地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

徳島県の観光ガイド

お気に入り0

  • JTBスペシャル
  • 2016年03月16日UP

昔ながらの藍色 -藍住町歴史館・藍の館

  • 徳島県
  • 吉野川流域
  • 隠れた観光スポット

お気に入りに登録する

お気に入りを解除しました

お気に入りに登録済み

お気に入りに登録しました

佐川 佳那子

阿波の国昴宿よしの

私はちょっと恥ずかしがり屋の若女将です。神戸の某大学を卒業後、実家を手伝って早や?年!年数ばかり経ってしまって反省です。もっと積極的...

  • イメージ

阿波の北方といわれる吉野川流域の農村は日本最大の藍作地帯でした。阿波藍の栽培のはじまりは平安時代からと言われています。最古の資料は「見性寺記録」というものです。江戸時代にはもっとも盛んになりました。
藍染の青い色は「JAPAN BLUE」と呼ばれ、伝統的な日本の色です。
藍佳町歴史館では当時栄えた、藍の豪商の屋敷跡を資料館として保存しています。
館内には製造工程をミニチュアで再現したものや藍染めの伝統的な着物、関連資料などが展示されています。
また、藍汁を使った昔ながらの藍染体験ができ、オリジナルの世界に一つだけのハンカチを染める事ができますよ!旅の思い出にいかがでしょうか?
さまざまな藍染グッズを販売していますので、お土産にどうぞ。

所在地 板野郡藍住町徳命字前須西172 TEL(088)692-6317
営業時間 開館時間9:00〜17:00 藍染体験9:00〜16:00 (要問い合わせ)
定休日 火曜日(祝祭日は開館)、年末年始(12/28〜1/1)
料金 大人300円、中・高生200円、小学生150円 藍染め体験 ハンカチ 500円〜

吉野川流域周辺のおすすめ情報

徳島県のおすすめ情報

最近チェックしたリスト