地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

jlabo Presented by JTB ジェイ・ラボ トップへ ジェイ・ラボ トップへ

おくる 調査ルーム

博士と助手の結果発表

「その土地ならでは」が味わえる
ご当地グルメって最高!

 
出典:100人100旅アンケート

定番から隠れご当地グルメまで……
色々な味と出会えることも旅の醍醐味じゃ


旅行の楽しみのひとつは、行った土地それぞれの食に出会えること。定番のご当地グルメから、B級グルメ、名産物、あまり知られていない絶品の隠れご当地グルメ……。今回は、皆さんが実際にどんなご当地グルメを楽しんでいるのか調べてみたぞい。

まずは、どのくらいの方がご当地グルメを味わっているのか? どの年代層も「必ず食べる」が約半数、「たまに食べる」を含めると9割を超える!皆さん旅先での食に対して、非常に感心が高いようじゃ。「今まで食べた中で印象に残っているご当地グルメ」について聞いてみたところ、どの層においても、ランキング上位の「牛タン」「讃岐うどん」「ひつまぶし」などの定番ご当地グルメが多かった。定番として知られているだけに「開店3時間前から頑張って並んで食べた」「あの有名なお店のために、わざわざ行った」など、始めから「グルメを目的とした旅」というコメントが目立ったの〜。

「焼きそば」「たこ焼き」「味噌カツ」「ホルモン」などB級グルメは若年層ほど多く、その土地で取れた名産物(魚介類、野菜、果物など)は年齢層が上がるほど多い傾向となった。若年層は手軽でボリュームのあるものを楽しんでおり、年齢があがるにつれて、名産物を味わいたい気持ちが強まるのじゃろうか。名産物の中には「鮑の踊り食い」「伊勢海老」など、かなり高価であろう回答もあった(笑)。年齢とともに経済的な余裕が出てくるためであるかもしれん。ご当地グルメと一言にいっても、色々さまざま。それだけ、旅先でご当地グルメを探したり、味わったりする魅力も大きいの〜。

楽しみ方は色々じゃが、その土地で食するものは特別じゃな。
博士の3PICKS

1) 「讃岐うどん!一泊の出張旅行でしたが、半日レンタカーを借りて… (男性40代)」

2) 「夏に旅をすることが多いので、行く先々で「ところてん」を…(男性80代)」

3)「石垣島で食べた、ソーキソバ。ソーキのジューシーさに…(男性40代)」

そんな博士のお薦めの旅

ラフテーや沖縄そば。
沖縄ならではのグルメを堪能じゃ!

  「石垣・宮古・西表。
沖縄の離島へ」

 

旅先では、自分の価値観まで変える食との出会いがあるんですね!
助手の3PICKS

1)「旅先では、たいていご当地グルメを食べます。もちろん…(女性40代)」

2)「宮島のカキ料理です。カキが苦手で食べられなかったのに…(女性20代)」

3)「函館駅の構内で売っていたエビのご当地三種握り寿司。おいしそうなので…(女性60代)」

そんな助手のお薦めの旅

ツルツルもちもちの讃岐うどん。
何杯でも食べられそう!

  「四国へのツアーはこちら」

 

博士の分析
みなさんのコメントを見てみると、「その土地で食するから良い」「家に戻って食べたけど、現地で食べるのが一番」「空気・匂い・雰囲気に(ご当地グルメが)ぴったり。」など、現地で食べることの良さを感じているものが多い。

いまや、現地にいかずとも身近で手に入るご当地グルメも少なくない。しかし、それぞれの食には文化があり、その土地の思いや伝統が息づいておる。はじめてみる風景や景観など、旅では視覚的に感動することも多いが、それだけでなく味覚、嗅覚を使って食を楽しむことで、その土地の心が分かる。そのことで美味しさ以上の感動があり、思い出に残るのじゃろう。「地産地消」という言葉もあるように、その土地で味わうことの大切さを肌で知っている人が増えてきたのかもしれん。この楽しみを知っている方が多いとは……。皆さんなかなか、『旅と食』の楽しみ方の「通」じゃの。

助手の分析
最近は雑誌やTVでご当地グルメの特集があったり、ご当地グルメのイベントがあったりと情報もたくさん得られるようになってきました。それだけに、ご当地グルメへの消費者の関心が高まっているのかもしれません。9割以上の人がご当地グルメを楽しみたい、と答えたり、それぞれの年代に合ったご当地グルメを選んでいたりしている結果に、その関心の大きさが感じられます。

そんな贅沢な消費者に応えるべく、各地の人は、どうやったら美味しく作れるか(育てられるか)、その味を知ってもらえるか工夫したり、更に新しいご当地メニューを生み出したり……。定番ご当地グルメ、名産物だけでなく、B級グルメのように誰もが気軽に楽しめるメニューの開発がされるのも、そんな工夫のひとつなのかもしれません。ご当地グルメには、その土地の人のエネルギーや知恵まで入っているんですね!進化するご当地グルメ……。まだまだ知らないグルメが各地に山ほど。その味、その文化との出会いがあるから、旅ってイイんですね!

 

お好み焼きをおかずに
白いご飯を
食べられます!

国内旅行・海外旅行の予約はJTB