイツのビールの歴史は9世紀まで遡りますが、本格的なビールづくりは、1516年、バイエルン公ヴィルヘルム4世により、原料として麦芽(大麦・小麦)、ホップ、水、酵母以外は禁止するという「純粋法」(Reinheitsgebot)が制定されて以来のことで、現在もこの「純粋法」は頑なに守られています。
 さて、そんなに沢山あるビールの中でどのビールが最もおいしいのでしょう。ドイツは、長年数多くの領邦国家や都市国家で構成されていました。現在も中央集権国家ではなく、各州、各都市、それぞれ独自色が強く、厳密にいうと人種も性格も違います。勿論好んで口にするビールも違います。ドイツ人にどのビールがおいしいですかと訊ねると、まず間違いなくその土地で好んで飲まれているビールが一番おいしいと答えるでしょう。例えばケルンでは「ケルシュ」、デュッセルドルフでは「アルト」というビールになります。
 世界最大のビール祭りであるオクトーバー・フェストが開催されるミュンヘンではどうでしょう。ビール祭りや6大ビール会社のビア・ホールでは、1リットルの大ジョッキで「へレス」というビールを大量に飲む人が多いですが、ミュンヘンの人に一番おいしいビールは何かと訊ねたら、ほとんどの人が「ヴァイス・ビア(白ビール)」だと答えるでしょう。ヴァイス・ビアは、一般的には小麦の麦芽からつくられるので、「ヴァイツェン・ビア(小麦ビール)」と呼ばれていますが、白っぽく濁っていることから南ドイツでは「白ビール」と呼ばれています。アルコール度は4.0%で、写真のような専用のグラスで飲みます。そして乾杯するときには、このグラスだけは底をコツンとぶつけ合います。
 同じ種類のビールでありながら北と南で呼び方が違うヴァイツェン・ビアは、飲み方にも違いがあります。北ドイツでは切ったレモンを入れて飲む人が多いのですが、南ドイツの人に言わせれば、レモンを入れるのは邪道、北の人はビールの飲み方を知らないなどといってバカにします。北の首都ともいえるベルリンの人は、南の首都ミュンヘンを「100万人の村」と称して、100万都市とはいえ、住んでいる人は皆、田舎者と揶揄していますが、ベルリン人に言わせれば、レモン入りのヴァイツェン・ビアは都会の洗練された飲み方なのだそうです。
 どの街を訪れても違った味のビールが飲めるというのは、まさにドイツならではのこと。行く先々でビールの味を楽しむのも、また旅の楽しみには違いありません。ミュンヘンを訪れたら、白ビールと名物白ソーセージ(仔牛の肉に様々な香辛料を加えたゆでた白ソーセージで甘い特別なからしを付けて食べる)だけは忘れずにお試しください。

ページトップへ戻る

ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB