ページトップに戻る

地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

首都圏発 JTB旅物語販売センター・世界の旅情デスク

たびの助☆旅ブログ

≪後編≫旅物語に参加!倉敷・出雲大社・姫路城・足立美術館3日間

投稿日:2018/04/12

おっす!おいら、たびの助っす
 

前回に引き続き、「萩・津和野・安芸の宮島・倉敷・出雲大社・姫路城・足立美術館3日間」の後半をご紹介するっす
 

出雲大社を出てから向かったのは山口県、“維新胎動の地”「萩の城下町」
は、明治維新の中心となった長州藩の藩庁が置かれた地で、
多くの維新志士達が生まれ育った場所なんす
町中にはいたる所に維新志士の像が立ち、
武家屋敷が立ち並ぶ通りでは、維新三傑の一人であるや、尊王攘夷の急先鋒を担った高杉晋作の生家を見ることができるっす

ここに来れば、日本が新しい時代を迎える時のエネルギを感じ取ることができるはずっす
歴史好きの人は感動すること間違いなしっすよ
木戸孝允の生家
写真拡大木戸孝允の生家


3日目は、一度島根県に戻り、島根の西端の町「津和野」を訪れたっす!
津和野は津和野藩の城下町として発展した場所で、
文豪・森鴎外の生まれた町としても有名っす
今回、おいらたちが訪れたのは、津和野の中でも「殿町(とのまち)」と呼ばれる地域で、
なまこ壁の通りに当時の家老たちの武家屋敷が並んでいる景観を楽しめるんすよ!

殿町には道の脇に水路が通っていて、そこにはなんと立派な錦鯉がたくさん
もともとはボウフラ対策として放されたそうっすけど、今では観光客からもらえるエサでまるまると太ってるっす
午前中の殿町はまだ人も少ないので、鯉を眺めながらのんびり散策してほしいっす〜

たびの助☆旅ブログ(イメージ)
写真拡大
たびの助☆旅ブログ(イメージ)
写真拡大


そして今回最後に訪れたのが、日本三景の一つ「安芸の宮島・厳島神社」っす!
宮島まではフェリーを利用するっす!約8分ほどとあっという間の船旅だけど、海から見る厳島神社の鳥居は必見っすよ
フェリー乗り場から神社へ向かうまでの参道にはお土産屋さんがいっぱい
宮島名物「もみじまんじゅう」もぜひ食べてほしいっす

たびの助☆旅ブログ(イメージ)
写真拡大

そしていざ厳島神社の境内へ!
たびの助☆旅ブログ(イメージ)
写真拡大

見事な朱塗りのお社は近くで見てもうっとりするような美しさ
ちなみに、おいらたちが行った時間は引き潮の時だったから、大鳥居のすぐ近くまで行くことができたっす
なかなかできない体験がおいらも大興奮だったっす〜

 

今回は3日間お天気にも恵まれ
色々な時代の歴史にも触れられて大満足の旅だったっす
ぜひ皆さんも中国地方の魅力がぎゅぎゅっと詰まったこのコースに参加してみてはいかがっすか?
 


     ★★★今回ご紹介したコースはこちら★★★
   萩・津和野・安芸の宮島・倉敷
       出雲大社・姫路城・足立美術館3日間
▼詳しくはこちら…
http://mirai.jtb.co.jp/rweb/kensaku/pages/kensakukekka_d.aspx?txtCourse=M6850

     ★★★中国・四国地方のおすすめコースはこちら★★★
http://www.jtb.co.jp/iitabi/area/chugoku/

前の記事

次の記事

プロフィール

comment写真拡大

おっす! おいらは旅と人を愛する旅侍『たびの助』と申します!

前月次月4
2018

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30




国内旅行・海外旅行の予約はJTB