地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

jlabo Presented by JTB ジェイ・ラボ トップへ ジェイ・ラボ トップへ

おくる 調査ルーム

エトセトラ調査結果発表

「旅先でビールを飲んだときの思い出」を
分析したのじゃ! 【国内編】

 
出典:「おくる」研究員向けアンケートより

旅とビールの相性はバツグン!?

美味しいビールを飲んだ思い出の地(都道府県)でみると「北海道」が全体の58%と圧倒的に多い。次が「沖縄」の9%、「長野」、「静岡、「東京」がそれぞれ3%と続いておる。ビールの爽快感とマッチするのか、北海道や沖縄など開放的で爽快感のある場所で飲む一杯は格別に感じられるようじゃ。
飲んだ場所については「ビール好きではないが、北海道のビール園ではおいしく感じられた」など、ビール園、ビヤホールなど専用施設で美味しく飲まれた方が多いの。また工場見学など、ビールのおいしい説明を受けることで、一層できたての生ビールがおいしく感じるという方も多い。ついで旅館や温泉など「風呂上りの一杯」じゃな。また、旅や登山など「やっとの思いで到着したあとのビールが最高」など、達成感から美味しく飲まれたお話もあった。
「その土地の気候風土、食事にあった、その土地のビール」が一番うまいという方も多く、沖縄などで飲むビールのおいしさはそこにあろう。旅の開放感や到達したという気分が、ビールのうまさを増し、気のおけない人との旅であればなおさら、ビールによって旅の感動体験が共有され、思い出も深く刻まれるようじゃ。

旅先ならではの美味しい食、雰囲気、一緒に飲んだ相手・仲間の存在がうまさを一層引き立てるのじゃ!
博士の3PICKS

1) 「一日中観光地をめぐりのどがカラカラになったところで… (男性40代)」

2) 「宮古島の屋外焼肉屋で生演奏をバックに星空を眺めながら…(男性40代)」

3)もう20数年前になりますが、仲の良い3家族と北海道に旅行し…(男性60代)

そんな博士のお薦めの旅

大自然とうまい食事を満喫じゃ!

 「夏旅ツアー2009北海道」

 

開放のひと時、達成したひと時。おいしさは気分にもかかわるようですね!
助手の3PICKS

1)ホテルで恋人と飲んだビール。普段はビールを飲まないのに…(女性30代)

2)子供の頃、家族で行ったビール園にて、両親が…(女性30代)」

3)「屋外で飲むビールが好きです。特にビーチで本を読みながら…(女性40代)」

そんな助手のお薦めの旅

砂浜でゴロゴロ、ビールをグイッ!
至福のひと時が待ってるはず……

 「サンキュー!
沖縄キャンペーン」

 

博士の分析
仕事からプライベートへ、モードを切り替えるスイッチとしてビールを楽しまれる方も多いようじゃが、旅も同様。日常から非日常へと気分を切り替えてくれる役割がある。だから、なおさら旅先で味わうビールには、モードの切り替え感を強く感じることができるようじゃ。結果、爽快感やうまさにつながっていくのじゃろう。

それにしても「北海道」でという方が圧倒的じゃ。北海道で飲むビールのイメージを分析すると「作りたてのおいしさを感じる」という方が多いの。ほか「うまそう」「自然な」「爽快な」というキーワードが続く。天空一杯に広がる青い空、緑豊かな大自然……。開放感たっぷりの北の大地は、どうやらビールの味やイメージにピッタリのようじゃ。実際、北海道はビール関連の施設も多く、食への期待感も高い土地。ビールの出来立て感や新鮮さが大事なのはもちろんじゃが、現地の食のおいしさや雰囲気が、さらにうまみを感じさせる効果があるようじゃな。

ほかに、「山小屋のベランダで素っ裸で飲んだビールは最高」や「家族と来ているのについ飲みすぎて、ほかの女性に声をかけてしまった」などユニークな思い出もあったの。旅もビールもモードを切り替える「きかっけ」になると同時に、飲めない人がおいしく飲めたり、飲める人にとっては、ビールが旅先での開放の瞬間をリアルに決定付けてくれるのじゃろう。

ただ、飲みすぎは要注意じゃな。特に、ビールを飲んで泳ぐなどはもってのほかじゃ。わしの場合は旅館でよく飲むが、朝目覚めたら見知らぬ人たちがまわりで寝ていることがしょっちゅうじゃ。まったく、困った人たちじゃよ。

助手の分析
困った人は博士ですっ!他の人の部屋に上がりこんで一緒に飲んで、そのまま寝込んじゃうんだから!でも、見知らぬ人と自然に親しくなれるのも、旅先での一杯がきっかけになるようですね。開放的な気分によるところが大きいのかな。意見を見ていると、ビールと旅には、開放感と爽快感が共通のキーワードのように感じましたし、飲まれる人にとっては、ビールと旅は相性がいいように思いました。

ところで、北海道もステキですが、私は同じ開放感のある土地でも沖縄がいいかな。どこまでも青い空と美しく広がる海を目の前にして、ビーチサイドでビールを飲む……。同じ一杯でも、家で飲むのとは、まったく違う贅沢なひと時ですね。「太陽のもとで飲むビールが最高」というお話しもありましたが、眩しく輝く日差しのもとで、冷えたビールを飲むのはとても気持ちよさそう!何者にも束縛されない旅先の自由なひと時を、からだに染み渡るビールが感じさせてくれるようです。

また、旅ならではのビールの楽しみ方としては、その土地の気候や食と結びついたビールのおいしさを味わうことですね。「地元のビールが一番うまい!」と思われる方も多かったです。いずれにしても、ビールによって旅先の味わいがまた深まるようで、私もビールを美味しく嗜む旅に出てみたくなりました。

 

旅先で知らない方と
飲むビールは最高!
もちろん「おごり」で!

国内旅行・海外旅行の予約はJTB