地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

 > 一度は泊まってみたい世界のホテル ルックJTB

一度は泊まってみたい世界のホテル ルックJTB

一度は泊まってみたい 世界のホテル Hotels of the World

  • 6つのキーワードで解く
  • 地図から世界のホテルへ旅に出る
  • 世界のホテル 全リストを見る 世界のホテル 全リストを見る
イメージ イメージ

世界5大陸からお薦めするホテルをコレクションしました。
ルックJTBスタッフが自らの言葉で選んだホテルの魅力を語ります。

世界5大陸からお薦めするホテルを
コレクションしました。
ルックJTBスタッフが自らの言葉で選んだ
ホテルの魅力を語ります。

6つのキーワードで解く

全てのお客様が旅先で必ずお世話になるホテル。どの国を選んでも1日24時間のうち、おおむね10時間をホテルの中で過ごされています。旅の大きな部分を占めるホテルに焦点を当て、ルックJTBのスタッフがお薦めするホテル、自身も泊まりたいと憧れているホテルをまとめました。

冒険。
イメージ
冒険。
ラグジュアリーにつつまれながら野性に還る 多くの方に選ばれる旅先。そこは快適な土地で観光、食事、買い物、ビーチなどが整っているケースがほとんどです。しかし旅の醍醐味のひとつは全く未知なる世界の体験。それはある種、冒険と言えるのかしれません。たとえばタイのゴールデントライアングル。このサイトTOPのメインビジュアルにも選ばれたフォーシーズンズリゾートがあります。鬱蒼の竹に囲まれたここは、知る人ぞ知る象が主役のホテル。目の前をゆったり往くメコンの流れ、川を渡ればラオスとミャンマーという国の果ての果て。穏やかな笑顔のスタッフに導かれ部屋に入れば、はっと息を呑む贅沢な空間が広がります。多忙な毎日を過ごしている方にこそお薦めしたい野性かたわらの生活。ストレスも疲れも吹き飛ばすラグジュアリーで快適な、そして冒険の日々です。
多くの方に選ばれる旅先。そこは快適な土地で観光、食事、買い物、ビーチなどが整っているケースがほとんどです。 しかし旅の醍醐味のひとつは全く未知なる世界の体験。それはある種、冒険と言えるのかしれません。
秘密。
イメージ
秘密。
隠れ家ホテルに泊まってみたい もしそこにホテルがなかったらまず、生涯一度も足を踏み入れないであろう場所。「一度は泊まってみたい世界のホテル」ではそんな隔絶の地の隠れ家ホテルもご紹介します。たとえばインドネシアのモヨ島。この島の名を初めて聞く方も多いことでしょう。バリ島でまず1泊、翌日国内線に乗り換え1時間弱、スンバワ島へ。そこから島の桟橋へと移動しさらにボートに乗り換え1時間弱。ようやく姿を現す秘密の小島、モヨ島。そこに観光的な見どころがある訳ではありません。ただ一軒のホテルがあるだけです。しかしそれがリゾートの最高峰とも伝えられるAMANとなれば話は別でしょう。モヨの自然と海に抱かれ、波打ち際の豪奢なテントでの非日常がはじまります。
もしそこにホテルがなかったらまず、生涯一度も足を踏み入れないであろう場所。 「一度は泊まってみたい世界のホテル」ではそんな隔絶の地の隠れ家ホテルもご紹介します。
特別。
イメージ
特別。
オンリーワンのホテルに泊まってみたい 横並びに他と一緒、安心感や安定感はあるけれど面白みや新鮮さでは少し物足りない。ひょっとしたらホテルにも当てはまるかもしれません。旅先でも少しだけの特別を味わってみてはいかがでしょう。たとえばシドニー。とにかく奇抜で目を惹くホテルQT。落ち着かない?そうかもしれませんね。これが自宅だったらちょっと困ります。でも数日の滞在ならワクワクドキドキ、こうしてファンを獲得し続けています。あるいはシンガポール。ハーバーや街中に高層ビルが連なりそこには、あらゆるバラエティのホテルが立ち並びます。でもちょっと待って。遊びの島として知られる沖合のセントサ島、賑やかな島のウソのような静寂に包まれた一角、豪奢なカペラはここに建ちます。そしてこれは新たなご提案。都市に泊まりリゾートへ行くのではなくその逆、しかも僅か20分のドライブ。これもまた面白い旅となりそうです。
