地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

トップJTB 西日本(JTB WEST)トップお店を探す 松山支店 > 坊っちゃんの道後温泉 宿泊体験レポート

JTB松山支店
TEL▽ 所在地
国内旅行:089-931-2281
海外旅行:089-931-2284
団体旅行:089-943-3321

通信販売
松山空港発着 東京方面ご出張プラン
JAL利用はコチラ ANA利用はコチラ
ハネムーン&海外ウェディング相談会
JTBのギフト券
エースJTB
LOOK JTB
LOOK ハネムーン&海外ウェディング
クルーズプラザ
JI保険国内 JI保険海外
坊っちゃんの道後温泉 宿泊体験レポート坊っちゃんの道後温泉 宿泊体験レポート
道後舘 道後プリンスホテル オールドイングランド道後山の手ホテル ふなや
ホテル古湧園 大和屋本店 宝荘ホテル  
◆ 道後舘
お宿紹介
宿泊体験レポート 道後舘 2008年1月、地元道後温泉に行って来ました。
お宿は『道後舘』さんにお世話になりました。
皆様『道後舘』は日本の伝統美を取り入れた黒川紀章設計の
現代建築の建物ということをご存知ですか?
一足踏み入れると、蔵屋敷をイメージしたロビー、吹抜けの2階から
緩やかに流れる滝やロビーを巡る川のせせらぎが古いものと
新しいものを両方感じさせる、とても落ち着きのある空間ですよ。

フロント・客室係・お風呂係・お土産屋など、各施設の従業員の皆様から温かいご挨拶をいただき、
細やかなサービス、心配りにとても満足しました。
特に私たちのお部屋を担当してくれた仲居《H》さんが素敵な笑顔とサービスで振舞ってくれたので、
和とモダンの調和されたお部屋でのひと時に、より一層安らぎを感じました。
館内・お風呂・料理
宿泊体験レポート 道後舘 館内にはラウンジがあり、夜は季節に合わせたお洒落なカクテルなど
お酒が飲め、昼間はエースJTBでお申込みのお客様専用の
ラウンジとなっており、湯上り処としてや観光情報収集の場としても
ご利用できますよ。
ラウンジのお隣にはエステサロンもあり、温泉で温まった後に
アロマの香りに包まれながらのエステは、日頃の疲れを忘れる
癒しのひと時となりました♪

お風呂は、あつ湯、ぬる湯、打たせ湯、寝湯、サウナ、露天風呂と種類が多い上に、床や手桶、
備品などこまめにお風呂係の方がお掃除している姿が見られとてもきれいで気持ちの良い大浴場です。

優しい支配人の一番のこだわりでもあるお料理は、宇和の寒暖の差が激しい盆地で育った
甘みの強いお米を使用し、またお豆腐、お肉には特にこだわりを持ち、地元の安心・安全食材を
ご提供することを心がけているそうです。
支配人のお話のとおり、味・食材・盛り付けなど全てにおいて大満足!!!
だから一押し!
宿泊体験レポート 道後舘 道後本館近くに位置し、場所、雰囲気、全てにおいて満足のいくお宿と
感じました。道後温泉にはたくさんの旅館がありますが、
『道後舘』は私たちが実際に泊まり皆様に自信を持って、
安心してお勧めのできるお宿です。

エースJTBでは、「四国・冬の味覚四国・おいでんか松山道後温泉・
湯けむりの宿・Relax温泉旅・優雅・露天風呂つきのお部屋」など、
道後舘掲載のパンフレットをたくさん取り揃えております。
ぜひ、あなたにあったプランでご宿泊を考えてみてはいかがでしょうか。
きっと満足のいくひと時となるはずです!
ページのトップへ
◆ 道後プリンスホテル
お宿紹介
2008年2月道後プリンスホテルへ行ってきました!
道後温泉本館で軽く汗を流し、さあいよいよ温泉三昧の始まりです!
わくわく気分の私たちをエスコートしてくれるのは、かわいい桜色のボンネットバス!
このボンネットバスは道後温泉本館と道後プリンスホテルを結ぶシャトル感覚の送迎バスです。
いざ、出陣!
お風呂・料理
宿泊体験レポート 道後プリンスホテルお風呂の種類といえばやっぱり道後プリンス!
広々とした大浴場を始め、サウナ、ジャグジー、8種の野趣あふれる露天風呂など様々なお風呂を楽しむことができます。特に露天風呂はおすすめ!露天風呂は朝晩男女入れ替え制のため、全ての露天風呂を楽しむことができるっていうのがすごい!
露天風呂をひとり占めしたい!っていうわがままなあなたは貸切露天風呂はいかが?
しかも!湯上りには畳処にて煎茶、ウーロン茶のサービスがあり、
ゆっくりと湯上りの身体を休めたり・・ぼーっとしたり・・・なんといっても私たちのお薦めは、
足つぼマッサージ!!足裏は身体中のツボが集中してるんだって・・!・・痛いッ!でも極楽♪極楽♪
足つぼマッサージは大人気のため予約がおすすめ!


宿泊体験レポート 道後プリンスホテルお宿のお薦めお食事処といえば、美膳庵「内子」ですね。
ワンランク上の落ち着いたしつらいの中、創作和会席を楽しむことが
できます。見た目もおいしいプリップリのお造りを始め、次から次へと
瀬戸内の海の幸に心おどります。道後プリンスさんで最も評判の良い
一品が鯛釜飯なんだって。瀬戸内の新鮮な鯛を生米からくつくつと
炊き上げ、だしの良い香りが食欲をそそる絶品!
口に入れると鯛の上品な風味があふれ、ほどよく身の締まった白身と
おこげが更に食欲をそそります。
気が付けば、時も忘れて満腹♪満腹♪

おすすめポイント
宿泊体験レポート 道後プリンスホテル忘れてはいけないのが、足湯と温泉たまご体験!
足湯を楽しんでいる間に自分だけのほかほかの温泉たまごを
パクリ。やっぱり愛媛人はみかんやけん、と道後商店街で
買ってきたみかんをほおばり更にパクリ。ちなみにこの足湯、
宿泊者以外でも入ることができます。
ただし温泉たまごは有料だよ!

だから一押し!
宿泊体験レポート 道後プリンスホテル実際に宿泊してみて、自信を持っておすすめできるお宿だと
思いました。
エースJTBでは、三世代ファミリーでも、夫婦水入らずでも、
仲良くカップルでも皆様のニーズにあったプランをいろいろと
取り揃えております。

是非みんな道後に泊まりにこんけんね(きてね)!



