地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

秋田県の観光ガイド

お気に入り0

秋田県立博物館

  • 秋田県
  • 秋田市
  • 博物館・科学館・資料館

お気に入りに登録する

お気に入りを解除しました

お気に入りに登録済み

お気に入りに登録しました

基本情報

人文・自然の展示室と、秋田の先覚記念室・菅江真澄資料センターからなる総合博物館。わくわくたんけん室では、約80種類の体験メニューがあり自由に参加できる。徒歩15分のところに分館の豪農の屋敷・旧奈良家住宅(重要文化財)がある。

入場など
入館無料、年1回の特別展は開催展示室のみ有料
時間
9時30分~16時30分(11~3月は~16時)
休み
月曜(祝日の場合は翌平日)
住所
秋田県秋田市金足鳰崎字後山52
TEL
018-873-4121
交通
公共交通: JR追分駅→徒歩20分
車: 秋田道昭和男鹿半島ICから国道7号経由6km10分

画像と掲載情報の提供元:株式会社JTBパブリッシング

お得な観光&割引チケット

秋田県立博物館の口コミ情報

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

忠犬ハチ公の剥製が秋田県立博物館に里帰り展示された時の画像です。 2006年12月17日まで秋田県立博物館で展示されていました。 思っていたより大きくて、秋田犬はがっしりしているんだなぁ~と感じました。 現在ハチ公の剥製は、東京都上野の国立科学博物館に所蔵されています。 行ったのは2006年12月ですが、選択肢が2007年~しかないので、2007年12月にしています。

投稿日 2016年01月11日
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2階がメイン入口になっており、入ってすぐ右側に「人文展示室」があります。 縄文時代の土器・石器・堅穴住居のレプリカ→昭和の配給券まで、各時代の人間生活の品々を紹介している。 1階の「自然展示室」は昆虫・魚介類・哺乳類・植物の標本や剥製が沢山ありおすすめです。 虫に興味がなくても見てるだけで楽しく、何回行っても見飽きません。 ただし16:30で閉館なので早目に行った方がいいですよ。 標本を1つ1つじっくりみてると、あっという間に時間がすぎています。 博物館の後ろにある水心苑も無料なので時間があったら散歩するのもいいですね。

投稿日 2015年01月21日
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ここには、「博物館」と聞いて浮かぶマイナスイメージは、まったくありません。色あせた押し葉の植物標本でもホルマリン漬けの魚でもなく、本来の色がそのままに、透明なアクリルに封入してあります。鉱物や動物の剥製には、直接さわれます。実物大の竪穴住居や商家の中にも入れます。さすがに何でもさわっていいわけではなく、貴重なもの(?)はガラスで仕切られていますが、入館者と展示物の距離が短い、開放的な空間です。

投稿日 2011年10月14日

口コミを投稿する

※るるぶトラベルのサインインページへ遷移します。
口コミの投稿にはるるぶトラベル(るるぶ.com共通)の会員登録が必要です。

現地観光プラン・レジャーチケット

周辺の宿泊施設

最近チェックしたリスト