横並びに他と一緒、安心感や安定感はあるけれど面白みや新鮮さでは少し物足りない。ひょっとしたらホテルにも当てはまるかもしれません。旅先でも少しだけの特別を味わってみてはいかがでしょう。
美食。
イメージ
美食。
料理自慢のホテルに泊まってみたい 衣食住の住をベッドに置き換えたとして。旅先では皆さまどの順番で大切にされますか?きっと「食」をトップに挙げる方も多いことでしょう。 生きるために食べるのではなく、楽しみのために食べる。それは人の歓びの中でも最も根源的なものだといえそうです。 たとえばオーストラリア。シドニー近郊、世界遺産グレーターブルーマウンテン地区の瀟洒なロッジOne&Only。 そこで連日繰り広げられているのはまさに「こんな山中で?」といぶかしむ程の美食また美食の宴。なるほどなるほど。 名前は明かせないけれど世界の名だたるセレブリティがシドニーからヘリコプターでやって来るのも、これならうなずけます。 しかもここには膨大なワインストックがあるとなれば。さぁ、晩御飯食べにちょっとオーストラリアへ、、、(笑)
衣食住の住をベッドに置き換えたとして。旅先では皆さまどの順番で大切にされますか?きっと「食」をトップに挙げる方も多いことでしょう。 生きるために食べるのではなく、楽しみのために食べる。それは人の歓びの中でも最も根源的なものだといえそうです。
物語。
イメージ
物語。
伝説を受け継ぐホテルに泊まってみたい その街を代表する伝統のホテル。そこはさまざまな出会いの場であり、街の生き証人でもあります。こうした歴史あるホテルに滞在し、代々受け継いだ物語に思いを馳せることもホテルの楽しみ方のひとつと言えましょう。たとえばバルセロナ。サグラダファミリアを設計したガウディで有名な町ですが産業革命を終え、迎えたモデルニスモの時代は華やかな装飾と曲線を多用するアール・ヌーボーへとつながります。そんな歴史を下敷きに100年を超える歳月を経て富豪の館が新たにホテル・カサ・フステルとして蘇りました。あるいは上海。租界時代、アール・デコやネオ・ルネッサンス様式で建てられた洋館連なる外灘の、上海倶楽部の見事な建築が今、ゴージャスなウォルドルフ・アストリアへと生まれ変わりました。
その街を代表する伝統のホテル。そこはさまざまな出会いの場であり、街の生き証人でもあります。こうした歴史あるホテルに滞在し、代々受け継いだ物語に思いを馳せることもホテルの楽しみ方のひとつと言えましょう。
絶景。
イメージ
絶景。
眺望自慢のホテルに泊まってみたい 今、世の中は絶景ブーム。ルックJTBでも「世界の絶景」という商品を用意していますが、泊まりながらにして絶景を楽しめるホテルもあります。 一般にホテルで過ごす時間が長くなればなるほどその眺望も、より重要になると言えましょう。たとえばカリフォルニア。 澄みきった空に果てなく続く大海原。でもそれを実感するには波打ち際、それも高台からでなくては。ザ・リッツ・カールトンはまさにラグナニゲルの「ここしかない」という場所に立地します。 なるほど、ここなら3日4日5日と敷地から出ずじまいでも飽きることはありません。あるいはタヒチ。多くのお客様が訪れるボラボラ島やモーレア島ではなくあえてテティアロア島。 えっ、聞いたことない?それもそのはず。ここは名優マーロン・ブランドの思いを継承する出来たてのプライベートアイランドリゾート、すなわち定期便のない離島。 今ならほぼ「独り占め」の絶景を楽しめます。
今、世の中は絶景ブーム。ルックJTBでも「世界の絶景」という特別パンフレットを用意していますが、泊まりながらにして絶景を楽しめるホテルもあります。 一般にホテルで過ごす時間が長くなればなるほどその眺望も、より重要になると言えましょう。

「一度は泊まってみたい世界のホテル」はこちらの地図からご覧いただけます

  • アメリカ合衆国 ラナイ島「フォーシーズンズリゾート・ラナイ」
  • アメリカ合衆国カリフォルニア「ザ・リッツ・カールトン・ラグナ・ニゲル」
  • ペルーメリダ「アシエンダ・テモソン」
  • グレーターブルーマウンテンズ地区「エミレーツ ワン&オンリー ウォルガンバレー」
  • オーストラリアシドニー「QTシドニー」
  • タヒチ「ザ・ブランド」
  • タイ チェンライ「フォーシーズンズ・テンテッドキャンプ」」
  • 中国 上海「ウォルドルフ アストリア上海 オン ザ ハンド
  • シンガポール 「カペラ シンガポール」
  • インドネシア モヨ島「アマンワナ」
  • フランス パリ「パヴィオン・ド・ラ・レーヌ」
  • スペイン バルセロナ「ホテル・カサ・フステル」
  • イタリア フィレンツェ「ポートレート・フィレンツェ」
  • タンザニア セレンゲティ「フォーシーズンズ・サファリ・ロッジセレンゲティ」

世界14の国と地域から厳選のお薦めホテルをコレクションしました。
一軒一軒のホテルをルックJTBのスタッフがお薦めする言葉を添えて美しい写真とともにご紹介いたします。
まずは各ホテルの紹介へと進んでいただき、イメージでの旅をお楽しみください。
そして、次にルックJTBでお出かけいただき、皆さまお一人お一人のホテルの旅をどうぞご満喫ください。

  • ニューヨーク「ザ・プラザ」
  • イエローストーン「アマンガニ」
  • 「サンクチュアリロッジ 」
  • ヘイマン島「ワンアンドオンリー」
  • エアーズロック「ロンギチュード131°」
  • ランギロア島「キアオラ・ル・ソバージュ」
  • 「アマンコラ」
  • 「セントレジス」
  • サムイ島「バンヤンツリー」
  • 「ヴェラプライベートアイランド」
  • ホーチミン「ザ・レヴェリー・サイゴン」
  • 「ザ・アッパーハウス」
  • クアラルンプール「マジェスティック」
  • 「シンギタ・エボニー」
  • サントリーニ島「ミスティーク」
  • パリ「ラ・レゼルヴ
  • ローマ「ポートレートローマ」
  • ロンドン「ザ・レインズボロウ」
  • セリビア「アルフォンソ13世」

世界五大陸から合計19軒をコレクションしました。
一軒一軒のホテルをルックJTBのスタッフがお薦めする言葉を添えて美しい写真とともにご紹介いたします。
まずは各ホテルの紹介へと進んでいただき、イメージでの旅をお楽しみください。
そして、次にルックJTBでお出かけいただき、
皆さまお一人お一人のホテルの旅をどうぞご満喫ください。

一度は泊まってみたい世界のホテルリスト

※以下の一覧より詳細をご覧ください。

添乗員がご案内する旅行はこちらから ルックJTBフラッグシップの自信と誇り くつろぎの旅2016 詳しくはこちら

LOOK JTB 東京・新潟発トップ

出発地を選択
現在の画面は羽田・成田・新潟空港発を表示しています
ルックJTBの魅力

ルックJTBの魅力

テーマ別ツアー特集一覧

JTBならスタイルに合わせてご予約方法を選べる!

インターネット

jtb.jpにアクセスすれば、24時間いつでもJTBの多彩な海外ツアーを検索・ご予約いただけます。
ご予約完了後は、お客様専用サイト「たびページ」にてお支払などの各種手続きから疑問・質問への回答まで、予約から出発までをしっかりサポート!
インターネットでも安心です。

ネットで予約し、店舗で支払い

ひとまずインターネットで空席を確保。その後、お店で気になる点をスタッフに相談し、最終的なお支払いまで。JTBならではの便利なスタイルです!

お電話・メール

お電話・メールなら、いつでも気軽に、旅の相談をしていただけます。支払方法やチケットの受取方法も選べます。

-

海外ツアー

共通ナビダイヤル
0570-070-489
(受付時間)9:00〜20:30

-

メールでのお問い合わせも承っております。

店舗

全国約1,000のJTB店舗の中から、お近くのお店で!旅のプロに相談しながら、じっくり旅行をご検討いただけます。

お近くのJTB店舗

最寄りの店舗を探す

※店頭やお電話でご相談の際は、ご希望の「コースNo」をお伝えいただくとスムーズです。

国内旅行・海外旅行の予約はJTB