地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

エース関西発トップへ お申し込みお問い合わせはこちら→店舗検索

森林浴散策を楽しむために準備しておきたい5つのポイント

長歩きをせずに自然に親しむ。森林の中にある 森の宿 シェラリゾート白馬/外観

2016/6/9

森林浴散策を楽しむために準備しておきたい
5つのポイント

更新日 2016/6/9

さわやかな森の空気を胸いっぱいに吸い込んだり、小鳥たちのさえずりや清流のせせらぎに耳を傾けたり、森林浴を楽しむには散策がおすすめ。エースJTBの「森の宿」の散策路は、「本格的な山歩きは無理だけど、自然を楽しみたい」という方にぴったり。今回は、森林浴散策楽しむための服装や持ち物など、5つのポイントをご紹介します。

森林浴におすすめの装備

服装や靴、持ち物など、準備を整えておくことで、より自然の中を心地よく散策することができます。それでは、森林浴セラピーウォーキングの服装や装備などを見ていきましょう。

(1)おすすめの服装

歩きやすい服装を心がけましょう。高原や森の中は、気温も低いため重ね着できるウィンドブレーカーを用意しておきましょう。服装の色ですが、黒色はハチの攻撃にあいやすい色なので避けた方が良いでしょう。
■上:夏でも長袖シャツ、防水タイプのウィンドブレーカー
■下:パンツやサポートタイツなど
■帽子:紫外線対策だけでなく、ハチの攻撃にあいやすい黒髪を隠します。

(2)靴選びは大切

アップダウンの少ない散策路では、履き慣れた運動靴でも良いですが、できれば山歩き用シューズがおすすめ。靴を新調する場合は、前もって履き慣らしておきましょう。
■靴:トレッキングシューズもしくは、履き慣れた運動靴、ソックス

(3)かばん

両手がフリーになるリュックサックがおすすめ。

(4)用意しておきたい装備

■雨具:
山は天候が変わりやすいので、動きやすい上下セパレートタイプのレインウェアと、 折り畳み式雨傘を用意しておくと良いでしょう。
■水筒:お茶や水、スポーツドリンクなど
■タオル、虫除けスプレー

その他、あると便利なもの

■日焼け止め:
高地になるほど紫外線は強くなり、高度1000メートルで約10%ほど、紫外線が強まるといわれています。日焼け止めや帽子、長袖などのUVケアに注意しておきましょう。
■レジャーシート:
森林セラピーのプログラムの1つに、森林の中で寝転ぶ「森林安息」というプログラムがあります。試してみたい方は、レジャーシートがあると便利です。

個性に合わせた避暑地選び

トレッキングや散策をメインにした避暑地や、温泉もちょっと楽しみたい、リゾート気分を味わいたい、子どもといっしょに遊びたいなど、避暑地の個性に合わせた旅選びが大切です。お近くのエースJTB取扱店に相談してみてはいかがでしょうか?

宿泊プランはこちら宿泊プラン一覧はこちら 「森の宿」トップページへ

森の宿 お役立ち情報まとめ

ページトップへ

ページトップへ戻る

お問い合わせ・お申し込みはこちら お申し込みの流れをアニメでご紹介
お問い合わせ・お申し込みはこちら

国内旅行・海外旅行の予約はJTB