地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

信州の鎌倉「別所温泉」を巧みな話術でご案内

長野県・上田市

臨泉楼 柏屋別荘 代表取締役男将齋藤 よしやさん

  1. 1厄除の観音様として古くから親しまれている北向観音
  2. 2信州の学海の中心として栄えた信州最古の禅寺である安楽寺
    国内唯一の木造八角塔である『八角三重塔』は、長野県の「国宝」第一号としても
    知られており、重要文化財では『木造惟仙和尚坐像』、『木造恵仁和尚坐像』がある

噺家? お坊さん? いえいえ こちらは上田市別所温泉の名物男将(おかみ)。
老舗旅館のひとつ、臨泉楼柏屋別荘の代表取締役男将・齋藤よしやさんは、
赤い丸眼鏡に着物姿の特徴的な出で立ちで、その豊富な知識からも
「別所温泉の広告塔」といった存在感を放つ。

中世の文化財が多く残る「信州の鎌倉」

日本文化の素晴らしさを伝えるため365日いつも洒落た着物に身を包み、ニコニコ顔の赤い丸眼鏡が特徴の齋藤よしやさん

 上田市の南、海抜650mの高原でもある塩田平は「信州の鎌倉」と称さるが、実際には奈良時代からの古刹が密集して建つ歴史の宝庫のような場所。そのなかに佇む別所温泉は、のんびりした温泉街の風情が漂う信州一の古湯だ。

 「清少納言の随筆『枕草子』に別所温泉と思われる記述が登場し、欽明天皇にも『三大御湯のひとつ』と讃えられたほど歴史が古いんですよ」と話すのは、老舗旅館・臨泉楼 柏屋別荘の代表取締役男将・齋藤よしやさん。生まれ育ったこの地を深く愛し、誰よりも別所温泉に詳しい「別所温泉の生き字引」と言える存在だ。よしやさんが話す別所温泉の四方山話は驚きの連続。「『信州の鎌倉』という枕詞は戦後使われ始めた言葉ですが、実は戦中、私の祖父が交友のあった上田自由大学の講師で文学者のタカクラ・テル先生を別所温泉に住まわせる事で『彼を慕う多くの文豪に別所温泉に来てもらって、鎌倉のように、別所を舞台にした作品を書いてもらいたい』と考えたのが初めなんです」など逸話はどれも非常に興味深い。

別所三楽寺を名解説を聞きながら巡る

ツアー参加者には齋藤さんをそのままキャラクター化したオリジナルチョコレートをプレゼント。

 齋藤さんと共に歴史的建造物の密集地である別所温泉を歩くと、その話のネタはさらに広がる。「本堂脇に薬師堂があるのは、別所が古くから温泉地として栄えた面影なんですよ」と話す北向観音には、この地域では珍しい桂の大木があり、かつて一世を風靡した映画『愛染かつら』の呼び名で親しまれている。この霊木の下には、「別所三楽寺」のひとつとされた長楽寺が建っており、一大霊場として隆盛を誇ったという。

 北向観音から徒歩数分の信州最古の禅寺・安楽寺もまた別所三楽寺のひとつで、日本で唯一の八角の三重塔(国宝)を持つ。さらにその先の常楽寺は全国に2つしか指定されていない石造多宝塔(重要文化財)が残っている。このように鎌倉時代の文化財が密集し、鎌倉幕府との絆が強かった塩田平だが、「実は鎌倉時代より前から、信濃の学問・文化の中心地だった」そうだ。京都・南禅寺の開祖である無関普門(むかんふもん)が「信州の学海」と言い臨済宗を安楽寺に臨済宗をもたらした樵谷惟仙(しょうこくいせん)など、当時の学問を志す多くの若者はこの「信州の学海」たる塩田へ遠方地からも集まっていた記録が残るのだそうだ。

 また、安楽寺の近くにある「山宣の碑」は、別所の地と気骨の社会運動家・山本宣治とのつながりを物語る。そんなさまざまな時代の歴史を齋藤さんと辿りながら、土地にちなむ多くのエピソードや彼の幼少時代の思い出を聞いているうちに、のんびりした別所温泉の空気とは裏腹に、時間があっという間に過ぎてしまう。「先を急ぐ方は要注意ですね」と齋藤さんは笑った。

感動魅力人トップへ戻る

この魅力人との感動体験商品

別所の名物旅館主人とまわる
古寺古塔めぐり
創業100年を超える老舗旅館の名物男将(おかみ)齋藤よしやさん。メディアにも多く登場し、多数のファンを持つ有名人・齋藤さんが、別所温泉の古刹を案内します。実は、別所温泉に来るバスツアーのガイドが話す元ネタは、この齋藤さん。そんな別所温泉のことなら何でも知っている齋藤さんによる、北向観音や安楽寺、常楽寺などの、国宝や重文の名(迷)解説を聞く町歩きツアーです。
■設定日:2014年10月4日〜2015年3月29日の土・日曜日
※除外日:2014年10月11日(土)、12日(日)、11月9日(日)、11月15日(土)、16日(日)、29日(土)、30日(日)、12月6日(土)、7日(日)、27日(土)・28日(日)、2015年1月3日(土)・4日(日)
■集合場所:臨泉楼柏屋別荘
■集合時間:9:20
■定員:10名
■最少催行人員:2名
■行程:柏屋別荘(9:20集合)→北向観音→安楽寺(国宝八角三重塔など)→常楽寺(上段の間を含む)/所要時間約120分
■旅行代金/おひとり
おとな・こども共700円(小学生以上)
※拝観料は含まれておりませんので、現地にてお支払いください。(安楽寺おとな300円、常楽寺おとな100円)
■お申込:エースJTB取扱店舗
(商品番号1MGP611-B)
臨泉楼 柏屋別荘
〒386-1431
長野県上田市別所温泉1640
http://www.rinsenro.com/
map
▲ ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB