地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ベトナム産ワインの歴史と美味しい飲み方

JTBホーチミン支店
PHAM VIET HAI

ダラットの白ワイン。爽やかでほんのり甘みも。

べトナムワインをご存じですか?ベトナムのお酒といえばビールが思い浮かびそうですが、最近注目されているのが実はベトナム産のワイン。

中部の高原地帯で品種改良したブドウが生産され、良質な地ワインが生産されているのです。今回はベトナムワインの生産の歴史から有名なダラットワインの風味、美味しい飲み方、値段感までご紹介します。

ベトナムでワインの生産が始まったのはいつ頃?

フランス統治下にあった19世紀後半、ベトナムにブドウ栽培が持ち込まれましたが、ヨーロッパ品種のブドウは熱帯気候に適さず、ベトナムのワインといえば 長らくフルーツワインが製造されてきました。20世紀後半から、ベトナムでも栽培可能なブドウ品種の改良が進められ、さらにフランスの生産技術を導入した ことでワインの質が向上。現在、使用されているブドウ品種はカーディナル種とシャンブルサン種で、比較的涼しい中部の丘陵地帯で生産されています。

ベトナムワインのブランド、ダラットワインの風味や特徴

ベトナムワインの産地として最も有名なのがダラット。ダラットは中部にあるリゾート地で、フランス植民地時代に避暑地として開発されました。ダラットワインはカーディナル種のブドウを使用し、赤はさらにマルベリー(桑の実)を加えて、ほんのりとした酸味と苦みが特徴です。その土地の料理は地酒ともっとも相性がいいと言われるように、軽やかなダラットワインは肉料理よりも野菜料理やベトナムの魚醤「ヌックマム」を使用した料理によく合います。

ベトナムワインの美味しい飲み方

ダラットワインをおいしく飲むには、赤ワインも常温ではなく18~20℃に冷やしましょう。白ワインは14℃、スパークリングワインは6~8℃にさらに冷やすとおいしくいただけます。ほかのワインと同様、冷やす時は飲む前に冷蔵庫または氷で冷やし、冷凍庫に入れるのは避けたほうがいいです。飲み残したワインは冷蔵庫で保存しますが、48時間以内に飲むのが理想。買ってすぐに飲まない場合は、冷蔵庫に入れず、涼しい場所にボトルを寝かせて保管しましょう。ダラットワインはほとんどのスーパーマーケットで購入することができます。値段も400円程度からとお手頃です。

戦前のワインセラーで試飲を

戦前の姿のまま保存されているワインセラー

ベトナム中部の都市ダナンから車で1時間程度走ると、ここもフランス統治時代の避暑地であるバーナー高原に着きます。海抜約1500mの山頂には、なんとワインセラーがあるのです。このワインセラーは1923年にフランス軍らの手によって建設されたもので、戦争を経た現在でも破壊されることなく完全な形で保存されています。

今はワインセラーとして使われはていませんが、当時の面影をしのびながら、ベトナム産ワインの試飲をすることができ、気に入ったワインは購入することもできます。山頂にはロープウェーを利用して上りますが、このロープウェーは「世界最長」であり、さらに「出発点と終点の高度差が世界最高」という2つのギネス記録を持っています。

JTBでもダナンまたはホイアンを起点にバーナー高原を訪れるツアーをご用意しています。ご希望の方には山頂のワインセラーへもご案内も可能です。※ワインセラーへの入場料として、ツアーの費用に別途5万ドンが必要です(2014年9月現在)。なお、入場料にはワイン1杯分の試飲代も含まれています。

ベトナム旅行中に好物のワインを試してみたい方はぜひご参考に。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

PHAM VIET HAI

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB