いく旅なっ得。旅物語 JTB旅の通信販売

いく旅なっ得。旅物語 JTB旅の通信販売トップページ

お客様サポート

GW(ゴールデン・ウィーク)に行くアジア

今年は10連休!

2019年のゴールデンウィークは最大なんと10連休!
人気の日付は早い者勝ちです。お申込みはお早めに♪

韓国

日本から2、3時間で行ける隣国・韓国。日本と同じように四季があり、季節によって各地で様々な魅力を感じることができるでしょう。ドラマのロケ地めぐりや自然体験、グルメなど見どころ満載です。

  • イメージ

    世界遺産・昌徳宮(チャンドックン)/ソウル

    1405年(朝鮮3代太宗5年)に景福宮の離宮として造営された宮殿。韓国を代表する美しい庭園は、人気韓国ドラマのロケ地でもあり、1997年12月に世界遺産に登録されました。

  • イメージ

    世界遺産・宗廟(そうびょう)/ソウル

    朝鮮王朝と大韓帝国皇室の歴代の国王・王妃・功臣の位牌を祀っている祭祀場。宗廟は慶州の石窟庵・仏国寺、海印寺蔵経板殿とともに、1995年韓国の文化財の中では一番に世界文化遺産となりました。

  • イメージ

    世界遺産・城山日出峰/済州島

    10万年前の海底噴火によってできた巨大岩山であり、済州島(チェジュド)を代表する景勝地の1つです。99個の岩峰が噴火口を城のように取り囲んでいて、その内側は3万坪の広大な草原を作り出しています。

  • イメージ

    ジャガルチ市場/釜山

    魚介類専門市場として韓国一の規模を誇る釜山のジャガルチ市場。海鮮やお刺身が美味しいグルメスポットとしても人気です。

  • イメージ

    世界遺産・仏国寺/慶州

    1995年にユネスコ世界遺産に認定され、韓国が世界に誇る宝となっている仏国寺。ここでは6つの国宝を始めとして統一新羅時代に作られた貴重な文化財を味わうことができます。

韓国コース一覧

インドネシア

1万8千もの島々からなる、多彩な文化と伝統を有するインドネシア。リゾート地として人気のバリ島や、ボロブドゥール遺跡に代表される世界遺産が多く存在するジャワ島など、見どころたっぷりの国です。

  • イメージ

    世界遺産ライステラス/バリ島

    2012年7月、8~9世紀ごろに確立されたバリ島伝統の水利システム「スバック」に基づいた文化的景観を文化遺産として承認、それに伴いタマンアユン寺院を含んだ約19,500ヘクタールにも及ぶ5つの地域が世界遺産リストに登録されました。観光地としても有名なバリ島のライステラス(棚田)は、このスバックによって支えられており、人口密度が高いこの地域の農家の人々にとって、多くの実りをもたらし続けています。

  • イメージ

    タナロット寺院/バリ島

    バリ島南西部、インド洋に浮かぶ岩島に建てられた寺院のひとつ。16世紀にジャワの高僧が村人に海の守護神を祀る寺院を建てるよう勧めたのがはじまりといわれています。

  • イメージ

    ウルワツ寺院/バリ島

    バドゥン半島の西端、インド洋に飛び出した断崖の上に立つ、寺院のひとつで、9~10世紀頃に建立されたものと言われています。寺院でおこなわれているバリの伝統舞踊・ケチャックダンスは必見です。

  • イメージ

    キンタマーニ高原/バリ島

    バリ島の北東部渡る高原地帯で、活火山バトゥール山(1717m)とアバン山(2153m)に囲まれたカルデラ・バトゥール湖のパノラミックな眺めが人気の景勝地です。

  • イメージ

    世界遺産ボロブドゥール遺跡/ジャワ島

    世界三大仏教遺跡のひとつで、8世紀後半から9世紀前半にかけて建立されたとされる世界最大級の仏教遺跡です。ピラミッド状に建設された寺院は仏教の曼荼羅を表現していると言われており、壁面を飾る美しいレリーフや多くの仏像を有するその内部は必見です。

  • イメージ

    世界遺産プランバナン寺院/ジャワ島

    世界遺産の正式名称は「プランバナンの寺院群」で、ヒンドゥー教と仏教の2つの宗教にまつわる複数の寺院で構成されています。9~10世紀に建てられ、天を突く仏塔が特徴的で、宇宙の破壊、創造、維持をつかさどるシヴァ、ブラフマ、ヴィシュヌの3神が祭られた神殿からは、ヒンドゥー教の世界観を見ることができます。

インドネシアコース一覧

マレーシア

東南アジアの中心に位置し、マレー半島とボルネオ島の一部から成るマレーシア。日本人が住みたい国ランキングで常に上位にランクインしている、多種多様な魅力を有する国です。

  • イメージ

    クアラルンプール

    マレーシアの首都であるクアラルンプールはショッピングセンターや現代的なビルが立ち並ぶ一方で、町の西側には英国統治時代の歴史的建造物が今なお残っています。町のシンボルともなっているペトロナスツインタワーは高さ452メートルでツインタワーとしては世界一の高さです。(2018年12月現在)

  • イメージ

    世界遺産ジョージタウン/ペナン

    18世紀末のイギリス統治時代の住居や商館などの歴史的建造物が世界遺産に登録されていて、トライショーと呼ばれる自転車タクシーに乗り、ゆったり散策するのもおすすめです。通りには壁画などのアートをいくつも目にすることができるのも特徴的です。

  • イメージ

    セントジョージ教会

    1818年に囚人たちによって建てられた真っ白な外観が特徴的な英国教会。設計はペナンの風景画で知られる英国軍の技師ロバート・スミスによってされました。口にはフランシス・ライトを記念したキャノピー(ひさし)が設けられています。

  • イメージ

    キャメロンハイランド

    マレー半島中央部の高原リゾートであるキャメロンハイランドは、1885年に英国の国土調査官ウィリアム・キャメロンがこの地を訪れたことから名づけられました。丘陵地には紅茶畑が広がり、お土産としても有名です。また高地に位置しているため、マレーシアの他の都市に比べ気温が低く避暑地としても人気で、ゴルフをはじめアクティビティを楽しんだり長期滞在する為に訪れる方も多いです。

マレーシアコース一覧

ベトナム

南シナ海に沿って南北に長く延びるベトナム。中国文化を残す首都ハノイのある北部、ホイアンのランタン祭りに酔いしれる中部、「東洋のパリ」ホーチミンを代表とする南部。ベトナムグルメや素朴な街並みも人気です。

  • イメージ

    世界遺産ハロン湾

    ベトナム屈指の景観美、ハロン湾。石灰岩から成る大小1,600もの島々が奇峰のごとくそそり立つ、神秘的な景観が特徴で、水墨画にも似た世界から「海の桂林」とも呼ばれています。1994年に世界自然遺産に指定され、ハロン湾クルーズを目当てに多くの観光客が訪れます。

  • イメージ

    ハノイ

    ベトナムの現在の首都で、政治・文化の中心都市。首都として1000年の歴史をもつ街でもあり、由緒正しい寺院や植民地時代のコロニアル建築、旧市街の街並みが残り、古都の風情が漂っています。世界遺産タンロン遺跡やホーチミン廟などが主な観光地です。

  • イメージ

    世界遺産フエ

    ベトナム最後の王朝・阮朝が置かれた都市で街全体が世界遺産に登録されています。王宮や帝廟、寺院など旧都の歴史を物語る建造物が多く残されています。

  • イメージ

    世界遺産ホイアン

    かつてアジアとヨーロッパを結ぶ海上交易の中継拠点として繁栄した沿岸都市で、日本人町も造られていました。街全体が世界遺産に登録されており、月に1回開催されるホイアン夜祭が有名で、町中に幻想的なランタンが灯されます。

  • イメージ

    ホーチミン

    ベトナム最大の都市で経済の中心都市。かつては「サイゴン」と呼ばれていた都市で、現在は高層ビルが立ち並び、バイクや車が行き交い活気にあふれています。統一会堂やサイゴン大教会など観光地も多く存在しています。

  • イメージ

    ミトー

    ホーチミンの南西、メコン川の入口に位置する街で、メコン川クルーズが有名。手漕ぎボートに乗船し、途中南国フルーツ園や椰子飴工場、蜂蜜農家を訪問できます。

ベトナムコース一覧

カンボジア

アンコール王朝の栄華を今に伝える壮大なアンコール遺跡群と、東南アジアのあらゆる文化を独自に発展させたクメール文化を擁するカンボジア。遺跡観光をするのは11月以降の乾季がおすすめです。

  • イメージ

    世界遺産アンコールワット

    アンコール遺跡群の中でも最大の規模を誇る宗教寺院で、クメール建築の最高傑作とされています。1113年に国王に即位したスールヤヴァルマン2世により約30年間かけて建造され、ヒンドゥー教の神ヴィシュヌに捧げられ、王の死後は王を祀る霊廟となりました。寺院全体の面積は約200ha、東京ドーム約15個分の広さを誇ります。

  • イメージ

    世界遺産アンコールトム

    クメール王朝最盛期の12~13世紀にかけて、ジャヤヴァルマン7世によって構築された都市跡。アンコールトムとはクメール語で「大きな都市」を意味します。アンコールワットの北に位置し、3km四方もの広さのある内部には王宮や寺院など80を越える遺跡があります。

  • イメージ

    バンテアイ・スレイ

    アンコールワットから北に約40kmに位置する、10世紀後半に建立された「女の砦」とも呼ばれる寺院。精緻な彫刻はアンコール遺跡一とも言え、特に中央神殿の女神像は「東洋のモナリザ」と称されています。

  • イメージ

    タ・プローム

    ガジュマルの一種でもある巨木の根が、現在も継続して遺跡を飲み込もうと深く食い込んだ神秘的な光景が広がります。

  • イメージ

    ロリュオス遺跡群

    王都がアンコールに置かれる以前に都があった場所「ロリュオス」。アンコールワットや、アンコールトムの原点を知ることができます。

カンボジアコース一覧

ミャンマー

ヤンゴンを中心に急速に発展が進み、東南アジアで最も注目されている国のひとつ。世界三大仏教遺跡のひとつ・バガン遺跡をはじめとした文化遺産を有し、日本から直行便が就航したことでより身近で国となりました。

  • イメージ

    ヤンゴン

    2006年に首都がネピドーに移るまでミャンマーの首都だった、ミャンマー最大の都市ヤンゴン。ヤンゴン観光のハイライトであるシュエダゴン・パゴダやチャウタッジーパゴダなどの仏教遺跡はもちろん、カラフルな小物が並ぶボージョーアウンサンマーケットの散策も楽しめます。

  • イメージ

    シュエダゴン・パゴダ

    ミャンマー最大の聖地で、黄金の光を放つ仏塔(パゴダ)の上部にはたくさんの宝石が飾られ、人々のパゴダへの深い信仰心を感じることができます。日没後ライトアップされた幻想的な景色もオススメです。

  • イメージ

    ゴールデンロック

    標高約1,000mの山頂にそびえ立つ、落ちそうで落ちない奇跡の岩。仏陀の頭髪が収められていて、それによってバランスをとっているから落ちないのだとか。仏教聖地の為、女人禁制で、女性は岩に触れることが出来ません。

  • イメージ

    バゴー

    ヤンゴン近郊にある、モン族の王都があった古都。モン族は東南アジアで最初に仏教を受け入れたことでも知られており、シュエターリャウンパゴダやシュエモードパゴダなど、バゴーには13~16世紀にたてられた仏教遺跡が数多く復元されています。

ミャンマーコース一覧

スリランカ

“光り輝く島”という意味のスリランカには、世界遺産の仏教遺跡やセイロンティーの紅茶畑、象のサファリなどバラエティ豊かな魅力が溢れています。特に、アジア最大規模の祭りとも言われるペラヘラ祭りは必見です。

