地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ホーチミンで市場めぐり

JTBホーチミン支店
Ms. Thao

チープでかわいい雑貨がいろいろあります

ホーチミンに来たらぜひ立ち寄ってみたいのが「市場」。ローカルの気どらない生活に触れられるだけでなく、発展いちじるしいこの国の活気と熱気をじかに感じることができます。ホーチミンにはあちこちで市場が開かれていますが、観光客にも訪れやすい市場などを、JTB現地スタッフがご紹介します。 ホーチミン市の市場と言えばベンタイン市場。ホーチミンのバスの発着地・ベンタインバスターミナルからも、ロータリーを挟んで向かい側という好立地なので、ローカルはもちろん、海外からの観光客にも人気の市場です。

何しろホーチミン最大規模でものすごく広いので、「ちょっとひやかす程度」という方でも、どこに何が売られているのか、事前にチェックした方が無難です。でないと、あまりの広さとあまりの人ごみと、お店からのひっきりなしの客引きに、望む商品に辿り着く前に、ヘトヘトになってしまうかもしれません。

ベトナミーズの台所を覗いてみたいなら、レタイントン通り側の入り口(北口)から。この周辺には生鮮食料品やスパイスなどを売る店が集まっています。奥に進むにつれ、お菓子やコーヒー豆、米など乾物を売る店が多くなります。
生鮮品市場は朝10頃までには終わってしまいます。もし見たいなら、朝7時頃から開いていますので早めに行ってみましょう。

一方アオザイを見たいなら、レロイ通りの南口から入るのがおすすめ。入口周辺や大きな通路に沿ってアオザイや衣料品がたくさん売られています。
いかにもおみやげっぽいものを探すなら、北口と南口のちょうど真ん中あたりに、観光客向けのおみやげ物ショップが集まっています。

コツはとにかく値切ること

海外からの観光客が集まる市場だけあって、最初の価格設定が高いのが残念なところです。でもこれはアジアの市場ならどこでもくぐり抜けなければならない関門です、ひるまず迷わず、値段交渉をしましょう!
まさかと思うかもしれませんが、最初はいい値の3分の1~4分の1くらいから始めても大丈夫です、半値以下くまで下げられることも少なくないのです。言い値が基本の日本を考えると、大変そう、めんどくさそう…と感じるかもしれませんが、本当に安い価格で交渉成立した時のそう快感は、日本では味わえない気持ちよさかもしれません。

スリには気を付ける!

これはベトナムに限った話ではありませんが、人ごみの中では自分の身の回りのものに注意をし、スリなどの被害に気をつけて歩きましょう。
特にベンタイン市場ほか大きな市場は、本当に人がごった返しているので、すれ違う時に人とぶつかったりすることも少なくありません。極力リュックサックや口の開いたバッグなどは使わない、また、リュックサックには貴重品を入れない、大金を持ち歩かないなど、気をつけましょう。

夜にはナイトマーケットも

市場は夜7時頃には閉まってしまいますが、場外ではその頃からナイトマーケットが始まります。60店舗前後が、Tシャツや民芸雑貨、チープアクセサリーなどいかにも覗いてあるくのが楽しそうなショップが露店で並びます。観光客が大勢訪れるマーケットなので、英語表記のお店もあって便利です。

華僑パワーさく裂のチョロン地区

市の中心街から西へ約5kmのところにあるチョロン地区は、ホーチミンの華僑の大半が住むとも言われる、巨大チャイナタウンです。「チョロン」とはベトナム語で「大きな市場」という意味で、チョロンという名前の地区があるわけではなく、チャイナタウン全体を指して「チョロン」と呼ぶこともあれば、地区の卸市場、ビンタイ市場を「チョロン」と呼ぶこともあります。

通り沿いには漢字の看板が並び、ホーチミンの他のエリアとはちょっと違う雰囲気が漂います。大通りの両側から聞こえてくるのも中国語風の言葉です。でも日本の中華街の派手さとはちょっと違って、きらびやかなネオンの街並みではなく、小さな個人商店がびっしりと並んでいるのが特徴です。

チョロン地区は、通りによって売るものが違います。布問屋が並ぶ通り、仏具やお供え物の店が並ぶ通り、漢方薬、文具類…などなど、通りを迷いながら歩いているだけで1日散策できてしまう楽しいエリアです。

またチャイナタウンらしく、いろいろな寺院があります。ベトナム最古の中華寺院と言われるティエンハウ廟、美しい装飾では市内一とも言われるフォックアンホイクアン廟、商売繁盛の神様ギアアンホイクアン廟など、見ているだけで楽しくなる寺院も多いので、散策がてらお参りしてみてはどうでしょう。

市内一の卸市場・ビンタイ市場

チョロン地区のはずれ、いちばん西側にあるのがビンタイ市場です。2000店以上がひしめく巨大市場で、1階は生地、雑貨、食料品など、2階には洋服、お菓子、化粧品などの店が並びます。ほとんどの店が業者に商品をまとめて売る卸業者なので、中には少量では売ってくれない店舗もあります。
多種多様なものが集まる市場で、人々の生活を垣間見ることができますよ!

チョロン地区とビンタイ市場へ行くには、バスが便利です。ベンタイン市場そばのベンタインバスターミナルで、1番バスに乗ると、終点が「ビンタイ市場(ベトナム語でチョ・ビンタイ)」です。所要時間は30~40分程度。
タクシーなどで行くこともできます(所要時間20~30分程度)。

チョロン地区の中心的な市場・ビンタイ市場

頭上の線香が楽しいティエンハウ廟

ティエンハウ廟の入り口

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Ms. Thao

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB