地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

創業1794年 宗和流本膳料理を現在に伝える

岐阜県・高山市

料亭洲さき 女将洲岬 佳子さん

  1. 1風情ある表構え。建造物は高山市有形文化財にも指定されている
  2. 21階の松の間。季節を感じながら贅沢なひとときを

江戸時代に生まれた宗和流本膳料理を現在に伝える唯一の老舗料亭「洲さき」。
その女将である洲岬佳子さんは新しいものも柔軟に取り入れながら飛騨高山の味や季節、伝統を今に発信している。

江戸文化を受け継ぐ老舗料亭

宗和流本膳料理には、川魚など飛騨高山の魅力が凝縮される。

 とある結婚式の披露宴。新郎・新婦と共に厳かに行われる乾杯の儀式、その後の祝い歌をきっかけに無礼講となり賑やかに飲んで歌い踊る宴が始まる。その時間はなんと10時間、出される料理は30品。それが江戸時代に編み出された宗和流本膳料理だ。

 飛騨高山の料亭洲さきは、江戸時代の寛政6(1794)年に創業、宗和流本膳料理の味と形を今に伝える唯一の店だ。しかし現在、10時間も要する本膳料理の需要はない。そこで、守るべきものは守りながら随所に時代ごとの新しい感性を取り入れ、その魅力を伝えていこうと生み出されたのが「宗和流本膳崩」。30品ある本膳のお料理を11品に絞り込み、限られた時間でも十分に宗和流本膳を味わえるよう工夫した。飛騨高山の山で採れる山菜や茸、川で獲れる天然魚や鮎、手に入る限りの季節の素材を盛り込み、漆器は飛騨春慶、器は渋草焼きなど地元の道具を使う。11品に高山の魅力がぎゅっと凝縮される。

料理で高山の魅力を発信

「料理を通して、高山の素晴らしさを伝えたい」と女将さん。

 「高山の料理や伝統文化を継承していくためには柔軟さが必要」と語るのは、女将である洲岬佳子さん。例えば、足の痛い方や車椅子の方ために、和室に椅子席を取り入れるなど時代のニーズには積極的に応える。細かい作法などにもあまりこだわらない。堅苦しく頂くよりも美味しく味わってもらえればいい。

 また、女将さんは若い世代の人たちのアイデアにも期待しているという。洲さきで働く若い人たちが同世代の陶芸作家と新しい器を作るなど、スタイルを変えても「洲さきを守る」という気持ちがあることが大切なのだ。

 お客様の中には、毎年のように洲さきでゆったりと食事をし、高山で過ごすことを、人生の楽しみとしている方も多いという。「高山を愛し、洲さきを愛してくれる方がいることは私にとって本当に嬉しいこと。そのためにも、料理を通していつまでも高山の魅力を発信していければと思っています」と女将さんは語ってくれた。

感動魅力人トップへ戻る

この魅力人との感動体験商品

江戸時代に生まれた宗和流本膳料理を 現在に伝える唯一の老舗料亭「洲さき」
茶道の流れを汲む宗和流本膳料理について、その歴史・由来などの案内を楽しみながらのお食事プラン。女将が接客係を務めます。感動魅力人プランでは、お抹茶が付きます。
■設定日:2014年10月1日(水)〜2015年3月31日(火)
※除外日:10月9日(木)〜10日(金)、12月20日(土)〜1月5日(月)、2月1日(日)〜5日(木)
■営業時間:昼食11:30〜14:00/夕食17:00〜19:00(最終入店)
■旅行料金/おひとり
味暦(お昼のミニ会席)6,480円
味結(昼食のみ)(宗和流本膳崩しの簡易版)8,640円
宗和流本膳崩し料理 13,060円
■お申込:エースJTB取扱店舗
(商品番号1MGL411-A)
料亭 洲さき
〒506-0821
岐阜県高山市神明町4-14
URL:http://www.ryoutei-susaki.com/
map
▲ ページトップへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB