地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

岐阜県・下呂市

醫王霊山温泉寺 住職岩淺 宏観さん

  1. 1温泉寺の魅力は、何といってもその静かなたたずまい。そこに居るだけで心落ちつく
  2. 2江戸時代の遊行僧・円空の残した「円空仏」を4体所蔵

温泉寺の住職・岩淺宏観さんは
地元の人たちと一緒に地域のためになる寺をめざす。
早朝座禅体験などお寺ならではの企画を行い、柔軟な発想力と行動力に富んだ住職として、地元の人たちから愛されている。

下呂を盛り上げる若き住職

高台の境内からは下呂の町並みが一望できる。

 一千年以上の歴史を持つといわれる下呂温泉。ところが、文永二(1265)年、突然温泉の湧出が止まった。翌年、再び温泉が湧いたことを知らせる一羽の白鷺が舞い降り、温泉地は活気を取り戻した。これが下呂に伝わる白鷺伝説だ。この白鷺に化身し、温泉の湧出を知らせた薬師如来を本尊とする醫王霊山温泉寺。173段の長く続く石段を上がった所に境内があり、古くから下呂のまちを見守り続けている。

 現在の住職、岩淺宏観さんは下呂の生まれではない。もともと京都にある臨済宗妙心寺派大本山の妙心寺で修行の身だったが、2001年に後継者のいない温泉寺のことを知り、住職として下呂に移ることに。当時26歳だった岩淺さんは、その若さと持ち前の明るさで、地元の人たちと交流を深めながら、より地域と観光客のためになる寺としてさまざまな行事などを企画してきた。

観光客にも地元の人にも愛される寺

古くから大勢の湯治客が訪れ、治癒した人たちの絵馬が数多く残されている。

 モミジを照らしながら地元の人たちと酒を飲む機会を作ろうということがきっかけで始まったのは、紅葉のライトアップ。観光客の方にも喜んでもらおうと幻想的なライティング演出にも力を入れ、今ではすっかり秋の定番行事となっている。また、毎月1回開催していた座禅会が好評だったため、2008年からは8月に限り毎日早朝座禅体験を行うことに。すると、口コミで広がり、観光客も多く参加するように。「温泉に入って、座禅もできて最高」という嬉しいお手紙をいただくこともあるという。

 お寺の基本は、もちろん檀家さんの供養。しかし、温泉街という特別な場所にある寺として、その在り方を常に考えてきたという岩淺さん。「地元の方を大切に考え、観光客の方にも楽しんでもらえるようなお寺であればいい。みなさんにとって寺は何のためにあってほしいのか、それを忠実に聞きながら進めてきたのが今の形なんです」。温泉と寺にしばし身を置き、心底癒されるのもいい。

感動魅力人トップへ戻る

この魅力人との感動体験商品

下呂温泉寺早朝
座禅体験と鐘つき体験
名物和尚の大人気!早朝座禅体験と、「ゴ〜ン」と鳴り響く本物の鐘つき体験ができます。
■設定日:2014年10月5日〜2015年3月29日の日曜日
※除外日:12月21日(日)〜1月11日(日)
■集合時間:下呂温泉寺 6:30/所要約45分
■定員:20名
■最少催行人員:2名
■旅行代金/おひとり
おとな・こども共500円
※旅行代金に含まれるもの:早朝座禅体験料、鐘つき体験代、しおり代
■お申込:エースJTB取扱店舗
(商品番号1MGL613-C)
■交通:JR高山本線下呂駅より徒歩約15分
※温泉寺まで各自でご集合ください。
(集合解散は各自。駐車場あり)
※予約なしではご参加できません。
※このプランは、エースJTBで下呂地区へご宿泊のお客様専用のオプショナルプランとなります。
下呂温泉・醫王霊山温泉寺
〒509-2207
岐阜県下呂市湯之島680
http://www.onsenji.jp/
map
▲ ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB