地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

jlabo Presented by JTB ジェイ・ラボ トップへ ジェイ・ラボ トップへ

おくる 調査ルーム

博士と助手の結果発表

旅で「困った!」と思う場面

 
出典:ジェイ・ラボ研究員向けアンケートより

博士のおもしろマメ知識!

石川県の法師という旅館は西暦718年(養老2年)創業、つまり伝承1300年近くになるそうで、「世界で最も歴史のあるホテル(旅館)」としてギネス・ワールド・レコーズに認定されているらしいぞい。

みなさんが旅での悩みや困り事を軽減するために旅行に持っていっているもの1位は「薬」で、酔い止め、睡眠剤、常備薬などが挙げられた。日常と環境が変わることで心身ともに何が起こるか分からない中、最低限の薬は持ち歩いていたいと考えている方が多いようじゃの〜。2位に挙がったのは「飲料・食品」。日ごろ飲んだり食べたりしているものがないと不安、という意見が目立ち、中には海外旅行時はお米や梅干を常備していく、という方もいらっしゃった。旅行時の飲食は「ご当地物」を楽しみたいというニーズがある反面で、自分のコンディションを保つためには手放せない「いつも口にしているもの」へのニーズもあるようじゃ。その他にはマスクや絆創膏などの衛生用品、室内着/室内履きなどの衣料品、耳栓やアイマスクなど多岐に渡る回答が挙がったぞい。


博士の分析旅で困るシーン 1位は「移動中」

旅は日常から離れて、違う環境を味わえるからおもしろい。しかし、違うからこそ驚いたり、困ったり、戸惑ったりすることもある。今回は、実際に皆さんがどんな時に「困った」と感じているのか聞いてみたぞい。
皆さんが旅で困ったシーンを見てみると、ダントツで「移動中」の方が多かった。「天候が悪く遅延・欠航になった」、「交通渋滞でスケジュールが全部くるった」など外的要因のものや、「体調が悪くなった」、「迷子になってしまった」など個別の要因など、移動時間ひとつを取っても様々なことが起こるのじゃな。滞在先の時間の過ごし方だけではなく、「移動中」をいかに快適に過ごすかが、良い旅の思い出を作るための一つのキーポイントなのかもしれんの〜。

行き先を国内/海外別に見てみると「観光中」、「宿泊先の滞在中」が「海外」の方が多く、「部屋の構造が違ってとまどう」、「トラブルがあっても言葉が通じない」など文化や言語の違いから来る内容が目立った。しかし、単に「困った」というだけではなく、「その違いが楽しい」という方や、言語の壁を感じたことで外国語を学び始めた方などもいらっしゃった。その時は「困った」と感じても、実はそれが良い意識の転換や行動に結びつくこともあるのじゃの〜。

助手の分析特別だからこそ、「新婚旅行」では困りごとが多い!?

私は旅の目的別に、困るシチュエーションの違いはあるのか見てみました。まず、何かしら困ったことのある人の割合が多かったのは「新婚旅行」と「卒業旅行」。一生に何回も行けるわけではない特別な旅行というだけあって、大切に時間を過ごしたいためか、ちょっとしたことでも「大変!」と思ってしまうものなのかもしれません。また、「仕事絡みの旅行」は「移動中」、「観光中」が他に比較して高く、その他は低い割合となりました。宿泊先に入って睡眠をするようなプライベート時間よりも、周囲に気を遣うことの多い移動時や観光時に、「困った」と感じることが多いようですね。
旅で困るシーンは様々ですが、どんな場面で、どのようなことを感じるかは、旅の目的によっても異なるということでしょうか……。

博士の3PICKS

1) 予想外の買い物やゴミ、汚れに対応するために、畳めるバッグやビニール袋を荷物にバッグに入れておく。臭いドリアンもこれに……。また、荷物を持って歩くのは旅の楽しさをスポイルするので、できるだけ荷物は最小限に押さえ、現地で預けてから行動。数日なら着た切り雀でも大丈夫。(70代/男性)

2) 常備薬(胃薬、アスピリン、風邪薬etc.)は必須。海外旅行には、乾燥梅やカリカリ梅などを持って行くと、現地でもし食事が脂っこいなどの問題があっても口内をサッパリすることができます。(50代/男性)

3)できるだけ、その国の旅行会話などを覚えて使えるようにしとくと少し親近感を持って話してくれるので、外国語の勉強への向上心にも繋がります。(50代/男性)

助手の3PICKS

1)旅行に出るときは、2ヶ月くらい前から、インターネットで観光地はもちろん、交通、土地事情、産物やあらゆる情報を集めて一冊のプリント綴りをつくり持参する。先ず困ったことは無いし、これを創るのも楽しみの一つ。(40代/女性)

2)食事関係で必ずお茶・漬物・梅漬を持っていくので体調管理にベストです。(40代/女性)

3)特に、長期の海外旅行の時に実行していることですが、下着は普段から捨てるものをストックしておいて、旅行の際に使い捨てで使用しています。こうすると、行きにはスーツケースがある程度一杯でも、帰りにはその捨てた下着のスペース分にお土産が入り、荷物が増える事がありません。(30代/女性)

次回の結果発表テーマは・・・
「横浜の旅と魅力について」です!

 

 


↓現在、参加募集中のアンケートはこちら↓

国内旅行・海外旅行の予約はJTB