ページのトップへ
◆ オールドイングランド道後山の手ホテル
お宿紹介
 2008年2月、「オールドイングランド道後山の手ホテル」へ行ってきました。外観は赤いレンガ造りで、
玄関ではシルクハットを被ったドアマンがお迎えしてくれました。温泉のイメージの道後では珍しく
英国風のたたずまいを見せるホテルらしいお迎えに、私たちもすっかりセレブ気分♪
館内・お風呂
宿泊体験レポート 道後山の手ホテル私たちが宿泊したのは最上階のツインのお部屋。ドアを開けると、
まず目に飛び込んでくるのはあたたかみのある茶色のフローリング。
ベッド・照明・壁紙・家具をはじめ、全てが落ち着きのある雰囲気で
統一されていました。机の引き出しにはなんと“坊ちゃん”の
文庫本が!!
ホテルからの洒落た心遣いに思わず笑みがこぼれました。
そして、女性なら特に気になるお風呂・トイレ・洗面台は全て
セパレート式でとても使いやすそう。
でも!やっぱりここは道後温泉!
いそいそと1階にある大浴場へ向かいました。男女それぞれに内湯と檜作りの半露天風呂があり、
しかも道後源泉からの引き湯をつかっているそう。また、温泉街の湯めぐりも楽しめます。
フロントでは外出用の下駄や籠を貸してくれます。
英国風のホテルで、本場の温泉も楽しめるなんて、何て贅沢☆
欲張りな私たちにぴったりです!!
料理
宿泊体験レポート 道後山の手ホテル温泉で一汗かいた後はメインイベントのディナータイム。
食事は1階にあるレストラン「キングオブダイニング」で本格フレンチを
堪能しました!大きな窓からはイルミネーションが施されたテラスを
望むことができ、本当にイギリスにいるような雰囲気が味わえました。
なんとワインセラーには約1000種類ものワインを貯蔵されているそうです。メニューにも様々な種類のワインがならんでいるので、お食事にあわせて選んでみては?
私たちが宿泊した日のメニューは・・・
宿泊体験レポート 道後山の手ホテル  前菜は“ムール貝のオリーブ添え”“雲丹と鮑とキャビアのミルフィーユ〜トリュフのソース〜”から始まり、そしてメインは“真鯛と聖護院かぶの包み焼き”“牛ヒレのステーキとフォアグラのソース”、ラストを飾るのはデザートの“マスカルポーネのムース”と計8品目を頂きました。思いがけず世界三大珍味を制覇できて感激!
翌朝、もう一度温泉を楽しんだ後は昨夜と同じレストランで朝食です。和食・洋食セットをセレクトできたので、私たちはそれぞれ違うメニューをチョイス。洋食は目玉焼き・スクランブルエッグ・オムレツの中から選ぶことができます。


日常を忘れて、あなたも優雅な休日を過ごしてみては・・・?


ページのトップへ
◆ ふなや
宿泊体験レポート ふなや今年の冬は寒いですねぇ。そんな時には温泉から立ち昇る湯気が恋しくなります。
そこで私たちは先日、支店から路面電車に乗ってすぐそこ、
とてもとても近くにある道後温泉に行ってきました!
松山に住んでいても‘灯台もと暗し’、、、こんなにいい
温泉がありながら、1年に1回行くか行かないか、、、
これはもったいない!!

と、そんなこんなで久し振りの道後を楽しんできましたので、報告をしたいと思います。
お宿紹介
宿泊体験レポート ふなや今回、私たちは“ふなや”を宿泊先に選びました。
その理由は・・・江戸時代寛永年間に創業、道後で一番歴史があり、夏目漱石や正岡子規も宿泊したという文豪に愛された宿。(実際に歌にも詠まれているほどです。)
次に、地元では食事だけでも利用する方が多く定評のある人気の味。
実際はどうなんだろう・・・?
期待を胸に到着すると、スタッフの方の丁寧なお迎えでお部屋まで
案内してもらいました。
腹ペコの私たちは、早速お料理を用意してもらうことにしました。
お部屋でゆっくりいただく夕食は、地元の食材を使った魚が主役の月替りの会席料理。
素材の良さがわかる刺身はとても絶品です。
一品一品優しい味で、気がつくと全部おいしく食べ終えていました。
客室
宿泊体験レポート ふなや少し休憩を挟んで、お部屋の中をチェック!!
まずは、部屋中を見渡す、数奇屋造りの落ち着いた雰囲気は
清潔感があって良い感じ。
さらに扉を開ける・・・と、檜の内風呂があり部屋にいながら温泉が
楽しめるというのもうれしい設備。
でも、このタイプは、7・8階に限りますよ(^・^)/
次に、部屋から眺めるライトアップされた1500坪の日本庭園は、
温泉街のにぎやかな雰囲気とはまた異なった空間です。
静寂な雰囲気に包まれながら・・・本日は就寝。
大浴場・朝食
宿泊体験レポート ふなや翌朝、目が覚めると早速、大浴場へ。
庭園を流れる渓流に架かるもみじ橋。四季折々の自然を感じながら渡ると石風呂・檜風呂の大浴場に到着!広さは充分、立ち昇る湯気に
ついつい朝風呂が、長風呂・・・
部屋に戻る途中、館内を見渡しながら歩くと、いたる所に鮒の
シンボルマークを見つけることが出来ました。
さあ、部屋に戻ってお楽しみの朝食、普段は軽く済ます朝食なので
一見、量の多さにビックリしましたが、そのおいしさにおもわず食べ切っていました。
だから一押し!

期待通り満足できる私たちのお薦めの旅館です。
是非一度、日本最古の道後温泉“ふなや”にご宿泊されてみてはいかがでしょう。
お薦めは、エースJTB 『7・8階指定プラン』
地元の方は、お得なプランのランチからいかがですか?



ページのトップへ
◆ ホテル古湧園(コワクエン)
お宿紹介
宿泊体験レポート ホテル古湧園 2008年5月、ホテル古湧園に行ってきました。
坊ちゃん列車の終点である道後温泉駅を降り、道後商店街を散策しつつ、一路旅館へ。
目の前に続く坂道を5分程上った先に見えてきた広い敷地をほこる旅館が、今回お世話になった古湧園さんです。
さすがに坂道を頑張って歩いてきただけの甲斐あって、高台に立つ旅館のお部屋からの眺めは最高! 道後の町並みや松山城、そして松山の夜景が一望できる絶景に疲れもどこへやら・・・。
高い建物が少ない松山の街で、全室がこんなに見晴らしの良いロケーションは、なかなか貴重ですよ。
温泉
宿泊体験レポート ホテル古湧園 古湧園といえば、道後温泉で最も湯量が豊富なこと、ご存知でしたか?
そのため道後では珍しく、24時間いつでも(朝の清掃時間は除いて)内湯も露天風呂も入り放題!
内湯は、古湧の湯、白鷺の湯、みかげ風呂、岩風呂、露天は、桶風呂、瓶風呂、岩風呂があり、24時に男女を入れ替るため、1泊2日ですべてのお風呂を大満喫しました。


宿泊体験レポート ホテル古湧園 中でも特に露天の桶風呂がおすすめ!肌触りの良い檜の桶に注がれるお湯は、贅沢にも完全かけ流し式とのこと。
さらに、玄関には源泉掛け流しの足湯があるのも、嬉しいポイント♪
道後のお湯にこだわる方には、是非おすすめですよ。




料理
宿泊体験レポート ホテル古湧園 温泉に入ってほっと一息ついたら、待ちに待った夕食です。
愛嬌ある仲居さんにお食事の説明をして頂きながら、瀬戸の食材を生かした会席料理をお部屋に運んで頂きました。
鯛や車海老のお造り、小河豚牛の天ぷら、伊予牛のステーキ、鯛の荒焚き、豚の角煮、おしるこなど、全15品と盛り沢山。
でも、ここは自分のお部屋・・・。2時間近くゆ〜っくり時間をかけて、全部美味しく頂きました。


だから一押し!

温泉もお食事も満足できる旅館です。
「エースJTB」の宿泊プランでお申込頂くと、夕食の釜飯は鯛めし、たこ飯、あなご飯からお一人ずつ選ぶことができます。
今回は鯛飯を頂きましたが、目の前で生米から炊いていき、炊きだちをいただけますよ。 みんなで別々の釜飯を頼んで、松山の味を食べ比べてみてはいかが?



ページのトップへ
◆ 大和屋本店
宿泊体験レポート 大和屋本店 毎日頑張っている自分へのご褒美に温泉はいかがですか?
日頃の疲れを癒すには温泉に行ってホッと一息つくのが一番です。
そして、おいしいお料理を食べてパワー回復!!!最高のリフレッシュです。たまには週末の贅沢に行ってみませんか?!
そこで私たちは癒しを求めて道後の“大和屋本店”に行って来ました。大和屋と言えば道後で有数の旅館です。
では、この素晴らしいお宿をこれからご案内したいと思います。

お宿紹介
宿泊体験レポート 大和屋本店 まず、館内に足を踏み入れるとふわっと優しいお花の香りに包まれました。目の前にはキレイに生けられたお花。大和屋の素晴らしい所は、いたるところにある季節のお花や芸術品です。

特に素晴らしかったのは迫力満点の書です。思わず立ち止まって見入ってしまいます。館内のいたるところにある美術品を見て回るだけでも楽しめます。

宿泊体験レポート 大和屋本店 しばらく館内を見て回っていると、能をモチーフにした素敵な絵を発見! 「なんで能なの?」と思いますよね?そうなんです!実は...大和屋のスゴイ自慢!旅館の中庭に能舞台があるんです。 とても立派で旅館の中にいることを忘れてしまいそうなほどです。
さらに素晴らしいことに、短時間ですが無料で能を観覧できるんです。そしてそして、、それでは物足りないというお客様は体験まで出来るんです!! こんな経験なかなか出来ませんよね。
料理
宿泊体験レポート 大和屋本店 旅館に求めるものはやはり、お部屋とお食事です。
お部屋のいぐさの香りに包まれながらゆっくりするのも最高ですよね♪
夜は完全個室のお食事処で、朝は大和屋おすすめのレストラン松風で和食を頂きました。 レストラン松風は能舞台を目の前にしながらお食事することが出来、贅沢な気分を味わえます。季節の新鮮な食材と、丁寧に作られた一品一品に感動しました。

だから一押し!

ゆーっくり癒されたい!!という方に大和屋は絶対にオススメです。
チェックイン・アウト共に12時なので、24時間滞在でくつろげますよ♪
露天風呂がとっても素敵♪地酒の種類が豊富でお酒好きにはたまらない♪オススメポイントがありすぎて書ききれません...是非一度、癒されに足を運んでみて下さい。
今なら四国のオリジナルガイドブック2008年版がついてくる、エースJTBの宿泊プランがオススメです。



ページのトップへ
◆ 宝荘ホテル
お宿紹介
宿泊体験レポート 宝荘ホテル道後温泉本館を眺めつつ少し急な坂を上ると、素敵な笑顔のスタッフが出迎えて下さいました。
今回私たちが訪ねたのは、道後温泉の中でもお部屋からの眺めが抜群に良い「宝荘ホテル」です。

スタッフの方にお話をお伺いすると、この宝荘ホテルには、毎年囲碁や将棋の対局が行われるお部屋や俳句の碑や書などがたくさんあるそうです。
また運が良ければ坊ちゃん・マドンナがお迎えをしてくれるとのこと。チェックイン前から道後を満喫できますよ。

温泉
宿泊体験レポート 宝荘ホテルここ、宝荘ホテルには4種類のお風呂があります。
地下1階の岩風呂大浴場(石鎚の湯)が2ヶ所(坊ちゃんとマドンナ)、展望大浴場・露天風呂(城観―しろみ―の湯)、屋上展望露天風呂(三城の湯)、そして玄関に位置する足湯と、何と最大6ヶ所のお風呂を楽しむことができるんです!

特に7階にある屋上露天風呂、三城の湯からの眺めは最高で、松山城をはじめ、市内を一望することができます。
ぜひ、皆さんも楽しんで下さいね!!
料理
宿泊体験レポート 宝荘ホテル温泉で汗を流した後、夕食はお部屋で頂きました。
伊予和牛や鯛しゃぶをはじめ、地元瀬戸内の素材を生かした料理が所狭しと並びます。
お味はもちろんのこと、氷の器に盛られた刺身もポイントで、視覚でも楽しむことができました♪

JTBの宿泊プランによっては釜飯の内容を鯛・たこ・あなごの3種類から選ぶことができるそうです。ご予約の際はそこにも注目してくださいね!

だから一押し!

宝荘ホテルのポイントはなんといってもお部屋からの眺めと温泉です! 比較的リーズナブルなお値段で、温泉とお料理が楽しめますよ。
ゆっくりと温泉につかりながら市内を一望するも良し。お部屋からの眺めに日々の疲れを癒されるも良し。県外からのお客様だけでなく、地元の方にも宿泊して欲しいお宿です!!
ご自身のリラックスタイムを、宝荘ホテルで見つけて下さいね♪



ページのトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB