地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

険しい古代東山道(とうさんどう)の神坂峠の麓で信仰の祈りと自然の清らかさに心打たれる。

長野県・阿智村

信濃比叡 広拯院(こうじょういん) 輪番(りんばん)入山光澄(いりやまこうちょう)さん

  1. 1平成17年10月に信濃比叡本堂建立に伴い、比叡山延暦寺に伝教大師の時代から燃え続けている。不滅の法灯が分灯され、永遠に灯されることになった
  2. 2近くを通る古代東山道ルート沿いにある暮白(くれしろ)の滝。
    滝見台から願いを込めて皿を投げると望みが叶うと言われています

はるか万葉の時代から歌に詠まれた園原の里。
東山道最大の難所に建つ信濃比叡で輪番を務める入山さん。
最澄の教えを生きる柱に据え、全国から集まる来訪者に
温かい言葉を投げかけている。

伝教大師の遺跡地を訪ね、信仰に触れてみる

伝教大師・最澄が建てた広拯院の跡地と伝わる月見堂。
眺望が良く、かつて文人などがここで中秋の名月を賞した記録が残っている。

 かつて都と関東・東北を結んだ古代・東山道(とうさんどう)が通り、神坂(みさか)峠の休憩地点として平安・鎌倉時代に栄えたという園原地区。天台宗の開祖・最澄が布教のためこの東山道を下られた時、その道のりの困難さと旅人の苦難を見かね、この地に布施屋(無料の宿泊所)として置いたのが広拯院(こうじょういん)の始まりである。
 平成12年に総本山比叡山延暦寺より信濃比叡の呼称が許可、17年には本堂である根本中堂建立に伴い不滅の法灯が分灯された。毎年2月11日には民衆を広く救うための修行である「大火生三昧(だいかしょうざんまい)(火渡護摩)」が行われている。焚かれた護摩の燠(おき)の上を裸足歩き招福を祈願するため、全国から多くの参拝者が訪れる。

出会いはご縁。いろんな方々とお話できることは幸せなこと。

月見堂の御本尊にお勤めするのが日課。

 広拯院の管理・ご案内などの寺役を担う輪番(りんばん)である入山さんが出家されたのは12年前のこと。学校で天台宗の教えと僧侶としての所作を学び、行院で60日間の修行を積んできた。「小学生の頃からお坊さんになりたかった」という入山さんは、参拝客のお世話をするかたわら、月見堂でおみくじ箱を振ることもある。
 「現在国内に広まっているおみくじの発祥は、比叡山の元三大師(がんざんだいし)です。ここで半年間、おみくじについて修行も経験してきました。広拯院を訪れ、人生に迷われていらっしゃる方々のお手伝いもさせていただいています」と話す入山さんの笑顔がまぶしい。「人生の峠を越えて来られた方や、これから峠を越えようとされる方のお話を伺い、ご一緒に歩ましていただければとの思いでおります」とも。伝教大師・最澄の教えを胸に抱き、寺を訪れる人々の話に今日も耳を傾けている。

灯りに信仰の祈りに触れ、坐禅体験で心身をリフレッシュ!

 根本中堂で今も燃え続けている「不滅の法灯」。皿に満たされた油を吸い上げた紙縒りの先に点る灯りは、1200年の時を経て受け継がれてきた貴重な炎だ。

 仏様に線香を上げ、手を合わせたら入山さんのお話に耳を傾けよう。信濃比叡の歴史や最澄の教え、生きることの意味についての法話は、分かりやすく楽しい雰囲気で退屈しない。新鮮なお話を伺っていくうちに、自分でも気付かなかった新しい自分に出会えるかもしれない。
 根本中堂に隣接する「止観精舎(しかんしょうじゃ)」では、坐禅体験も可能。初めての方でも、坐禅の意味、姿勢、流れなどを説明してもらえるので安心して坐禅ができる。20分程の間、静かに自分自身と対峙すると、爽やかな気分になれるかもしれない。


信濃比叡 大火生三昧(だいかしょうざんまい)

 この火渡り護摩は、天台修験の最大の修行で、毎年2月11日に行われる。あらゆる災難を除き、諸願を叶えて招福するといわれ、護摩を焚いた燠の上を歩く火渡りは、一般の方も参加自由で、今年は400人以上が参加した。

感動魅力人トップへ戻る

この魅力人との感動体験商品

昼神温泉 信濃比叡広拯院(こうじょういん)
不滅の法灯でお参り&法話・坐禅体験
1200年前に最澄が建てた広拯院(旅人の休憩施設)の跡地で、比叡山延暦寺から分灯された、1200年以上燃え続ける、不滅の法灯に線香を灯してお参り後、法話とちょっぴり坐禅体験。
■設定日:2014年10月4日〜11月30日の土・日曜日、2015年2月1日〜3月29日の土・日曜日
■集合場所:根本中堂
※車でお越しの方は、門前屋(階段で徒歩5分)に駐車の上、集合ください。
■集合時間:土曜日14:00 日曜日10:00
■定員:20名
■最少催行人員:2名
■行程:広拯院→不滅の法灯で線香を→魅力人による法話→坐禅体験/所要時間約70分
■旅行代金/おひとり
おとな1,200円、こども800円 (不滅の法灯のお守り付)
■お申込:エースJTB取扱店舗
(商品番号1MGP612-C)
信濃比叡広拯院
〒395-0304
長野県下伊那郡阿智村智里3592-4
map
▲ ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB