出雲大社 旅行・ツアー 特集

出発地

日本神話に伝承される八百万の神々が集う神社

  • 『古事記』にも記される神社

    日本最古の歴史書『古事記』にも創建が記されている古社。旧暦10月の神無月には、全国の八百万の神々が出雲に集まるとされ、出雲では神在月といいます。
    主祭神は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)で、『古事記』に記される国譲り神話には、大国主大神が天照大御神(あまてらすおおみかみ)に国を譲り、その時に造営された天日隅宮(あまのひすみのみや)が出雲大社の始まりとされています。
    大国主大神は、縁結びの神、福の神としても有名です。

  • 破格の規模を誇る国宝の本殿

    八雲山を背にした神域は、古木に守られ、厳かな雰囲気。その中心に、大国主大神が祀られている本殿が建っています。現在の本殿は延享元年(1744年)の造営で、高さは8丈(約24m)と、神社建築では破格の大きさ。しかし、かつての本殿は現在よりもはるかに高く、平安時代には16丈(約48m)、それより前には32丈(約96m)あったと伝えられています。平成12年(2000年)に、本殿八足門前の出雲大社境内遺跡から平安時代のものとされる宇豆柱が発見され、かつての本殿の巨大さを証明するものとして歴史ロマンをかきたてました。
    ふだん、一般参拝ができるのは拝殿まで(正月5日間は楼門前まで)。拝殿の奥に八足門、その先に楼門が立ち、本殿の桧皮葺きの屋根を飾る2組の千木が仰ぎ見えます。拝殿に掛けられている大注連縄も長さ6m、重さ1t、神楽殿には長さ13m、重さ4.5tの日本最大級の注連縄があります。出雲大社の礼拝は「二拝、四拍手、一拝」と、独特です。

  • 平成25年、「平成の大遷宮」は最高潮に

    延享元年(1744年)に御遷宮造営された本殿は、以来、文化6年(1809年)、明治14年(1881年)、昭和28年(1953年)と3度にわたり御遷宮、修造がなされてきました。平成の御遷宮は、平成20年4月20日、御祭神の大国主大神を仮のお住まいとなる御仮殿(拝殿)にお遷しする「仮殿遷座祭」で始まり、「本殿遷座祭」で修造を終えた御本殿にお還りいただくもの。平成25年5月には、本殿の4度目の御遷宮が完了しました。平成28年にかけて現在も平成の大遷宮として、境内境外の摂社・末社等の修造が行われています。

    DATA

    <出雲大社>

    住所
    〒699-0701
    島根県出雲市大社町杵築東195
    電話番号
    0853-53-3100
    参拝時間
    6:00~20:00 無休
    アクセス
    JR山陰本線「出雲市駅」から
    一畑電車で「出雲大社前」下車、徒歩10分

行き先から探す

特集から探す

国内関連商品

JR・航空+宿泊(ダイナミックパッケージ)

JTBならスタイルに合わせてご予約方法が選べる

インターネット
インターネット

jtb.jp にアクセスすれば、24時間いつでも、JTBの多彩な国内ツアーを検索・ご予約いただけます。

ネットで予約し、店舗で支払い
ネットで予約し、店舗で支払い

ひとまずインターネットで空席を確保。その後、お店で気になる点をスタッフに相談し、最終的なお支払いまで。JTBならではの便利なスタイルです!
※国内ツアーでは「エースJTB」「サン&サン」の商品が対象となります

お電話
お電話

お電話なら、いつでも気軽に、旅の相談をしていただけます。また、支払方法を選べます。

国内ツア― 旅の予約センター

0570-066-489

国内ツア― 旅の予約センター

0570-023-489

国内ツア― 旅の予約センター

0570-023-489

国内ツア― 旅の予約センター

0570-040-489

国内ツア― 旅の予約センター

0570-040-489

国内ツア― 旅の予約センター

0570-050-489

国内ツア― 旅の予約センター

0570-052-489

国内ツア― 旅の予約センター

0570-096-489

(受付時間)9:00~20:30

店舗
店舗

全国約1,000のJTB店舗の中から、お近くのお店で!旅のプロに相談しながら、じっくり旅行をご検討いただけます。

最寄りの店舗を探す