ページトップに戻る

首都圏発 JTB旅物語販売センター・世界の旅情デスク

たびの助☆旅ブログ

チュニジア紀行〜地中海を臨む幻想の国〜

投稿日:2018/07/26

おっす!おいら、たびの助っす


おいらは今回、北アフリカに位置するチュニジアに行ってきたっす


アフリカ大陸にあるチュニジアっすけど、地中海に面していて、地図上で見るとイタリアまでは目と鼻の先ってくらい近いっすよ飛行機だとローマまで約1時間ほどで行けてしまうっす

実はチュニジアは歴史がものすごく古くて、遡ること古代ローマ時代

海洋民族のフェニキア人が作った街カルタゴからチュニジアの歴史が始まり、
古代ローマ人の流入、そしてアラブ人がイスラム教を広め、今の文化が出来上がったでやんす……世界史で習ったっすよね
     カルタゴ遺跡/アントニウス共同浴場跡
写真拡大カルタゴ遺跡/アントニウス共同浴場跡
 
歴史的な遺跡がたくさん残っていて、ドゥッガ遺跡は、複合都市遺跡として世界遺産に登録されていて、かつて3500人収容していたというローマ劇場など遺跡の保存状態が良く、見どころが多い遺跡っす
エル・ジェム円形闘技場は、かつて「ライオン対人間」というような戦いが見世物として繰り広げられていた場所っすその保存状態の良さは、本場ローマを凌ぐとも言わるほどっす
     ドゥッガ遺跡
写真拡大ドゥッガ遺跡
   エルジェム円形闘技場
写真拡大エルジェム円形闘技場
   

チュニジアは近代ではフランスの植民地だったこともあり、
特に首都チュニスではヨーロッパの雰囲気を感じられるでやんす
チュニスではメディナ(旧市街)の散策はもちろん、“チュニジアのルーブル”とも称されるバルドー博物館も必見っすここではフェニキア・ローマ時代の優れたモザイク画が多数展示されているっす
     チュニス旧市街
写真拡大チュニス旧市街

そんなチュニジアでは、遺跡はもちろん、夏の時期には欧米人がバカンスを楽しみに来るリゾート地もたくさんあるっす

ここは本当にアフリカかな〜と思うほど、遺跡モスクスーク(市場)など見所たくさんでやんす
特に人気なのが、青い海と白い街並みのコントラストが美しいシティブサイド
「街並み保存区域」に指定されていて、チュニジアで最も美しい街とも言われているっす
チュニジアンブルーの窓枠白い壁、そして色鮮やかな花々が咲き、地中海を臨むまさにリゾート地に相応しい雰囲気っすよ
     シティブサイド
写真拡大シティブサイド

おいらが一番意外に感じたのは食事

イスラム教の国だから豚は食べないけど、鶏肉や牛肉などの肉料理を中心に
地中海に面した国だから海の幸も豊富魚料理もなかなかいけるっす
そして何よりも、どの料理も味付けが美味しくて、日本人の好みにも合う気がしたっす

フランスパンも必ず出てきて、これでお腹いっぱい……


チュニジアは実は約3年間ツアーの催行が出来なかったっすけど、
外務省の危険レベルが下がったことにより、今期から満を持してツアーの催行できるようになったっす
これから、気候が落ち着き観光に適したベストシーズンを迎えるっす
一つの国で色んな魅力のあるチュニジア、是非オススメっすよ〜
 



  \\旅物語おすすめのチュニジアツアーはこちら//
       羽田発着 幻想のチュニジア7日間

 チュニジアが誇る7つの世界遺産へご案内!
 全都市当社デラックスグレードホテルにご宿泊!
▼詳しくはこちら…http://mirai.jtb.co.jp/rweb/kensaku/pages/kensakukekka.aspx?txtCourse=E961

前の記事

次の記事

プロフィール

comment写真拡大

おっす! おいらは旅と人を愛する旅侍『たびの助』と申します!

前月次月7
2018

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31