  • イメージ

    世界遺産シギリヤロック

    ジャングルの中から突如姿を現す巨大な岩山シギリヤロック。高さ約200mの頂には約1,500年前に築かれた宮殿跡が、またくぼみの岩肌にはシギリヤレディと呼ばれる鮮やかな色彩の美人画が残っています。“シギリヤ”とはシンバラ語のライオン(シンハ)、喉(ギリヤ)は転じたものを言われています。

  • イメージ

    世界遺産キャンディ・仏歯寺

    キャンディ湖畔にあるスリランカを代表する仏教寺院・寺院内に奉納されている仏歯は、紀元前543年インドで仏陀を火葬した際に手に入れたものだと言われています。

  • イメージ

    世界遺産ダンブッラ石窟寺院

    ダンブッラの石窟寺院は自然の洞窟を利用した5つの窟で出来ていて、約2,100年前の涅槃物や、天井から聖なる水が湧き出る場所などがあります。

  • イメージ

    世界遺産ポロンナルワ

    シンハラ王朝衰退後、ポロンナルワ遺跡はジャングルの中に埋もれていましたが、1900年以降遺跡の発掘が始まり1982年に世界遺産に登録されました。

スリランカコース一覧

香港

中華文化とイギリス文化の融合を体感できる香港。“美食天国”とも言われ、名店からストリートグルメまで食を楽しむことができます。またショッピングや夜景観賞、マッサージなども楽しめリピーターが多い国です。

  • イメージ

    シンフォニーオブライツ

    「世界最大の永続的な光と音のショー」としてギネス世界記録に認定されている、香港が世界に誇る光と音楽のレーザーショー。100万ドルのビクトリアハーバーの夜景に、香港島、九龍半島の主要な高層ビルから放たれる色とりどりのレーザーが加わり、世界中から訪れる観光客を魅了し続けています。

  • イメージ

    スターフェリー

    ビクトリアピークの尖沙咀(チムサーチョイ)と中環(セントラル)を結ぶスターフェリー。観光客はもちろん、地元市民の足として約100年もの間使われています。

  • イメージ

    ビクトリアピーク

    夜景の名所として知られる高さ約552メートルの香港島最高峰。山上からは香港島や九龍の超高層ビル群や、ヴィクトリアハーバー、周囲の島々などが一望できます。

香港コース一覧

タイ

東南アジア有数の観光国タイ。多数の仏教寺院や世界遺産に登録されているアユタヤはもちろん、タイ料理や優雅な舞踊、またプーケットやパタヤといったビーチリゾートなど、様々な魅力溢れる国です。

  • イメージ

    バンコク

    タイの現在の首都で政治・経済・教育・文化の中心地。華やかな大都会の賑わいと厳かな仏教文化が息づき、古今の歴史と文化が調和した都市です。中心部に流れるチャオプラヤー川沿いには、エメラルド寺院や王宮、暁の寺院(ワット・アルン)、涅槃物寺院(ワット・ポー)など多くの寺院が並び、ボートでの遊覧も楽しむことができます。

  • イメージ

    世界遺産アユタヤ遺跡

    アユタヤ王朝の都としてタイの中心であり続けた都市・アユタヤ。かつて栄華を極めた古都の壮大な歴史が眠る遺跡の街アユタヤは現代にその当時の姿をつたえる荘厳な遺跡群は歴史公園として整備され、1991年にユネスコ世界遺産にも登録されました。ワット・プラシーサンペットやワット・プラ・マハタートなどの寺院が観光名所となっています。

  • イメージ

    チェンマイ

    バンコクの北方約720キロに位置するタイ第2の都市チェンマイは、「北方のバラ」とも称される美しい古都であり、タイ北部最大の都市です。様々な民族が交流する中、建築や仏像の様式、言葉や料理、工芸の分野などで「ランナー文化」と称されるタイ北部独自の文化・伝統が育まれてきました。町には、ワット・チェンマンやワット・チェディルアンをはじめ、100を超える寺院があります。

タイコース一覧

最終更新日:2019年2月13日