地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

現地駐在員おすすめ!是非とも食べたいベトナム料理


ホーチミン支店

バインセオ

せっかくベトナムに来たなら、やはり本場のベトナム料理には挑戦したいもの。今回は、お薦めのベトナム料理をご紹介します。

フォー 

麺は米粉で作られており、生春巻きと並ぶ一番人気。意外と知られていませんが、北部のハノイが本場です。牛肉、鶏肉が定番で、スープ自体は意外とあっさりした味付けなので、ハーブ(パクチー、バジル等)や調味料(ヌックマム、黒味噌等)を入れて好みの味にするのが一般的です。また、変わった味としては、ビーフシチューのフォーを出す店もあり一度食べたら癖になる味です。

ブンチャー 

「ブン」と呼ばれる米粉で作られたつけ麺です。こちらもハノイが本場で、スープの中身には肉や肉団子が入っており、どちらかといえば男性が好む味付けです。

生春巻き 言わずと知れたベトナム定番料理の一つです。具の中には、エビやゆで豚、ブンと言う米粉麺、野菜やハーブが入っています。食べ方としては、もろみ味噌、砂糖、ピーナッツが入った甘めのタレを付けて食べるのが一般的です。また、揚げ春巻きも、皮はパリパリとしており、見た目以上にしつこくないので、あっさりと頂けます。

バインミー 

朝食の定番メニューです。見た目フランスパンのサンドイッチのようですが、使われている生地がかなり軽い感じなので、具と一緒に食べても顎も疲れず手軽に楽しめます。作り方は、まず生地に豚レバーのパテを塗り、その中にハム、なます、パクチーを包み仕上げにナンプラーをかけたら出来上がりです。このバインミーとカフェスーダー(ベトナム風アイスコーヒー)を組み合わせれば、優雅な朝食気分に浸れます。ちなみにカフェスーダーの語源ですが、ベトナム語で、スーがコンデンスミルク、ダーが氷となっています。チャダーは、氷入りのお茶です。

バインセオ 

ベトナム風のお好み焼きです。生地には、米粉を水とココナッツミルクでのばし、ターメリックで色づけしているので焼き上がりは黄色いでパリッと軽い生地が特徴です。具材には、エビ、もやし、豚肉が使われています。食べ方は、一緒に添えられる野菜でバインセオを包み、やや甘めのタレに付けて頂きます。

チェー 

ベトナム風ぜんざいで、甘く煮た豆や寒天、フルーツが入っています。

番外編 

ベトナムに来たら是非とも食べて頂きたいのはベトナム料理ですが、ベトナム料理に食べ飽きたら日本食もお薦めです。現在、ホーチミン市内には日本食レストランが150店舗以上あると言われ、オーナーも日本人が経営している店もあり、安心して食事をする事ができます。最近では、大戸屋も進出してきており、在住日本人にとってありがたい限りです。

この記事を書いたレポーター

ホーチミン支店

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB