地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

クチトンネル見学でベトナム戦争の歴史を知る

JTBホーチミン支店
PHAM VIET HAI

フランス植民地時代に建てられたサイゴン大教会

ベトナムについて知る上では、ベトナム戦争は欠かすことができない大きなできごとです。ベトナム戦争(1965~1975年)とはどんな戦争だったのでしょう。

ベトナム戦争とは、第二次世界大戦後に、それまで占領されていたフランスの支配からようやく脱したにもかかわらず、北ベトナムと南ベトナムに分断されてしまったベトナムが、統一した祖国を取り戻そうとした戦いです。

またその一方、北ベトナムを支援する社会主義国の旧ソ連・中国と、南ベトナムを支援して影響力を拡大させようとするアメリカとの、覇権を巡る大国どうしの戦いでもありました。ですからこの戦争は、大変長く厳しいものとなりました。

トンキン湾事件に至るまで

ベトナム戦争が始まる前には、北ベトナムは旧ソ連や中国の支援を受けて社会主義体制の国づくりを進めていました。一方南ベトナムでは、アメリカの支援のもとゴディエンジェム大統領が独裁体制を敷き、政府に反対する者を厳しく弾圧、政情は不安定でした。

南ベトナムの中で体制に不満を持つ人々は、やがて「南ベトナム解放民族戦線(解放戦線)」を結成し、ジェム政権とそれを支えるアメリカに対して宣戦布告します(1960年)。こうして南ベトナムは内戦状態へと突入してしまいます。

アメリカは当初、軍事顧問という形で南ベトナム軍を支援していましたが、内戦は激しさを増し、1963年にはジェム大統領が暗殺されて南ベトナム内はさらに混乱していきます。

そこでアメリカは、1964年、北ベトナムのトンキン湾でアメリカの軍艦が攻撃を受けたとして、北ベトナムへの空爆を開始します。これが有名なトンキン湾事件です。実はこれはアメリカのでっちあげであったことが、後にわかります。通常ベトナム戦争という時には、このトンキン湾事件以降の、北ベトナム軍および南ベトナム人民解放民族戦線と、アメリカおよび南ベトナム軍との戦争を指します。

空爆にゲリラ作戦で抵抗、クチに張り巡らされた地下トンネル

クチの地下トンネル見学ツアー。こんなに狭い入口です!

アメリカ軍は圧倒的な軍事力で、空爆や戦車による爆撃などを大規模に行いました。一方北ベトナム軍はジャングルに身をひそめ、入り込んだアメリカ軍を攻撃するなどゲリラ作戦を展開、抵抗し続けました。

そのゲリラ作戦の一つが、南ベトナムのサイゴン(現ホーチミン)やクチの地下に、無数に張り巡らされたトンネルでした。全長200kmにも及ぶという地下トンネルの網の目は、地上からはそれとわからないように隠され、さまざまな役割を果たしました。人々の生活の場であり、道路であり病院であり集会所でもあり、そしてアメリカ兵を罠や落とし穴で不意打ちにする重要な「武器」でもありました。

この地上からはわからない地下トンネルの罠や、アメリカにはない湿潤なジャングルでのゲリラ作戦は、アメリカ軍を疲弊させていきます。業を煮やしたアメリカ軍は、ジャングルに大量の枯れ葉剤を撒いて枯れさせようとしたり、敵か味方かも区別が付かない村民を殺してしまうのですが、その行為が知られるにつれ、アメリカ国内でも世界各地でも反対の声があがります。

テト攻勢で打ちのめされるアメリカ軍

疲弊したアメリカ軍を打ちのめしたのが、1968年の旧正月(テト)に行われた、解放戦線による全国主要都市での一斉蜂起でした。サイゴンでは解放戦線が大統領官邸、軍中枢、そしてアメリカ大使館を占拠。この様子は全世界に放映されました(テト攻勢と呼ばれます)。

テト攻勢以降、アメリカは撤退に向けて動き始めます。長引く戦争によってアメリカ経済は弱まりドルの信用は低下、それに国内外でベトナム戦争反対の声が上がっていました。

1973年、アメリカ軍は完全に撤退。その後は南ベトナム軍対北ベトナム軍の戦いとなりますが、北ベトナム軍の優勢は続き、1975年サイゴンを総攻撃、南ベトナム政府は崩壊したのでした。トンキン湾事件から11年、長い長い戦争が終わりました。当時4000万人の国民のうち300万人が戦争で亡くなったとも言われています。

クチの地下トンネルを見学

見学ツアーではこの入口からトンネルへ行きます。

ビデオ観賞もあります。

見学コース用にヤシ葺きの屋根がついています

ベトナム戦争終結から約40年、現在ではどの町も穏やかで豊かな表情を取り戻しています。けれどよく見ると町のそこここに、かつての戦争の傷跡を見つけることができます。

特にクチでは、あの地下トンネルの一部が観光客に開放され、トンネル内の様子を見学したり、落とし穴を見たりすることができます。

トンネルと言っても、一人が通るのがやっとな狭さです。歩くことさえできず腰をかがめないと通れない通路もあります。中は暑く息苦しく、少し歩いただけでもここでの生活がどれほど大変なものだったか、感じることができます。

このトンネルには落とし穴もたくさん仕掛けられていました。真っ暗なトンネルに入り込んだアメリカ軍の、先頭に立って進む兵士がその罠にかかり絶叫すると、後続の兵士たちはパニック状態になった・・・など、当時の凄惨な戦いをガイドさんが解説します。戦争のすさまじさと、現在の穏やかな時代を改めて実感できるかもしれません。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

PHAM VIET HAI

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB